かに座の護る力(兆)

  • 2017.08.20 Sunday
  • 19:00

 

6月24日生まれ。

私の身近には、この日に生まれた人が4人いる。父と父の妹、母の姉、母の美容師の師匠である。

#祖母と、父の妹と私は、「同じDNAだわー」とよく言われる。でも、祖母と叔母は、いわゆる見える系の人なので、そこは似なかったなっと;

 

かに座初期度数の4人衆には、ルーラーが月らしく、それぞれホロっとするはなしが、てんこ盛りにある。今回は父のエピソード。

中学生の時、先生になって2年目の担任に頬を平手打ちされたことがある。ぶたれた!と思った瞬間、クラス中の女子がどどっと押し寄せてきて、先生と私を取り囲んだ。そして、先生に四方八方から罵詈雑言を浴びせかけた。泣き出す女子もいた。私に代わってみんなでリアクションをしてくれたので、逆に茫然としてしまった。無感情だった。

 

フラフラと帰宅した。夜になって仕事が終わった母に、ぶたれたことを話した。話ながら、自分でも驚くほどボロボロと涙が出てきた。涙が止まらなかった。これまで見たこともない娘(しし座)の様子に、母(さそり座)はすぐに父(かに座)に言い、いつの間にか弟(うお座)も加わっていた。水のサインの見事な情感連携プレー。

 

父は、「明日から学校にいかなくていい」と言った。

 

え? 義務教育ですけど?

 

親公認で2日間休んだ。2日目の夕方に学年主任と担任が家にやってきて、30分ほど話して帰っていった。すぐに父に呼ばれて「明日から学校復帰なー」と告げられた。母から詳細を聞いた。その若い担任にも言い分はあったようだが、父が「(父の世代とは違い)殴られて教育されなかった人が、殴っていいわけない」と言ったら、顔を真っ赤にして詫びたそうだ。

 

かに座の身内を護る時の激しさは(反抗的ともいえるような)、この時の父の態度ではっきりとイメージできる。父とはベタベタした親しさはないが、この護ってくれた記憶が信頼のよりどころになっている。

 

月とすすき
月はかに座のルーラー。護る人の情感に寄り添う。

 

北形 兆(Kitakata chou)

 

Twitter:@kitakatachou13

 

JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術

 

甘い記憶(兆)

  • 2017.08.12 Saturday
  • 00:00

 

忘れられない甘味がある。それは「甘酒」だ。

「酒飲み」と思われてもしょうがない答えで恥ずかしいが、事実である。

 

実家では、年を越すと家族全員で近くの神社へ初詣に行った。深夜0時過ぎて出歩くのが嬉しくて、弟とはしゃいで怒られたものだ。

 

その神社では、小正月のどんど焼きかと思うほどの、大きな矢倉を組んでボンボン燃やすのが名物だった。遠くから見ても、火の粉が舞い、オレンジ色の炎が冬の夜空に映え美しかった。

 

参拝が終わった人たちは、火の辺りにたむろして暖をとる。

そこで、神社から串に刺したスルメや餅、マシュマロ、そして「甘酒」がふるまわれる。

「コメらは、火の前に行きっせ」。

人混みでまごついていると、大人が良い位置に通してくれる。たいてい、私はスルメ、弟はマシュマロをあぶりながら、「甘酒」をいただいた。ゆげが立ち上る器に顔を近づけると、ほのかに麹の香りがする。甘くて白い飲み物。「酒」と名前がつくものを大っぴらに飲むというドキドキ。大人たちの新年の挨拶とたわいない雑談。

*コメら:子どもたち(会津地方の方言)

 

夏の甘酒
「甘酒」は夏の季語。江戸時代には栄養ドリンクとして重宝されたとか。冷やしても旨し!

 

新年  初詣  オレンジの炎  白い息   冬の星空  ちらつく雪 

 

こんな記憶が、いっそう甘美な味わいにしているのだろう。

 

発酵食ブームで、甘酒もさまざまな種類が売られている。酒粕を買ってきて自宅で作る人も多いらしい。でも、この初詣の「甘酒」よりも美味しいものには出会ったことがない。甘味といえば、金星だろう。私の9ハウスにある金星は、味わいや触感、見た目以上に、情景や心象によって濾過され普遍化した印象で記憶される。

 

プルーストの「失われた時を求めて」のマドレーヌのごとく、これ以上の「甘酒」に出会えるだろうか。

 

北形 兆(Kitakata chou)

 

Twitter:@kitakatachou13

 

JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術

 

男性サインだけのお母さん(兆)

  • 2017.08.05 Saturday
  • 19:00

 

高校は女子校だった。卒業文集に何でもランキングという企画があった。18歳の子供以上大人未満の少女達が作ったランキングで微笑ましい内容だ。団塊ジュニア世代なので、ひと学年300人以上在学していた。全員にアンケートとって選出されたランキングだったようだ。

 

なんと、「将来、子沢山になりそうな人ベスト10」の3位にランクインしていた。しかも2位とは数票差だった。

 

実は、もうひとつランクインしたものがある。「将来、大物になりそうな人ベスト10」で、1位だった。生徒会長をしていたのでこちらは何となく分かる。子沢山の方が、おどろいた。

 

30年近くたった、今。子沢山でもないし、大物でもない。しかし、これは10ハウス(MC)と4ハウス(IC)案件ではないか。もしくは、2ハウスと8ハウス案件かもしれない。

 

私のチャートでは天体がないハウスなので、あまり自分では意識しにくい。おそらく、4ハウス山羊座のドラゴンヘッド(10ハウス蟹座のドラゴンテイル)、8ハウス牡牛座のVt(2ハウス蠍座のAVt)あたりを感じてくれていたのかもしれない。集団の中の関わりで役割が決まるあたり、日本社会だなーと思う。

 

その後、大学でも職場でも、各種講座でも、「クラスのお母さんみたいだよね」と言われることは、1度や2度ではない。いつも言われると言っても過言ではない。天体が男性サインにしかないチャートの持ち主としては、ちょっと複雑。

 

天体がないからといって、サインが働かないわけではないのだ。自分で実感がないならば、人の眼を通して、自分のチャートを感じることもできる。どうしても天体やアスペクトに注目しがちだが、サインも丁寧に味わいたい。チャート丸ごと、余すところなく、その人の旨味がでている。見逃すのはもったいない。

 

北形 兆(Kitakata chou)

 

Twitter @kitakatachou13

 

-------------

恐縮ですが、今日は小生の誕生日です(笑)。

毎朝起きると、まずラジオをつける習慣がある。土曜日はNHK—FMでピーター・バラカンさんの「ウイークエンド サンシャイン」。これを聞かないと週末がはじまらん。

 

今年のソラーリターンの最初の曲は、ジミー・ヘンドリックス「Hey Joe」。これは、女房殺しの歌。この女房が何かの例えなのか、そのままなのか分からないが、うねるような疾走感に溢れていて大好きな曲だ。

出先のカフェでは、エゴ・ラッピンが流れていた。はじめて行ったカフェだったが、マスターに選曲最高ですね、と声を掛けた。

-------------

 

JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術