カラメルソースや味噌の褐色色素はメラノイジンと言うらしい。

  • 2017.08.13 Sunday
  • 00:00

 

おりごです。

今回のテーマは「あなたと甘味」です。

 

チョコレートとブラックコーヒー、チョコレートと柑橘系、チョコレートとベリー系…

 

苦味と甘味、酸味と甘味を組み合わせて楽しむのが好きなチョコレー党のおりごですが、今回書くのは塩味と甘味のおやつです。

 

 

それがこちら。

群馬の郷土食、焼きまんじゅうです。

 

群馬付近に縁の無い方はご存知ないかもしれません。

ちなみにおりごの血は東京と群馬の半分こです。

 

 

*焼きまんじゅうとは*

 

"蒸して作ったまんじゅうを竹串に刺し、黒砂糖や水飴で甘くした濃厚な味噌ダレを裏表に塗って火に掛け、焦げ目を付けたもの"

(Wikipediaより)

 

 

味噌ダレが香ばしく焼けた表面はカリッと、中はふんわりもちっと独特な食感。

 

味噌ダレの甘辛さをガツンと味わった後に、白い生地から微かに感じる酒麹の優しい香り。

 

口当たりは軽く餅類のようにお腹にズシッと貯まらないので、ペロリと食べれてしまいます。

 

 

地域によってあんこ入りとあんこなしがあるようですが、私は断然あんこなし派。

甘辛い味噌ダレが焼ける香りってなんであんなに食欲をそそるんだろう…。

 

 

東京ではほぼ食べられないので、恋い焦がれ過ぎて家で作ってしまった事があります。

(本来使う酒麹はドライイーストと甘酒で代用。)

 

 

今年のお盆はお墓参りのために母の実家がある群馬へ行くので、今は焼きまんじゅうで頭がいっぱいです。

 

皆様も群馬へお越しの際は是非ご賞味下さい。

(群馬の夏は暑いので涼しくなってから行くのをオススメします。)

 

以上、おりごの「あなたと甘味」でした。

 

 

**********

 

匙八おりご(さじやおりご)

Twitter

ブログ

 

5ハウスからの中継です。

  • 2017.08.04 Friday
  • 21:07

 

 

おりごのホロスコープには3、4人くらい性格が違う住人がいる。

 

その中で自己主張が最も強いのが、月牡牛。

 

彼女はホロスコープの頂点に一番近い場所に土地を所有し、その高い位置からやれ美味いもの食わせろ美味い音楽聴かせろ寝心地のいい布団を用意しろと催促をする。

 

 

彼女にはアセンダントと海王星から潤沢な土のエネルギーが供給されている。

 

おりご本人には実感できないそのエネルギーは、変化を拒む月牡牛の要素をさらに増長させているように感じる。

 

月牡牛が変化のない現状にぬくぬく甘え続けていると、時々真向かいの冥王星が蠍の毒針でプスっとひとさし。

その毒によって彼女の免疫力は総動員、本人の知らぬ間に毒と一体化して変容させられている。

 

万が一アナフィラキシーショックを起こしても大丈夫。

火星(アドレナリン注射)が150度から応急処置を施すので一命は取り留められる。

だから彼女には安心して変容を受け入れて欲しい。

 

変化を拒みがちな彼女のような人ほど、広い視野を持つための工夫が人一倍必要なのかもしれない。

彼女を見ているとそう感じさせられるのであった。

 

 

by 水瓶座の太陽

 

 

 

お題:「改めて、自分のチャートをみてみる」でした。

 

**********

 

匙八おりご(さじやおりご)

Twitter

ブログ

 

 

ホッとするカード

  • 2017.07.28 Friday
  • 00:00

JUGEMテーマ:占い

 

 

 

おりごです。

今回のテーマは「改めて、好きなタロットカード」。

講座の初期にもこのテーマについて記事を書きました。

 

その時は「好きとか嫌いとか、ない。」が答えでした。

好きなカードがない事に焦り、言い訳のような考察を苦し紛れに書いた記憶があります。

 

そして現在は手のひらを返したように隠者のカードが好きです。

好きなカードがないとか言ってすみませんでした。

 

 

私は自分で自分を占う時にソードの9や10をやたら引く人なのですが、

(余談:昨日の水トナ講座で実技をする順番を決める時に引いたカードは見事にソードの10でした☆)

 

そんな時に

 

焦りから一旦距離を置いて、状況を見直してごらん。

やるべき事は意外ともっとシンプルかもしれない。

 

と言っているような隠者を引くとホッとするのです。

 

「なんとかなる!とにかく大丈夫!」と根拠なしで励ますでもなく、「うんうん、辛いよねぇ」と寄り添うでもない。

 

「いいからとりあえず落ち着け」の一言。

「あ、はい。」しか言えなくなる。

 

塔や死神のような刺激的な印象も太陽や運命の輪のようなワクワク感もないけれど、急かさない、慌てない、裸足でひたひたゆっくり進む。

そんな隠者のカードが好きです。

 

 

以上、「改めて、好きなタロットカード」でした。

 

 

 

**********

 

匙八おりご(さじやおりご)

Twitter

ブログ