プチお節介(兆)

  • 2017.06.17 Saturday
  • 00:00

 

激しく降る雨の中、駅に向かっていた。
駅前の歩道に、コの字型の自転車の侵入止めが立っている所がある。
傘をさした髪の長い20代くらいの女性が、その侵入止めにぶつかっていた。何度も激しくぶつかっているので気になり、水煙が立ち上る中、よく見てみると白杖をついている。目が不自由で侵入止めが分からないのだ。

 

目の不自由な方を誘導する時は、どうするんだっけ?と思いながら、女性の方へ近寄って行った。

 

「そこ、侵入止めがあるので進めませんよ」と声を掛けると、彼女はぶつかる足の動きを止めた。どちらに行かれるんですかと聞くと「駅に…」という。「方向が少し違うので案内しましょうか」というと、うなずいた。ここで、よく言われる誘導の仕方は、少し前に立ち肘などをつかんでもらうというものだ。しかし、彼女は傘を差し白杖をついいるので、両手がふさがっている。どうしたものかな…。

 

雨の中に、二人でたたずんでいても、しょうがない。

「誘導するのに、手を取っていいですか?」と尋ねるとうなずいた。彼女の傘を持ったほうの手に軽く私の手を添えた。どれくらい雨の中にいたのだろう。どきっとする程、冷たい手だった。

 

駅は目の鼻の先だ。横断歩道を一緒に渡って点字ブロックを見つけた。「顔が向ている方を50mほど行けば、駅構内に入ります」と告げた時、「もう、結構です!」強く激しい口調だった。怒っているように感じた。思いがけない言葉に、驚いてしまい、そうですか…、とかなんとか言っている間に、彼女はスタスタと歩いて行ってしまった。

 

雨の日の思い出

 

何か気に障ることをしただろうか。どこか助けてあげているような傲慢さがあっただろうか。その後、もんもんと自問自答した。知人に話すと、私もそういう経験あるよ、という人が何人かいた。迷惑ですと言われているようで、次からは声を掛けるのをためらうよね。みんな困惑した面持ちで話してくれた。

 

良かれと思ってやっているのに、そう受け取られない。これをお節介というのだろう。このお節介衝動がだんだん強くなっているように思う。そろそろ年齢域が木星期に入るので、お節介おばさんへ一直線なのだ。しかも、私の木星は3ハウス。コミュニケーションの部屋にある。

 

バス停や病院の待合室、スポーツジムのサウナなどで繰り広げられる、おばちゃんの活発なコミュ力は凄い。誰でも声を掛けて、自分の身の回りの出来事から、スーパーのお得な情報、旦那の愚痴など、次々に繰り出してくる。20代の頃は、なんだかうっとおしいしと思っていたが、最近はそれが大事なのではないかと思ってきた。その場限りの相手と、ちょっとだけ関わってみる。袖触れ合った人たちと、ゆる〜く情報交換。遠慮しすぎないことの大切さ。

 

白杖の彼女の心境は分からない。だけど、また同じような状況に遭遇したら、遠慮しないで気軽にプチお節介をしたい。立場や主張によって様々なボーダーがいたるところにある。今後ますます、ボーダーを超えて人と関わっていくことが必要になる(2023年 冥王星が水瓶座へ)。それにプチお節介は使えるのではないか。ためらっていては、ボーダーは越えられない。それは、冥王星天秤座世代が担うミッションのひとつ。

*木星射手座 or 木星山羊座×海王星射手座×冥王星天秤座の皆さま。生きてきた背景が違う様々な人達と関わり、新しい人間関係を通して社会を再構築する世代。

 

北形 兆(Kitakata chou)

----------

Twitter:  @kitakatachou13

 

JUGEMテーマ:占い

 

獅子座の太陽を取り戻すには(兆)

  • 2017.06.10 Saturday
  • 00:00


10年程前に、IT企業の法務部に勤めていた。そこで、照会書業務を担当をしていたことがある。「照会書」という名前は、聞きなれないかもしれない。正式には「捜査関係事項照会書」という。警察はこの書類にもとづき捜査協力を求めることができる。

この部署は課長も含め10人程度のメンバーがいた。1/3が双子座、2/3が乙女座であった。お気づきだろうか。全員の太陽星座の主星が「水星」なのだ。ここに、太陽・獅子座の雌ライオンを一匹放すとどうなるだろうか。(雌ライオンは、まあ、私です)。

 

毎日、全国の警察から照会書が大量に届く。どんな内容かは、秘密なので書けないのだが、私にとっては、とても楽しい仕事だった。自分の対応した案件が、NHKの7時のニュースに流れたりすると、刑事ドラマの一員になったようで、少しばかり嬉しかった(単純)。おもろい、おもろい、どんどん処理していく。

