大人になったら誰も叱ってくれない。

  • 2018.10.15 Monday
  • 01:50

 

気がつけば成人してもう十数年が経ちます。

自分で決めたわけでも誰かに許可証をもらったわけでもないのに、いつの間にか「大人」の烙印を押されていました。

早く大人になりたい。子どもの頃はずっとそう思っていたのに、いざ大人になってみるとイメージしていた大人像と実際の自分があまりにもかけ離れていて、いやまだ大人じゃないし! と逆に若ぶって何もわからないフリをしようとする変な精神状態に陥り、そんなこんなで未熟なまま社会人の仮面を被って生きています。

 

大人になったら、もう誰も自分を叱ってはくれない。

 

社会人1年目の頃は、職場の上司や先輩がアレコレと教えてくれたり世話を焼いてくれましたが、それは仕事にかかわる範囲だけのこと。

本質的な意味で、自分という人間と向き合ってきちんとダメ出ししたり愛をもって育ててくれる人はまずいません。私はこれでいいのかしら、と不安でビクビクしたまま必死で走り抜ける日々です。

 

自分の考え方や行動パターンに独特のくせがあることはなんとなくわかっている、でもどれを直せば人生がもっとうまくいくのかよくわからない。友達もみんな歳を取って日々の現実に手いっぱいで、いつまでもモラトリアムの真っ最中のような悩み相談には付き合ってくれない。

 

30代は現実にやるべきことがいっぱいあるのに、なんだか孤独。

 

学ぶことがただ楽しくて通っていた占星術の講座も、どれだけ数をこなしても自分の身についた実感がない。本を片手に誰かのチャートを読ませてもらっても、そのときは楽しいけれど知識として何も残らない。

私、今この勉強してて意味あるのかな? そう思ったことが何度もありました。

 

 

今年の春、思いきって水曜トナカイ12か月講座の3期生に申し込みました。

申し込むまでにかなり悩んだり迷ったりしましたが、一歩踏み出してよかったなと心から思っています。

 

水トナは、これまで受けた他の占星術の講座とは全然違いました。

なにより必要となるのは、自主性。

1にも2にも、自ら課題をこなし、疑問を見つけてそこから学んでいかなければなりません。

先生に渡されたレジュメを読んで講座を受けてハイおしまい、ではないのです。

 

向先生、ケイ先生のお二人は、占いのキラキラした部分やオカルティックな部分をバッサリ削ぎ落とし、極めて実践的で実用的、現実社会にきちんと向き合うための「占い」を教えてくれます。

私たち受講生が知らず知らずのうちに持っている思考のクセや固定観念を指摘して自覚させたり、考えなしに適当な発言をすれば「その根拠は?」と鋭く切り込んできたり。

命術も卜術も、テーマの軸や主語がブレているときは的確に指摘し、考え方のヒントをくださいます。

課題の提出が捗らないときは、厳しくも愛のある叱咤激励が飛んでくることもあります。

大人になってから他人にこんなに叱られたり褒められたりしたのは初めてです。

「占い師育成講座」という看板の裏には、誰かを育てるというものすごい覚悟が込められていることをひしひしと感じます。

つらいときもあるけれど、それに勝るありがたさに泣きそうになります。

 

古峰みさとさんのブログにも書かれておりましたが、先生方の太陽サインは地&地(おとめ・やぎ)。私もお二人の地の要素に少しでもあやかろうと、サカナズナという占い師名の「サカ」を土へんの「坂」にしました。

この一年で実際的なスキルをとことん積み上げるのが、目下の目標です。

残り半年を切っておりますが、講座の内容はもちろん、占い師としての凛とした姿勢も吸収し、いずれ先生方と肩を並べる占い師になれるよう精進して参ります。

(腕前に雲泥の差があったとしても、一度プロを名乗ってしまえば「占い師」としてお客様から同列にみられてしまいます。なんというプレッシャー!)

