スポンサーサイト

  • 2019.04.10 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    終わりは次のはじまり。

    • 2017.09.29 Friday
    • 22:00

     

     

    綾野こころ:テーマ「12か月講座を終えて」

     

     

    はじめに

    水トナお茶会にお越しくださったみなさま、ありがとうございました。

    みなさまの差し入れの豊富なスイーツ、ケイ先生が淹れてくださった美味しい中国茶、お楽しみいただけましたでしょうか。

    そしてプチ鑑定も・・・。

    拙い私をご指名くださったみなさま、ありがとうございました。

    初めて味わう種類の緊張感でした。汗びっしょり。身の引き締まる思いです。

    重ねて御礼申し上げます。

     

     

     

     

    *****

     

     

    12か月講座を終えて。

     

     

    占いの世界の片隅にいたこの1年。

    中に入ればたくさんのハシゴとか登り棒、体育館の天井から吊るされている登り綱、クライミング用の壁とか

    どこかのテレビ番組でときどきやっているサスケのように、あれこれ次から次へとクリアする対象が出てきて、その景色にクラクラしています。

    まだまだ、いや、入り口に立っただけなんですね。

    1年かけて知った事実です。

     

    10天体、12サイン、12ハウスとメジャーアスペクト。

    分かったつもりで元気いっぱいに入った水トナ。

    いま思えば、随分な世間知らずでございます。

    必要なのは基本知識だけではなかった。

    大切なことは他にもたくさんあった。

     

    スイートな感覚で入ってしまった私はビターを味わい、いまに至る。

    でもこの苦味、そんなに悪くないです。

     

    誰に言われたわけでもなく、ここへ来る事を「自分で決めて」やって来ました。

    ここへ来て何を感じ考え、何を持って帰るか。

    それはそれぞれに必要なものを必要な分だけ持ち帰るのだと私は思います。

     

     

    しばらくは自分の中に押し込んだままのたくさんの物を整理し、丁寧に吟味したい。

     

     

     

    *****

     

     

    向先生、ケイ先生、受講生のみなさん、

     

    腹抱えて笑った面白かった日も、ビールでお互いをねぎらった日も、課題やブログで大変だった日も、つらくて泣けてきた日も、

    ご一緒できたこの一年は私にとって特別な一年となりました。

    貴重な体験をさせていただき感謝しております。

    本当にありがとうございました。

    お世話になりました。

     

    そして恐る恐る始めたブログ、どうにか最後まで続けることができました。

    ここまでお読みくださったみなさま、ありがとうございました。

     

    まとまらない終わりとなってしまいましたがこれにて失礼します。

    すっかり朝夕肌寒くなってきました。

    みなさまお元気でお過ごしください。

     

     

    『またいつかどこかで。』

     

     

    綾野こころ

     

     

     

     

    感覚を整えたい

    • 2017.09.21 Thursday
    • 17:30

     

     

     

    綾野こころ:テーマ「秋になったらしたいこと」

     

     

    *****

     

     

     

    今日は一年前から計画していた熱海の来宮(キノミヤ)神社へお参りに行ってきました。

    お日柄と方角がいいからという知人のススメです。

     

     

     

    熱海駅から徒歩で15〜20分ほど。

    左に海を見ながらくねくねと坂を上がり

    トンネルを抜けると見えるのがこの鳥居です。

    すっかり秋空です。

     

     

     

     

    参拝の方は平日ですがわりといらっしゃいました。

    境内の中は静かで心地よく

    スマホや本を見なくてもそこにいてただ過ごすだけで

    雰囲気を充分楽しめます。

    境内の脇にカフェがあってマッタリできます。

     

     

     

     

     

    少しずつ改修工事をされているようで

    部分的に新しいお賽銭箱から木のいい香りが漂っていました。

     

     

     

     

     

    岩にスピリットが宿る

    これが土星・海王星の180度だとM大先生がお書きになっていらっしゃいました。

    これがイワクラ・・・。

     

     

     

     

    天然記念物の大楠です。周囲をぐるりと回れます。

    眺めているだけですーっとしてきて気分爽快。

     

     

     

     

     

    こんなのとか、

     

     

     

    こんな感じでとにかく気持ちがいい。

     

    道中でご縁のあったアクセサリー屋さんで

    「お茶飲んでいきませんか」とお誘いを受け

    とても自然な流れでお店の奥で鉄観音の新茶を入れていただき

    何度もお代わりを注いでくださって

    ちょうどそのお席に熱海の観光ボランティアの方もいらして

    熱海のお話をたくさん聞かせていただいたのでした。

    はい、お買い物しましたよ、そうですとも・・・。

     

    いい気分転換になりました。

    こころのコリや偏りを修正した一日でした。

     

     

     

     

    *****

     

     

    綾野こころ 

    Twitter

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:スピリチュアル

    JUGEMテーマ:占い

     

    さなぎが羽化しようとするのは自然なこと。

    • 2017.09.13 Wednesday
    • 18:30

     

    綾野こころ:テーマ「私の実占経験」

     

    今回の実占経験というテーマ、盛るわけに行きませんし盛るものもないので正直に。

     

    以前にも書きましたが、自分の周辺の人に「勉強中なので」とお願いし、ささやかなお礼をいただいて占わせてもらったりしています。対面での鑑定経験は少ないです。

     

    わたしの思考は非常に頑固でして、理屈で納得できないと進めないというあまり飲み込みの早くない受講生です。

     

    9月の魚座満月を迎えたとき、タロットに関して自分が頑なにこだわって先に進めずにいたことがひとつ解決しました。

    ただまっすぐ目の前のカードを読むことに集中すること。

    素直に。

    この先、真正面から向き合えば向き合うほど悩むことは尽きないと思います。

     

    でもいまこの瞬間は、真摯な気持ちでご相談に来られた方にお応えしようという思いに迷いはありません。

     

    正直とても緊張しています。

    日常、他のことをしていても、鑑定会のことが頭をよぎると心臓にビリッと電気が走るぐらいに笑。

     

     

    「よどみなくテキパキきっちり読み込める」ようになったのか、まだ「あやふや」なのか分かりません。

    ゆっくり栄養を取ってここまで来た “さなぎ” です。

    でも精一杯、目の前のチャートとカードを読ませていただきます。

    どうぞお気軽にお試しください。

     

     

    <わたしの1ハウス外観ごあんない>

    おそらく緊張で固まっているのに平然としているように見えます。

    堂々と自信があるように見えてしまうかもしれません。

    いやむしろニコニコすらしているかもしれません。

    (心臓がありえない速さで鼓動しているかもしれなくても!!)

     

     

     

    綾野は18時からお当番です。

    お茶をご一緒してお話しするのも楽しそうです。

    お待ちしています。

     

     

     

    綾野こころ

    Twitter

     

     

    *******

     

     

    「水曜トナカイ12か月占い師育成講座第二期終了記念大披露目鑑定付きお茶会」

     

    日時=9月27日(水)

     

    〇16時〜19時 鑑定付きお茶会(ウラナイトナカイ1階と2階)

     

    〇19時〜20時 「受講生と話せる12か月講座」お茶会&希望者にはオープン鑑定(ウラナイトナカイ1階) 

     

    ●料金=1000円

    ★時間内でしたらいつでも、ご予約なしで直接おこしください。受講生1名による10分鑑定付き(2階へご案内します) 2名以上の鑑定をご希望の方は追加10分500円です。希望占い師がいる場合は受付のときおっしゃってください(ただしご希望に添えない場合もあります) 鑑定後は1階でお茶を召し上がれ♪

     

    ★後半はのんびりお茶会です。希望の方はオープン鑑定を受けられます。

     

     

     

    JUGEMテーマ:占い

    MC蠍座のエイヨウホキュウ

    • 2017.09.05 Tuesday
    • 00:00

     

     

    綾野こころ:テーマ「えいようあるおはなし」

     

     

    ダリアは切花だとあまり長持ちしないらしいのですが、そう言われると余計じっくり見てしまいます。

     

     

     

    えいよう。

    栄養には物質と非物質がある。

    どちらも外から吸収するもの。

    カラダにいいものとココロにいいもの。

    目に見えるもの、見えないもの。

    そのほかにも何かありますか?

    カラダにいいものを取ろうと準備し、作業するその時間もココロの栄養になっていると思います。

    湯船につかってリラックスしたり、早めに寝たり、カラダにいいことをしようとする時間がココロにもいい。

    楽しむこともきっと栄養。

     

     

    11ヶ月前、ほんの数冊しか持っていなかった占い関連本は、コーナーができるほどに増えました。自宅の本棚で異彩を放っています。

    みなさんどうですか?わたしだけではないんじゃないでしょうか。

    Amazonと書かれた箱を何回ヤマトさんが持ってきてくれただろう・・・。

     

    で、ここ最近、松村潔先生の本を順番に読み返していました。

    占星術の専門書なのですが、哲学的なことが沢山書かれています。

    読めば雷が落ちるような衝撃を受け動悸がし、その後別のショックで持ち直す、なんてことの繰り返しです。

    再発見したり、一年たって何かが繋がったり。

     

    そのなかで、蠍座のあるところは充満感を得るところ、と書かれている部分があります。

    生命感覚をチャージするところなのだと。

    蠍は接着し吸収するサイン。

    他者にくっつきそれそのものを栄養とし、そして自分も栄養として差し出す。そんなやり取りがそのハウスを満たしていきます。

     

    わたしの場合、MC・10ハウスはまるまる蠍座です。

    天体はありませんが、世の中で直立する場所は蠍の匂いがするのです。

    自分がようやく見つけた入り込み甲斐のあるものに限度を越えた執着をし、自分そのものが塗り替えられることで満たされる。

    狭く深く。

    それは多くの人には理解されないかもしれないし、一対一の、深い関係の中でしか分かり合えないようなことかもしれません。

    でもそんな社会的立場が、わたしに生きた実感を与えてくれる、ということのようです。

     

    自分のなかの水瓶成分がそのスタンスにおもいっっきり異議を唱えていますが、おとなになれと山羊が諭し中。

     

    みなさんもうすでにご存知の、ご自身のホロスコープの蠍座部分をもう一度眺めてみてください。

    どこで“満たされ感”が得られるのか。

     

     

    綾野こころ

    Twitter

     

     

    *******

     

     

    参考文献:松村潔 著『完全マスター 西洋占星術供

    (「満たされ感を探す」P.298)

     

    ※画像は商用利用OK、クレジットなしで使用することが可能なものを使用しています。不明なものは遡って差し替えました。

    (2017/9月現在)

    https://pixabay.com/ja/

    https://www.photo-ac.com/

     

     

    JUGEMテーマ:占い

     

    最近ホロっとしたおはなし

    • 2017.08.19 Saturday
    • 09:00

     

    綾野こころ:テーマ「ホロっとするおはなし」

     

     

    一年ぶりに会ったお友達の台詞。

     

    両手の平を見つめて、グーパーしながら

     

    「この手、もう50年も働いてるんだよ、すごくない?」

     

    そんな言葉が彼女の口から出たことに新鮮な驚きを覚えた。

    そのようなことを言うタイプだとは思っていなかったからだ。

     

    木星期の人のゆったりとした穏やかさ。

    子育ても一段落し、自分に向き合う時間が出てきた今だからなのだろう。

    お互い、今のところ親も元気なので、ひとときの余裕なのかもしれない。

     

    私はこの言葉に心が温まった。

     

    そうだよな、私そういえば自分の肉体をゾンザイに扱ってきたかもしれない。

    疲れたら寝る、とにかく寝る。

    それはしてきたけれど(でないと翌日使いものにならない)、自分の体を慈しんでグルーミングしてきてはいない。

    よく私の人生にここまで付き合ってくれたね、などとハンドクリームを心をこめて塗ってなどいない。

     

    女同士の食事会はそれぞれの近況報告を散々言い合って、たいがいかみ合わない笑。

    面白いようにみんな喋る。自分のことを。

     

    でも今回の食事会は最後、「自分をもっと労わろう」ということでまとまり、解散となった。

     

    あたりまえはあたりまえじゃない、いま手にしているものを見つめようとまたしても思ったコオロギの鳴く夜。

     

     

    綾野こころ

    Twitter

     

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM