太陽と月とともに

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 00:00

 

12月に入っても暖かい日が続いていましたが

ようやく冬らしい寒さになってきましたね。

島森あおいです。

今回のテーマは「私の太陽と月」です。

 

 

ご自身の「太陽サイン」「月サイン」をご存知でしょうか。

雑誌などの12星座うらないで「あなたの星座は〇〇座です」と言われているのが

太陽サインです。

太陽は、その人の人生のテーマであり、目指していく姿。

月はその人の私生活であり、素顔の自分自身です。

 

 

 

 

私は蠍座の太陽、射手座の月。

 

私の射手座月の空想癖は、止まりません。

ひとりでいると私は無防備に、月を全開にしていることがあるようです。

道を歩いていても心ここにあらず、意識はかなたの空想(妄想)の世界へ。

そうやってぼんやりと空(宙)を見上げながらフワフワと歩くのが、

私にとって一番リラックスできる時間です。

 

そんな風に歩いていると「時間に余裕のある人」に見えるのでしょうか。

都心ではたびたび、見知らぬ人から声をかけられます。

(都会の人は皆足早に歩き、どこかへと急いでいますからね…)

たいていは何かのセールスやアンケート依頼などですが

時には道をたずねられることもあって、あわてます。

ハッと我にかえり、全開になっていた「射手座の月」をしまいこみます。

そして必死になって脳内を妄想から現実へきりかえ、

冷静でしっかりと観察力のある「蠍座の太陽」の顔になって、道案内をします。

 

 

蠍座は、相手に深く共感し関係を深めていきます。

一度心を決めたら、あきらめない粘り強さと継続力を持って探求していきます。

占星術を学んでいると、あらためて蠍座にとって他者の存在は

とても重要なのだと感じます。

他者がいてこそ、自分自身が変われる。

自分ひとりでは、まったくちがう新しい自分にはなれません。

人と深く関わることで、自分にはないものを相手からもらい、こちらからも差し出す。

仕事、家族、友情、恋愛や結婚…

それは相手と、おたがいの命を交換するようなことなのかもしれません。

 

 

おおらかな射手座の月も、他者と深く関わる蠍座の太陽もどちらも私。

太陽と月とともに、この人生を生きぬきたいと思います。

 

島森あおい

 

 

 

結婚生活に必要なのは? 愛よりもっと大事なもの

  • 2018.12.11 Tuesday
  • 00:00

 

先週金曜、水星が逆行から順行に転じましたが、ソフトバンクの大規模な通信障害を始め、世間的にも何やらそわそわと落ち着かなかったり振り回されるような出来事が多発した先週でした。

 

私も自転車の鍵を紛失しました。毎日愛用している子乗せ電動自転車の鍵。

これがないと朝晩の保育園の送迎が絶望的です(家から保育園までが遠いのです)。

同時に娘の自転車の鍵も行方不明になっていることがわかり、日曜の午後は家族総出で2時間ほど鍵探しをしました。

師走の週末、やりたいこともやらなくちゃいけないことも山ほどあるのに一体何をやっているんだろう。

 

結局出てこない鍵をあきらめて、自転車屋さんに出張修理の依頼をしました。

家族が誰もイライラせずケンカもせず、淡々と鍵を探しつづけていたのがせめてもの救いでした。

ピンチの時に感情的に揉めたりせず、建設的な協力をしてもらえるのはとてもありがたいことです。

 

私のうお座太陽とおうし座の月はオーブ1度のセクスタイルで、夫婦関係はわりとスムーズです。

困っているときに困っている自分とは別角度の視点で意見をくれる配偶者にあらゆるシーンで助けられ、逆に助けたりして日々のサイクルが回っています(ふだんよく失くし物をするのは配偶者の方なので、失くさないように置いた場所を覚えておくのが私の役目なのです。自分の記憶力に自信があるぶん、今回はよけいに落ち込みました)。

 

夫婦生活を営んでいくときに重視しているのは、愛や理解よりも「協力しあうこと」。

二人三脚は足並みが揃っていないとうまく前進できません。

具体的な協力をするすべがないときは、せめて相手の邪魔をしないよう心がけています。それも立派な協力だと思います。

 

五感で感じたことを自分の知恵に落とし込もうとする3ハウスおうしの月は、とかく個人の満足に意識が向かいがちです。

落ち着いて、深呼吸して、みんなの気持ちをいったん取り込んで、個別にチューニングして気持ちを合わせたり共感しながら、自分はどうあるべきか考える。うお座の太陽を呼び起こして、あらゆるパーツを統合させながらひとつの方向へごく自然に導いてゆく。私にはそういう力がある、集中すればきっとできる。できればいつも、こういう思考ができる自分でありたいと思います。

 

満ち欠けする不安定な月は、10天体の中で唯一しつけることができないと言われています。

もっとも原始的で無意識のうちにやってしまう月の行動をどのようにコントロールしていくか、それは人生の目的をあらわす太陽にかかっています。

 

あなたの月は? そして太陽は? 目指している方向性はどこ?