 

メンバーは毎日のノルマを50枚までと決め、それ以上は手を付けなかった。定時には蜘蛛の子を散らすように帰宅する。太陽乙女座の上司は、「お前らももっとできるんだろ?」と問いかけるが、双子座&乙女座のメンバーは「やりません」と即答する(「できません」とは言わない)。決められた範囲をきっちりやることを求める乙女座上司の指示を、律儀に守っているのだ。雌ライオンだけ、自分の楽しさに従い「もっとやっていいですか」と聞いてくる。

 

パンダ座とか、オウム座はないけどね
パンダ座とか、オウム座はないけどね。獅子座の目がいっている;

 

目標の方向性を示すのは太陽。獅子座の主星は太陽。自分自身の魂の中に燃えるものだけが、目標を指し示す。ここに獅子座の最大の長所と輝きの源、現実社会での難しさがある。他人の目標で着火すればいいが、そうなることは余りない。周囲から見てそんなことで?と思うことでも、自分の魂の炎がメラメラしていれば、獅子座はそれでも満足していると言われる。でも、王様という感じはしない。ちっちぇーな、獅子座。

 

太陽は、太陽系唯一の恒星。獅子座は太陽だけを見ていては自家中毒に陥ってしまう。獅子座こそ、太陽を通して全てのサインが輝くポイントを体験し、他の11サインの主星を通してあらゆる可能性を開拓する必要があるのではないか。それを残らず獅子座の太陽に持ち帰って、やっと太陽が恒星らしく際立つ。獅子座の太陽らしい、代表者、スター、カリスマといった王様感がはじめてでくる。自分の魂の炎でしか目標が見いだせない、炎が燃えないというなら、12サインすべての太陽に「いいね!」してみる。どんなものにでも輝きを発見し、なければどんどん創り出す。

 

占星術を学ぶことは、太陽獅子座には特に効くと思う。全ての人の獅子座ハウス開発にも効くと思う。獅子座=ジャイアンみたいな大雑把な解釈で止まらないように、獅子座を深堀りしてみる。しかし、ジャイアンって獅子座的だろうか・・・。スネ夫のような子分を引き連れていることから、そう思えない。(余談)。

 

しかし、この部署の面接よく通ったなー。私の双子座には3つ天体がある。乙女座の課長は、自分の兵隊になってくれる要素を、90度の角から感じたのだろう。ご愁傷様でした。私の水星は獅子座に飛んでいるのだった。その後、夫の仕事で引っ越すことになり、1年程で職場を去ることになった。短期間で本当に良かった。

 

北形 兆(Kitakata chou)

 

----------

Twitter:  @kitakatachou13

 

JUGEMテーマ:占い

 

雨が連れてくるもの(兆)

  • 2017.05.31 Wednesday
  • 23:00

-----------------------------------

 

降り止まぬ道を独りで歩いていると、

祖父や父や 友人や亡くなった人が

しきりに思い出されてならない。

 

と、先の角に佇む影があり、

前まで行くと ものも言わず 傘へ入ってくる。

見れば、今思っていた懐かしい死者の顔である。

 

すぐさま 傘を預けて 元来た道を、 戻ると良いという。

 

-----------------------------------

(*)「百物語」長雨の怪二話 より 杉浦日向子 著(小池書院)

雨降り
雨の音 結構落ち着きます。

 

雨が降ると祖母を思い出す。

私の祖母は、いわゆる雨女で、一緒に外出すると必ず雨が降った。祖母が他界した日から葬式が終わるまで、ザンザン降りの日が続いた。そして、火葬が終わるとピタリと雨が止み、青空があらわれた。親戚一同が「婆様らしいな」と口々に言っていたことを覚えている。

 

そんなこともあってか、この物語は、お婆ちゃんに会えるかもしれないといったセンチな気持になる。私の月と土星はオーブ1で合。教科書通りのお婆ちゃん子だ。

 

水のサインは気持ちをつなぐ。

長雨の季節は、気持の輪郭が柔らかくなるように感じる。雨の音。水煙。心象が投影された思い入れのある何かが見えてもおかしくないのではないだろうか。

 

この百物語には、落ちがある。

-----------------------------------

 

そのまま行けば?

 

さあ。それは聞き逸った(はぐった)。

 

-----------------------------------

(*)「百物語」長雨の怪二話 より 杉浦日向子 著(小池書院)

 

4、8、12ハウスを、うつらうつら考えてみる。引き返さずに、懐かしい死者と雨の中を歩いていったら、どこへたどり着くのだろう。

 

 

・・・やっぱり、ちょっと怖い。

 

北形 兆(Kitakata chou)

 

----------

Twitter:  @kitakatachou13