自分の強みっていったい何だろう。

  • 2017.03.10 Friday
  • 00:00

 

綾野こころです。

 

ここからは次のテーマ

 

「自信があること」(自己分析)です。

 

トップバッターでこんなこと書いていいのであろうか、書いてしまおう。(お約束…)

 

このテーマ、正直に言うと、はじめは抵抗がありました。自分のどこかがとても嫌がりました。向き合うのも。

自信なんてないからです。

 

と、思っているのです。

 

人からどんな風に見えているかは別として。

自分で何となくできているかな、と思うことと、

自分自身が認める

 

「自信がある」

 

とはまったく違い、思うレベルにぜんぜん至らないのです。

(この考え自体が、自分なんぼのもんじゃい、どんだけ出来ると思ってんだ!の世界。とっても高慢ちき笑)

 

はい。息苦しい文章でしょう。

でも感じてみてください、これが反応であり、個性の一つです。

 

 

講座で、「自分のことが分からない」とみんなに投げたとき、

「それを自分と思わずにホロスコープを読むこと」をすすめられました。

とてもありがたいアドバイスでした。

 

今まで幾度となく見てきましたが、なんとその観点からは見たことがありませんでした。

 

もし、お誕生日の近い人が

「私が自信を持って良いところはどこなんでしょうか。」

とご相談に来られたら、なんと言葉をかけるだろう・・・。

 

『自分の人生を、どのような場に行っても自分で切り開ける人ですよ。

後ろへ下がりすぎると気持ちが辛くなります。

 

なのでたとえ失敗することがあっても、現実を理解した上で勇気を持って決断し、フレンドリーで個性的な自分を打ち出してゆけばよいのです。

 

向上心のある前向きなイメージを持つことがあなた自身を助けます。

そして時間をかけて自分の楽しみを分かりやすくまとめ、情報として人に伝えてゆけます。へこたれません。』

 

まず最初にこのことをお伝えするでしょう。

 

おそらく、自信がないというより、自覚を持ってこんな風には振舞えていない、ということなのかも知れません。

実感がないままやっている?できていない?

 

でもやはりそこで

 

『日常のなかで迷ったり立ち止まったりすることはあると思います。選択に困ったときは、この指針(月〜太陽〜土星の流れ)を意識して行動してみてくださいね。』

 

と言葉を重ねるでしょう。

 

みなさんはご自分の強みを理解されていますか?

分かっているようで意外に分からないものですね。

自分のこと。

 

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

明日は 北方 兆さんです。

お楽しみに!

 

 

綾野こころ

 

*****

 

そんなわけで!

星とタロットの鑑定会をやります!

 

・日時

 3月15日(水)13:00〜15:30

・場所

 JR山手線 渋谷駅ハチ公口徒歩4分

 

※各自の飲食代をご負担ください。

 小銭をご用意ください。

※鑑定ご希望の場合は20分2,000円〜です。

 詳細はこちら

 

↓↓↓↓↓

ちなみにわたしはまだ修行中の身にて、

★15分 500円★

で承ります。

今回は「自分の人生の大きな流れをつかむ」ことに特化したメニューです。

 

鑑定でも、ちょこっと覗いてみるだけでも、どちらでも大丈夫。

刺激的キャラ、スイトナ2期生の3人がお待ちしております。

 

お申込みお問合せはTwitterのDMからお入りくださいませ。^^

遊びに来てくださいね〜!

 

綾野こころ

https://twitter.com/7_mikotama

 

 

JUGEMテーマ:占い

 

本の好みは自分の変遷。

  • 2017.03.02 Thursday
  • 00:00

 

 

綾野こころです。

 

 

テーマ「好きな本」。

 

子供の頃は学研の図鑑やひみつシリーズを与えられるままに読んでました。

自分が選んで読み始めたのは高校生ぐらいから。恋愛ものです。

 

それからも読書はしましたが、耽ることはあまりありませんでした。

 

その後、子供と図書館に通い出し、一緒に読んだ絵本や児童書のピュアな世界を経て、ここ数年、スピリチュアルや占いの本が多くなりました。

 

 

 

『ニュー・アース』:エックハルト・トール(サンマーク出版)*敬称略

 

自分のエゴについて考えさせられた本です。今日久しぶりにページをめくってみて、以前とは違う感覚を覚えましたが、それでも自分を冷静に見るときにあると助かる本です。

 

 

 

『怒り』:吉田修一(中公文庫)

 

去年先に映画を見てから読みました。

抑圧した怒りだったり、人を信じる信じないの、その瀬戸際の感情の揺れだったり。

裏切られることへの恐怖から、疑ってしまうほうが傷つかなくてすむのだけれど、その感情が苦しく、辛くなっていく様子。

 

事実は一つなのに見る角度で景色がまったく変わってしまう切なさ。

 

その心の機微が伝わってきて、この本は好きというよりは心に引っかかっています。

 

 

 

『生きる』:谷川俊太郎(角川SSコミュニケーションズ)

 

ここには、ただ純粋に生きていることを実感する、温かな空間があります。

ささやかだと思っていた幸せは、実は大きな幸せなのかもね、とささやいてくれる本です。

 

優しく慈しみがあり癒されます。

五感にかかわるものだったり(牡牛座)、親しみやすく温かだったり(蟹座)、各サインをよく感じられるところがあります。

 

 

 

『金の言いまつがい』:ほぼ日刊イトイ新聞(東京糸井重里事務所)

 

いろんな人の言い間違いを集めたこの本は、ピュアでお上品なものからプッと吹き出すお下品なものまで、とにかくゲラゲラ笑えます。

 

絶対に電車で読まないでください。そして読んだ後は非常に弛緩します。

肩の力を抜いてリラックス。

 

 

 

日々何気なく暮らしているようで、やっぱり自分のチャートどおりのものを選んでいる不思議。

 

自分が手に取る本の変化と、書店に並ぶ本の変化、そのときの社会天体や世代天体の位置。

そしてそれは自分のどのハウスにあるのか?

 

全部つながっているのですね。

 

以前は自分の本棚をこんな風に眺めたことはなかったけれど、ここにも理由があると思うと、つくづく占星術は面白いと思います。

 

気になりますよね、自分と星の関係。

そんなことをみんなで一緒に語り合えるときが楽しいです。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

明日は兆さんです。お楽しみに!

 

 

綾野こころ

 

 

*****

 

 

綾野こころ

https://twitter.com/7_mikotama

 

 

 

JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:スピリチュアル

タイムリミット、テーマ「音楽と私」。

  • 2017.02.22 Wednesday
  • 23:45

 

皆さまこんばんは。

 

綾野こころです。

 

今回ブログを書くにあたって、短時間で書いたらどうなるか、というのを自分に課しています。

ただいま入力開始から5分。

1時間以内に書いてみる、これが今日の目標です。

 

いつも4〜6時間ぐらいコネコネモミモミ(時間に見合った内容ではないですが!)、PCとお友達で、家族から切ない目で見られていますので、この試みは良さそうです。

 

 

今回のテーマは「音楽と私」。

このテーマ、どうしましょう、もう指が「自分の好き」を入力したがっています。

 

自分が書きたいことより、みんなが読みたいことを書くのだ!

 

と考えているにもかかわらず走り出す1ハウスの金星。

だめだ、放出。

 

子供の頃、ヤ○ハ音楽教室に通いはじめ、グループレッスン、個人レッスンと、ひたすらゆるーく上達もせずに高校3年生の春まで楽しくピアノを続けました。

大人になって、わが子が、近所の古い和風のお屋敷でお庭がとっても素敵なピアノ教室に通い始め、私も久しぶりに弾きたくなって、引っ越すまで一緒に通うことに。

ちょうど「のだめカンタービレ」も流行っていて、もともと好きだったクラシックにさらにはまりました。

 

大人になっての習い事、超真面目にレッスンを受けて先生から、楽しい?と心配される始末。(真面目に楽しんでいました!)

作曲家の置かれている状況や心理、時代、宗教、そんなことまでかじったりしました。

磨き上げた技術を使って奏でる音にしびれ、近寄りがたくて厳しい雰囲気に恍惚とします。

なんでしょうね、心がギュッてなるのです。

 

音楽に限らず自分の「好き」(金星)って、全身が喜びで満たされます。

 

みなさんの金星はホロスコープのどこにありますか?

 

金星にエネルギーチャージしてくれるのは、牡牛座と天秤座のサインのある現場です。

 

私の場合、4ハウスと5ハウスのカスプ(ハウス境界線)が牡牛座、9ハウスのカスプが天秤座です。

家族との関係を大事にしたり、趣味にいそしみ周囲にそれを表現することと、占星学・哲学・心理学などの勉強をして有意義に過ごすと、1ハウスの金星が活性化され、シンプルに自分の幸せ感がアップします。

 

また、これは逆かもしれませんが、直接自分の好きなことをすると関連する現場も快適になってくるような気がします。

なので金星の喜ぶ大好きなクラシックを聞いていると、その楽しい空気が牡牛座と天秤座の現場にも良い影響を与えるんじゃないか、などと考えています。

 

日々の生活でエネルギーがすっかすかになるほど疲れるときってありますよね。

まず素顔の自分をじっくり安心できる場所で癒し、思いを誰かに話したりSNSでうちあけてみたりする。

そして次は快適さやバランスをとるために自分の大好きなことをするか、大好きな気持ちが高まるような活動をする。

そこで疲れてへこんでしまった自分個人を立て直して、また新たな気持ちで意志を持って社会と向き合っていく。

 

音楽はその流れの中で欠かせないものになっています。

 

 

*****

 

 

今日は月に一度の講座の日。外部から講師の先生がお見えになり、相術を習いました。

人相・手相。

中華街の占いの館で見てもらったり雑誌の特集なんかで読んだことはありますが、あんなことやこんなことまで分かるなんて!!

興奮して知的好奇心が暴走、なんで??どうして???

奇しくも今日は山羊座の月ですので山羊の活動が止まりませんでした。

そして顔は隠せないので、怖いな、とも感じました。

丸見えですもの。

別に悪いことはしていませんが、わ、見られてる、と一瞬ひるみました。一瞬だけです。

 

命術・卜術・相術。この三つ。深いですね、改めて思います。

まだまだまだまだ行き止まりなく、見たい聞きたい知りたい。この先長く好奇心を刺激し続けてくれるでしょう。

 

 

ここまで2時間。1時間はとても無理でしたが、短時間でまとめる練習を続けてみます。

さて、リミットが迫ってきました。

 

今日もお読みくださってありがとうございます。

お次は兆さんです。

お楽しみに!

 

 

綾野こころ

 

 

*****

 

 

綾野こころ

https://twitter.com/7_mikotama

 

 

 

JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術