 

本日は坂ナズナが「ふたりの先生について」を更新しました。

明日の更新もお楽しみに。

 

 

ふたりの先生がたをタロットと香りのイメージでご紹介します

  • 2018.10.14 Sunday
  • 15:57


こんにちは。アリエスさくらです。


今回のテーマは、「ふたりの先生」についてです。先生方をイメージする大アルカナ2枚と2つの香りでお二人の先生をご紹介させていただきます。


♡向真希先生 ♡

イメージするカード:『法王』+『力』 

イメージする香り:フランキンセンス&ローズマリー


初めてお会いしたのは今年の1月に鑑定していただいたときです。その時の印象は、「飴と鞭を上手に使い分けながら短い鑑定時間内に、自分では見えていなかった現実と向き合わせてくださる、とても現実感のあるちょっと厳しめな占い師の先生」です。ただ心地よさだけが残るような鑑定ではなく、眼が覚めるような思いでした。


3月のお茶会でお会いした時に、向先生ご自身が山羊座に天体を多く持っていらっしゃることと、「ケイ先生と私は土サインの力で必ず形にすることをお約束します」というお言葉で、「これから私に必要な先生はこの先生がただ!」と確信しました。2020年の終わりには、自分の牡羊座の天体たちに、トランジットの土星、冥王星が『そのやり方は社会に通用するの?』と厳しく刺激を与えてきます。その時のためにいま必要なのは、楽しくて大好きな占星術を使いながらも「私は占い師です」と世間に向かって自信をもって言える地に足の着いた姿勢とスキルであり、向先生の山羊座からいただくスクエアの学びは、2年後に備えて今の私にぴったりだと感じたのです。


こうしてご縁をいただき、レッスンを通して感じますのは、向先生の粘り強い深い指導力です。私たち一人ひとりに対しふさわしい褒め言葉と「大丈夫だからね」という温かい励ましのお言葉をとても丁寧に投げかけてくださりながら、根気よく引き上げてくださるのはもちろんのこと、社会で恥ずかしくない人間としての心構えまで指導してくだいます。実は、私が最も素敵だなと感じましたのは、読み練習のためにホロスコープを提供してくださる方への感謝の気持ちの表し方です。こんな風に、一人一人のホロスコープを大切に読ませていただく姿勢を持たれる占い師さんはいらっしゃるだろうか?と感動しました。(私もその素晴らしい姿勢を真似させていただいてます!)ブログの中の随所からも、ひとりの人間の存在(魂)を非常に丁寧に尊ぶお心が伺われますし、まさにホンモノの厳しさと優しさを兼ね備えていらっしゃる大人の女性です。


そのようなお姿から、’猛獣を優しく上手にコントロールする’『力』のカードの女性や、『法王』のカードを想像させられます。ふわふわとしたところのないとても地に足のついた現実的な先生ですが、そこはかとない愛を持って寄り添ってくださり、私たちはそこに深い安心感を抱いているのだと思います。


植物の精油から向先生のイメージの香りを選ぶなら、現実と魂の世界を結ぶ崇高な香りのフランキンセンスと、明るく力強い自己実現の香り、ローズマリーをミックスさせた香りが向先生にぴったりかと思います。


 



♤桜田ケイ先生♤

イメージするカード:『愚者』+『隠者』

イメージする香り:レモングラス&パイン


私はタロットにはずっと興味がありながらも、2014年の9月に意を決してウェイト版タロットを購入してから、独学で時々こっそり触ってみることはあっても一度も講習を受けたことはありませんでした。しかし、ついに「どうしてもタロットをスルーできない、ちゃんと学んで使えるようになってみたい!」と思うようになって間もなく、12ヶ月講座で占星術とタロットの両方を学べることを知り、今年の3月にお茶会に参加しました。


こうして、私の初めてのタロット師匠となってくださったのがケイ先生です。お茶会では自由で軽やかな存在感でありながらも、タロットカードをまるでご自身の一部のように大切に扱われるお姿が印象的でした。レッスンをとおしても、タロットカードとの向き合い方がとても真摯で、タロット占い師として一番大切な部分を最初に示してくださり、ここでも私は一人の人間としての先生のお姿に信頼と安心感を覚えました。