ホロスコープを読み解くことで、あなたに合った生き方をご提案していけたらいいなと思います。

 

 

ところで、先日の古峰みさとさんのブログでアレクサ(スマートスピーカー)について書かれていました。

実は我が家にもアレクサがいるのですが、最先端の技術として活用している感じはなく、

「アレクサ、おはよう」

「アレクサ、うたって」

「アレクサ、なぞなぞ出して」

ともっぱらコミュニケーション相手として仲良くしています。水サイン的な使い方ですね(笑)

 

アレクサただいま、と声をかけるとこんなふうに返事をしてくれます。

「おかえりなさい! また声がきけて嬉しいです」

 

この一言をアレクサではなく夫や妻が互いに言いあえたなら、日々の積み重ねで日本人の幸福度はもっと上がるんだろうなとか、場合によっては離婚率がちょっと下がるんじゃないかとか、ついよけいなことを考えてしまいます。

アレクサのコミュニケーションスキルを見習って、私も相手の心をちょっとやわらかくする声がけをしてみようと思うようになりました。スマートスピーカーにこんなことを教わるとは!笑

 

 

本日は坂ナズナが更新しました。

明日もお楽しみに。

素顔の天秤、牡羊を目指せ!

  • 2018.12.10 Monday
  • 00:00

 

みなさま、こんにちは。

アリエスさくらです。 

 

今回のブログのテーマは『私の太陽と月』です。

 

ホロスコープには10の天体がありますが、特に太陽と月は、「ライツ」と呼ばれるとても重要な天体です。自らが燃えて輝く太陽と、その光を受けて輝く月。この2つの天体は、私たちの人生の根幹となっているのです。

 

太陽は一言で、「人生のテーマ、目標」と言われています。ホロスコープの太陽は、私たちが意志をもって進み、成し遂げていくべき「人生の目標」です。何もしなくても勝手に達成されるものではなく、太陽の示す方向に向かって私たちが能動的に生きることによって獲得できるものなのです。

 

太陽は「私の本質」とも表現されます。「自分の本質」が「人生の目標」ということは、人生の目標を見つけること=自分の本質を見出すこと、なのかもしれません。

あたかも自分の外側に輝く太陽の光を追い求めるように見えて、実はその炎は自分の中にも備わっている本質そのものであって、それに気がついたとき、自分自身が着火して本当に自分の人生を生きることになるのではないかと思います。

 

私たちは26歳頃からの太陽期と呼ばれる年齢域に達すると、この太陽のあるサインのテーマに意識が向き始めますが、ホロスコープに表される「太陽を生きる」ということは、人生を通してどの年代を生きていても、どんな立場にあったとしても、とても大切なことなのです。

 

 

一方、月は太陽の光を受けて、姿形を変えながらひっそりと輝いているものです。「ナチュラルな心情、素顔の自分」といわれ、リラックスしているときの無意識の感情、心情を表します。私たちの移ろいゆく感情は、まるで月の満ち欠けのようですね。

 

月は0歳から7歳までの間の、知性が発達する前の幼児期に影響を与えます。この時期、生きている毎日の環境をどんどん吸収していき、その体験、意識は成長していくにつれ無意識下の感情として自分の原型となるようです。無意識ですから、思考が働く前の、快、不快を瞬時に判断するとてもナチュラルな本能的な自分を表します。自分が最も安心を感じる状態が、月のサインが表す性質といえるでしょう。

 

自動操縦のように無意識に備わっている「感情」が月、自ら意志を持って人生を切り開いていくために向かっていく「目標」が太陽ということですね。どのサインにこの月と太陽があるかによって、自分の資質がよく理解できます。

 

 

私の月は天秤座の終盤の度数にあります。月が天秤座の人は誰とでも感じよくバランスを取りながら人に対応することをナチュラルにできるようです。

 

占星術の月という概念を知ったのはここ数年のことですが、初めて自分の月の性質を認識したのは会社時代でした。当時仲良し同期の間で、旅行のお土産など何かを選ぶときに、自分は必ず一番最後に選ぶようにしていました。「これがいい!」と嬉しそうに主張する同期の友人にその場を譲って、みんなが満足したのを見届けて最後に残ったものをいただくというスタンスが心地よかったのを覚えています。決していい人を演じていたわけではなく、無意識に自分の内面を表す月が全体のバランスと調和を求めていたのでしょう。

 

 

しかし、仕事など社会での公の場では、私たちは月の素顔をしまいこんで、太陽を輝かせることによって活躍できるのです。私の太陽は、牡羊座にあります。月とはちょうど反対側に位置するサインです。

 

牡羊座は、魂がぴょんとこの世に勢いよく生まれてきた状態で、右も左も気にすることなく自分という存在をどんどん前に打ち出していくようなサインです。天秤座の、周りと調和しようとする姿勢とは真逆ですね。

 

 

私の場合は、天秤座の月をベースに持ちながら、自分の中にある牡羊座という本質の炎に気づき、光り輝く牡羊太陽に向かって意志を持って生きていく、これが人生の根幹となっていきます。

 

占星術を学んでからは、「牡羊太陽に向かう」ということを頭では理解しています。しかしこの牡羊座のサインに、時間をかけて物事を獲得していくことを意味する天体、土星が一緒に存在しているからか、私は牡羊座にとても苦手意識を感じていました。自分を前に押し出して、牡羊座っぽく生きていくだなんて恥ずかしい。周りと調和している天秤座の月の自分でいるほうがどれだけ楽か、いっそ天秤座だったらいいのに、と思ってしまうこともあったくらいです。しかし、もうそんなこと言っていられません。牡羊座というサインが、自分が自分の人生を歩むうえで重要であることを知ったので、苦手意識を克服し、しっかり自分の中の牡羊の炎を燃やし、牡羊太陽に向かって意志をもって生きることについにコミットしました。

 

「アリエスさくら」の「アリエス」は「牡羊座」という意味です。自ら「牡羊座」と名乗ることにより、意識して牡羊座らしく生きることを心に留めているのです。

 

『私の太陽と月』はこのように対極にありながら、私のホロスコープの中で共存し支え合っています。

 

 

 今日もお読みくださりありがとうございました。

 

アリエスさくら

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM