あまつぶ、きらり。

  • 2017.06.23 Friday
  • 22:12

 

どうも、月子です。

お題【雨の思い出】

 

長崎生まれ長崎育ち。

なので、よく「雨ふってんの?」「雨多いの?」と、半笑いで聞かれます。

年間降水量は、関東とほぼ変わらないそうです。よろしくお願いします。

 

さて。

雨の日の思い出。

雨の日の出来事。。

雨の日の忘れがたきこと。。。

 

残念なことに、大した思い出が無い。

他メンバーの皆様の素敵なエピソードが更新される中、焦りました。

 

う〜んう〜んと唸って、絞り出した出来事は以下の3つです。

 

◆こどもの頃(月の年齢域くらい)

母親に叱られ、裸足のまま雨降る外に引きずり出され、そのまま家に入れてもらえず、

外で泣いていたわたし。が、ほどなくして、雨の中、水たまりをぴちゃぴちゃする遊びを発見。

叱られ泣いていたことも忘れ、そのまま一人遊びを開始。

急に静かになって一向に帰ってくる様子がないわたしを心配して迎えに来た母親が、

一人遊ぶわたしを見て、心底脱力していたこと。

 

◆20歳くらいの頃

舞台の稽古場へ向かう途中、ゲリラ豪雨に見舞われ、なんとか屋根付きのバス停に避難し、

暫く雨宿りをしていたものの、雨は止むどころか雨脚は強まる一方。

稽古の時間が迫り、あきらめ腹を括り土砂降りの雨の中を傘無しで歩き出して少し進んだ先で、

雨合羽を着て傘を差したオジサンが現れ「傘に入れてあげる」と声を掛けてくれた。

正直、すでに服のままプールに飛び込んだ如きずぶ濡れ状態で、今更傘に入ろうが一緒だわ、

と思いつつ、なんとなくオジサンの傘に入る流れに、、、なったのはまあ良かったんだが。

 

ここで、普通の相合傘状態を想像しないでいただきたい。

20歳のずぶ濡れの娘が雨合羽着たオジサンにヘッドロックを掛けられている状態をご想像ください。

完全に頭をがっちり抱え込まれ、引きずられているようにも見える態勢を取られ進行、、、

かと思えば、肩を抱き込まれ乳付近を鷲掴まれたりされているようなされていないような、、、

 

(心の声)

「なんだこれ・・・いや、これくらいくっつかないと傘に入らないからということだ・・・

いやだがしかしなんだこれ・・・どうしよう・・・歩きにくいし苦しいし、なんだこれ。

ていくか、これは本当に親切・・・なのか???いや、人の親切を疑うなど言語道断あるまじき!

愚か者!バカたれ!!恥を知れぃ!!!」

 

と、オジサンの親切を素直に受け取るか、なんか変な人に巻き込まれとる、と

捉えるかの葛藤を繰り返した結果、稽古場につく前に「すみません!やっぱ急ぐんで!」と、

お礼を述べてダッシュで稽古場まで向かいました。

結局、今となっては親切だったのか怪しい人だったのか、わかりません。

ただ、この時の「なんだこれ」という激しい心の葛藤と、

ヘッドロックを掛けながら歩く感覚は、豪雨に見舞われた日の、謎の思い出。

 

◆23歳くらいの頃、洋服の路面店で働いていたときの話。

台風が上陸することが間々ある土地柄、真面目に危なそうなときは、

東京と違って、働く大人も台風に備えて仕事を切り上げることがあります。

この日は、久しぶりに直撃上陸すると言われ、うちの店も昼過ぎには締めることに。

我が家の脇には大きめの川が流れている。普段は風情があっていいのだけど、

雨の日は増水して流れが激しくなるような川。出張で他県に行っていた母は、

川が増水して何かあったら危険だからと、家に帰らずホテルに泊まりなさい、と

わたしの職場近くのホテルをわざわざ取ってくれていた。別にいいのに。お金が勿体ない。

(すみません。うち、ほんとに過保護なんです。)

過去に大水害を経験しているので、何かあるのが恐ろしいんですね。母は。

ホテルの部屋は、レトロでかなり趣のある素敵なお部屋。

仕事を早く上がれたこともあり、ルンルンと寛いでいました。初めのうちは。

 