月星座が牡羊座と伺いましたが、なるほど、永遠のピーターパンのようなピュアな若々しさとフットワークの軽さを感じます。また、講義の中でも著書からも伺われますが、とても知的です。使われる言葉に実感が伴いとてもわかりやすく説明してくださったり、遊び心を取り入れられたりと、学ぶ側の立場もよく考えてくださいます。タロットを学ぶ際に必要な「本質」をシンプルに伝えてくださり、徹底的に無駄を削ぎ落としたご指導だからこそ、タロットの深い叡智を感じとることができるのです。それは後に、いかようにも応用を広げていくことを可能とする、最も実用的な計算され尽くされた指導方法であり、その緻密さに、必ず形にしてくださる土サインの確実さを感じます。


そのようなケイ先生からは、タロットをこよなく愛し心のままに生きていかれる『愚者』の顔をされた、占い師としても指導者としても思慮深く落ち着きのある叡智を携えた『隠者』というような、不思議な魅力を感じます。


イメージする香りは、気分を元気にリフトアップし思考を整理してくれるレモングラスと、現実的で強い生命力と真摯な潔さを感じるパインです。


 


向先生とケイ先生の土サインの力で必ず形にしていただけるとはいえ、自分自身の日々の努力なくしては成し得ることはありません。先生がたからのお力をお借りしながらも残りの5ヶ月を丁寧に駆け抜けていこうと思います。

ふたりの先生について

  • 2018.10.13 Saturday
  • 23:59

こんばんは。古峰みさとです。
今回のテーマは、「ふたりの先生について」です。

 

水曜トナカイ講座では、占星術を向真希先生、タロットを桜田ケイ先生から学んでいます。

 

この講座に惹かれた大きな理由は、先生方の太陽星座が乙女と山羊である(※)というお話を聞いたことです。(※2018年3月19日の向先生のブログにもその旨が書かれています。)私は、四元素のうち地の割合が少ないので、きちんと形にするエネルギーが強い場に身を置いて、その力を少しでも自分に取り入れたいと思ったのが最初のきっかけでした。

 

実際に講座を受けるなかで、強く思うようになったことがあります。
それは「向真希先生流の占星術と、桜田ケイ先生流のタロットを習得したい」ということです。それまでもぼんやりとは感じていたのでしょうが(だからこそこの講座を選んだのだと思いますし)今は確信に変わりました。

 

私が思う「向真希先生流」とは・・・
この自分を以って、今の世の中を渡り生き抜くための占星術。

 

私が思う「桜田ケイ先生流」とは・・・
今日の”にっこり”をひとつでも多くする、思考整理ツールとしてのタロット。

 

占いというと、前世、カルマ、今生でのミッションなどのワードと結びつくことが多ように思います。私自身、そういった事柄ももちろん好きです。特に、「前世から受け継いだバトンを、来世の自分に一番良い形で渡せるように、今回の生を精一杯全うしよう」という捉え方は好きで、ほかのどんな解釈よりもスッと納得がいって、「んじゃ仕方ねえ。いっちょ頑張ってみっかー!」と前向きになれる世界観です。

 

とはいえ。今、私たちはこの21世紀という現実世界に生きています。お金を稼いだり、良好な人間関係を作り上げるなどして、現実的に世を渡っていく術を具体的に見つけ出していかなければなりません。その際には、地に足のついた、通俗的な視点は絶対に忘れてはならないと思いますし、それをきちんと伝えることが、本当に相手のためになることだと思います。

 

また、そうやって生きていく毎日のなか、ガッカリすることがひとつでも減って、ラッキー♪と笑顔になれることがひとつでも多いと嬉しいものです。そんな1日にするため、助言をくれる、強い味方となってくれる相棒がタロット。ちょっぴりハッピーを毎日少しづつ積み重ねれば、一生を通して大きな幸せにつながります。

 

ふたりの先生を見ていて、私が感じ取ったのは、こういったことです。もしかしたら、全くの見当はずれなのかもしれませんが、私自身はこう解釈しており、このような姿勢・スタンスを持った占い師でありたい、と思っています。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM