My Birthdayからの今

  • 2017.06.29 Thursday
  • 00:00


私の占い歴は、子育て中は見事にブランクです。今、下の子が義務教育を終えたのもあり、昔の趣味が戻ってきています。
私の木星は金星とのアスペクトもある(オーブ緩いけれど)からか、金星期のころ好きだったものが再びあるのかもしれないですね。

中学校から高校の頃は、前も言ったようにMy Birthdayの読者でしたし、高校生の頃、バイト行くふりをしてその読者の集いに出かけていたりしました。
後で、母親に見事に見破られて、働いているはずのバイト先に電話されていたことを聞いたときはビビりました。笑。
今となっては笑い話です。


また、四柱推命の的中率にびっくりして本を買ったこともあるし、野末陳平さんの姓名判断が当たると聞いて、本をまた買って一喜一憂したりしてましたね。


で、長いブランクあっての今なんですが、これは昔の占い好きとは真逆の感じです。
お仕事で占い師やらなきゃいけないから、今仕込んでいるというか、その割に私はのんびりしているんですけど。
好きっていうだけでは出来ないような、これは仕事みたいだなと、報酬はないですが思う訳です。
ある程度追い込まないと出来ないことも多いです。普段のんびりなだけに。
でも、追い込んで勉強していった先に、少しでも、なるほど〜と思えると面白いんですよね。

チャート読みでは、読むと必ずと言っていいほど、いいなぁこのチャートとか思いますし。笑。
うらやましいなぁって。

タロットはちょっと本とお友達でないと、分からないことも多くて、ちょっと苦戦してますが、読み物としての神話から作られたタロットとか、その象徴に魅せられることも多いです。

このちょっと苦しいという感じが忘れられなくて、講座が終わった後物足りなくなったらどうしようかと、思ったりもしてます。

安藤マグでした〜。

 

 

占いに何を、求めますか?:いまとわこ

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 00:00

 

24巡目テーマ 「私の占い歴」 いまとわこ

 

占うほうの歴でもあり、占われれる歴でもあり。

 

占われていた私は、

占うほうになるとは欠片も思わず。

 

今、講座ににいる自分はやや不思議。

 

  自分で決めるか、きめないか。

  きめたことを、踏み出す。それだけ。

  

 

占いって「こんな道もあるよ」だと思っていた。

これは占われていたときの印象。

 

占うようになって「当たるのが当たり前」と言う考えを知り。

ふーん、世間の占い認識ってそういうものなの?と思いつつも違和感。 

  

キャンドル

 

 

良くも悪くもチャートは確かにその人なんだけれど。

でも、そこには私の選択と意志が働くんじゃない?とは常々心巡らせ。

 

  

 

そして、完全マスター占星術を読んでいてこんな言葉に出会う訳です。 

 

 ホロスコープは人生そのものを表す訳ではありません。

   … 人間は、基本的にこれとは個別の独自のルールで生きようとしている生物です。 

 

 …あくまでも人は目に見える存在として地上に生きており、ホロスコープがすなわちその人ではないのです。

 

  完全マスター西洋占星術 松村潔著 P372 

  

  

占いは使ってこそ、その真価が生きるのではないか?

何を持って生きるのか?その為に使っていこう。

 

まだまだ、要検討案件です。

 

 

 

 

ちなみに私は

「夜の星空:起こる出来事を雑事とみて、別の内的基準に目をうつす」

に向かって生きていくらしい。  

 

起こる出来事は、ざ・つ・じっ だそうです。

 

 

でも、その先をみつめると

決められた雑事を毎日丁寧に繰り返すことの

大切さが語られている。

 

結局は、私の中のテーマはこれにいきつく。

 

相対する価値を、如何に自分の中でバランスをとるか?

夏至からの三か月、さてどーしましょ。

 

 

チャートのままに、心のままに、意志を使って?

 

うらないで占いを語る愚 だな。

 

 

 

  

いまとわこ 

今日は水トナ講座、9回目です★ 

 

 

 

 

 

始まりはこの一言(里松栞帆)

  • 2017.06.27 Tuesday
  • 00:01

人生で初めて占いにいったのは、去年の春です。

 

当時、「私は今生、何が目的で生まれてきたんだろう?」とずっとぐるぐる考えていました。

こんなときこそ占星術を使うとヒントや答えが見つかるのですが、

当時は自分では全くチャートが読めず。

 

そこでブログのファンであった、向先生の鑑定に行きました。

私が人生どん底の時に、闇の中から引っ張り上げてくれたブログを書いておられる先生。

ご本人にお会いするのは初めて。どんな方なんだろう。

 

 

向先生の最初の印象は「おお〜!」

なんだかとにかくオーラが凄い。

語彙力なくてすみません。言い換えればとにかく凄いオーラ。

 

今にして思えば、これがアセン獅子座冥王星合の雰囲気というものだったのですね。

圧倒的存在感なのに、話す声色が優しくて、意外なんです。

 

鑑定では「今生、何をしに生まれてきたか」という私の曖昧な質問を具体的な形に直してくださり、

これからよりよく生きるためのヒントを沢山もらいました。

 

75分間紐解いて聞かせてくださった内容も有難かったのですが、しかし鑑定の最後に先生がおっしゃった一言があまりに衝撃で、結局その一言が私の未来を変えるきっかけとなりました。

 

「あなたみたいな人は、○○頃大変だったでしょ。少し休んでいいよ。」

 

(どうして大変だったことを知っているの?その話はしていないのに?怖い・・。)

 

いつ頃何が起きたかなど話していないのに、私の想いをピタリと言い当てたこの一言がインパクトで頭に残り、先生は私のチャートのどの辺を読んで、そうおっしゃったのだろう?という疑問が湧き、数日中には松村潔先生のご著書をamazonで買い、独学で学び始めました。

(講座に通っている今では、どの辺を読んでくださったのかわかります。)

 

しかし独学だと、続かなかったんです、すぐサボるんです私。

 

占星術の楽しさを語り合える友もいないんです。

 

自分を追い込んでヘトヘトになりながら1枚のチャートを読みきるということもしない。

 

12ヶ月プロ育成講座は、それらの欲求を満たしてくれました。

何より感謝しているのは

素人である私の参加を認めてくださった先生方。

そして既にプロとして活躍されているのにも関わらず、私の稚拙な質問にも丁寧に答えてくれ、気さくに接してくれる同窓の方々。

 

土成分がない私にとって、辛くなるくらいゴリゴリ現実に落とし込む作業が多いのも良いです。

辛い思いをする分だけ、力になっています。

 

今はお金をいただくのはまだ憚られ、友人にサンプルになってもらって実占経験を積んでいる途中です。

9月、スタートラインに立つときは、お客様の大切なお金をいただいてもよいレベルになっていたいので、今日もとにかく課題をやります。