いよいよ台風が上陸し、市街地の広範囲に渡る大停電が発生。すると、どうなるか。

ほんっとに何もやることがない。この頃はまだガラケー時代。

スマホのようにネット自由自在って訳にはいかない。充電切れも怖い。

本でも用意してきていれば良かったんだけども、何も備えをしていなかった。

ほんの出来心で、暴風雨にもみくちゃにされながら近くのコンビニへ行ってみたら、

店内水浸しで折れた小枝や草が入り込み散らばり大惨事。真っ暗闇の店内。

使用不可のレジ。暗闇の中懐中電灯で電卓照らして必死で手計算してる店員さん。

軽率に来店してごめんなさい、と心で深く謝罪しながらホテルに戻り、またも無の時間。。。

早々に就寝したはいいが、おかしな時間に目が覚めて今度は眠れなくなり、悶々イライラ。。。

やっと眠れそうだ、、、と思い始めた矢先。

 

ベッドが揺れる。地震でもないのに、ベッドがギシギシ揺れるんです。

心霊現象か?!と思ったんですがね。心霊現象だった方がどれほど愉快で素敵な災難だったことか。

 

一定の揺れ、からの、早まる律動。

ある程度大人の皆さんは、この辺でお察しの事と存じます。

あらやだ、いやらしい。

本当に心霊現象だったのかもしれません。

わたしが鈍すぎて幽霊さんに気が付いてあげられなかっただけかもしれない。

 

✌(´◉౪◉`)✌HAHAHA〜☆

 

多分。多分ですよ。私の心が汚れているだけかもしれないけれども。

きっと。

 

隣の部屋で行われている営みの余波が、キテたんですね☆

 

 

 

 

ふざけやがって。

 

 

 

 

 

口が悪くて大変申し訳ございません。

しかしながら、この時はやっとの思いで取れそうだった睡眠を邪魔され、

急速に右肩上がるイライラ。一向に治まらないベッドの揺れが、イライラに更なる燃料を投下。

なんだかちょっと揺れに酔ってくる感すらある。

怒り心頭とはこのことかというくらい、ムカつきましたね。

 

想像してください。

誰もがやり場のない怒りに囚われることと思います。

 

頭にきすぎて、生まれて初めて、壁を殴り怒鳴りつけました。

 

 

すると。

 

止みました^^

暫くするとシャワーの音が聞こえてきました。

 

 

最後まで盛大にキモイッ☆


 

---終---

 

 

 

以上、なんとかひねり出した3つの思い出たち。

お下品で、どうもすみません。

 

雨上がり。

雨粒を纏った美しい薔薇にて、汚れた色々が、どうか浄化されますように。

 

 

南無。

 

 

◆月子◆

 

神の庭で。

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 23:06
どうも、月子です。
 
わたしの月と太陽は、わりかし仲良し。
牡牛の月と蠍の太陽。
不動宮でじっくり慎重といえば聞こえはいいけど、腰が重い。
土と水は親和性あり。なじみはよろしい。
無意識の反応の月は、一番素直でストレート。
感じやすいし前に出てきやすい。というのも、わたしのカルミネイト天体は月。
ていうか、南半球には月しかいないわたしのチャート。実に静かな南側。
なので、だいぶ出しゃばってる。月の優位性はかなり高め。
ついうっかり月ありきで日々を生きてしまいがち。
どんなに月が目立っても、やっぱり月は太陽の光を浴びて輝くわけで。
太陽の意志が加わることでより良い作用がでるんじゃなかろうかと思うわけだ。
先にも述べたように、基本的にひょいひょい簡単に飛びつかない。
反応は鈍い。牡牛も蠍も感性感覚は鋭いサインだと思うけれど、
それと動きが連動しているかといえば、そうでもない。
じーーーーーーーーーっと見てる。感じても答えが出ても、すぐには動かない。
牡牛は特に。食べて咀嚼して飲み込んでまた出して。
見て触って匂って、自分との馴染みを吟味。
月がそうやってモグモグやってるのを、蠍は静かに眺めてる。
死んでるの?と間違えるくらい不動。微動だにしない。
静かに静かに、己と溶け合うに相応しいものであるのか、見ている。
動きの数は最小限、仕留める速さは超スピード。一撃必殺の蠍。
月だけで始めたことは案外輝かない続かないものにならない。
蠍の串刺し&捉えた獲物をこねくり回しグチャグチャぐちゃぐちゃと、吟味する。
そのしつこさが、やっぱり必要なんだ。捉えたものがたとえ価値無きものであっても、
捉えたからには離さない。食べちゃう食べられちゃう上等。
土の堤防は決壊してお水じゃぶじゃぶ。どろどろ泥水。いっしょくた。
当人以外には汚い泥水。本人にとってはもはや己の一部。清も濁もお前も私も、一緒なの。
わたしにとって、牡牛月と蠍太陽は非常に重要なライン。
この両輪が上手く噛み合ってないと、わかりやすく不安定。
続かないやる気でない投げ出したいお怠けmindの支配がはじまる、、、困ったもんだ。
ずーっと、シーソーゲームやってんです。
お金物質 VS 熱情・心。
この戦いもいい加減飽きたけど、中々ジレンマ苦しいときもあるる。
唯一のハードアスペクト(メジャー)。
ついでに言うと月はYODっちゃってるから、少々窮屈な月でもあるといえばある。
上手にお付き合いしていきたい、わたしの大切な月と太陽。
嫌いじゃないよ。気に入ってる。
ゆとり・遊び・娯楽の花園で、どうかのびのびやってくれたまえ。
月子でした。
おやすみなさい。

お天のご機嫌うかがい。

  • 2017.06.07 Wednesday
  • 00:00

 

どうも、月子です。

今回のお題【お天気のお話】

 

さぁ、雨の季節が近づいてきました。

やっと梅雨が明けても、突然の豪雨に見舞われる、夏。

何かと、空模様が気になる季節です。

 

折り畳み傘は、常にバッグに忍ばせておく派ですか?

わたしは邪魔なので持たない派。

そんで、毎度雨に見舞われて困る、学習しないあんぽんたん系。

 

神様のご機嫌か、気まぐれか。

月曜日、東京は超局地的に夕方から突然の雷鳴&土砂降りの雨。

終業したものの会社を出ようにも出られず、1時間待っても雨は止まず、

結局、もういいやと腹をくくって雨の中を濡れながら帰りました。

電車で30分。地元についてみたら雨なんぞ降った様子なし。

ずぶ濡れのわたしは一体なんなの。虚しいやらなんやら、やるせなす。

 

天気予報で晴れマークが出ていても油断できない。

1日の中で空模様がガラリと変わることは珍しくない。

 

わたしはタロット使い。(駆け出し)

そういえば、やったことないので、これを良い機会とさせてもらい、

週末土日の空模様(都心に絞らせていただきます)を、タロットで予想してみる、の巻☆彡

水と緑に溢れまくり自然がいっぱいのデッキ、シャドウスケープタロットを使います。

 

1日を朝昼晩に分けて、3枚引きで!

 

当たるかな〜

どうかな〜

楽しいな〜

 

***

 

◆10日 土曜日◆

 

土曜日

 

−朝:sword7−

どんよ重たい曇り空。小雨が降ったり止んだり。

晴れた!かと思ったら、狐の嫁入り。

なんだか弄ばれているような空模様。

 

−昼:戦車 R−

 

土砂降り!!!笑

 

バケツをひっくり返したような大雨に見舞われるでしょう。

雨の匂いを早急にキャッチして、ずぶ濡れを回避しましょう〜♪

 

−夜:sword Queen−

大雨に洗われてか、ヒンヤリと澄んだ空気に包まれた夜となるでしょう☆

羽織るものがあると良いかもしれませぬね。冷えます。

雨上がり。水たまり。静かな夜のおとずれ。

 

***

 

◆11日 日曜日◆

 

日曜日

 

−朝:wand ACE−

雲に覆われつつも、太陽さまが見え隠れ!

お洗濯するなら朝早いうちに済ませてしまいたいところ。

乾きにくい大物は避けた方が吉◎

なぜなら・・・

 

−昼:sword5−

またまた雲行きが怪しくなるからでーす!

干しっぱなしは、おススメしませぬ。

しかも、なんだか強い風も吹き抜けちゃいそうな予感です。

女子!スカートめくれに気を付けて〜。

髪の毛はそれを見越したセットがおススメ。

強風に煽られ乱れる髪にいちいちイラつく心配なし◎

 

−夜:Pentacles9−

恵みの雨となったのか、植物たちが喜んでいる。

キラキラと緑を飾る雨粒たち。自然の素敵なコラボレーション。

ヒーリング効果すらありそうな感じ。

雨風おさまり、穏やかな夜のおとずれ。

日曜の夜。しっぽり心穏やかに過ごし、新しい1週間を迎えられそうです。

 

***

 

さ!どうなるかしら。

 

やはりこの季節、たとえ面倒でも煩わしくても、

折り畳み傘は必須アイテムなんだろうなと、カードを引いて思いました。

はー!やだやだw

 

月子

 

***


◆個人ブログ『蠍のひとさし』

http://love-syrup.rossa.cc/sb/

 

◆Twitter:

⇒@tsukiko_yanagi

 

JUGEMテーマ:占い