自然に還りたいな

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 00:00


こんにちは、マグです。

 

もうすぐゴールデンウイークですね。この時期の私の地域はお祭り一色に塗られるので、スーパーに行ってもデパートに行っても、練りの音楽が聞こえて少々飽き気味になったりします。
そんな、ゴールデンウイークが終わった後に、どこかに行きたいね〜と娘たちと話していてガイドブックも買ってみた。
白川郷なんていいねと見ていると、夏の白川郷ってどこかの風景に似ているのに気が付いた。

有名なのは雪景色みたいだけど、夏のこの景色もいいなぁー。

気づいたのはスイスに似ているんじゃということ。
行ったことはないです。アルプスの少女ハイジの村。マイエンフェルトというらしいです。

 

海が好きか、山が好きか?と聞かれれば、”山!”と答える私。
小さいころ、母が山の出身だったこともあって夏休みなど母の田舎にお世話になったりした。
木の根っこの階段を上ったり下りたり。川遊びも好きだったなぁ。

富士山も父に連れられて、小学校2年の頃にまだ幼稚園児の弟と3人で登った。
弟が小さかったので、道行く女の人に心配されたみたいで、それともお父さんの男前に惹かれて?女の人と写真に写ったりしている。笑。
下りの砂走で、霧が出て周りが1メートル先ぐらいしか見えず、大変だった記憶が少しある。

 

 

話は戻って、スイス。
ハイジの住んでいたという村の写真を見て、癒されています。
いつか行けるといいなぁ…。
ヤギもいる!乳しぼりとかしてみたいです。
屋根裏部屋で干し草のベッドで寝ころびながら、星を見てみたいです。
傾斜のある山肌と高く青い空の対比。

 

ハイジのように自然児の生活をしたいのは、月牡羊座かな。滞在型の旅行をしたいのは金星水瓶座かな。

いっぱい妄想しよう!の安藤マグでした。

私フィルターのトーゴさんとは

  • 2017.04.17 Monday
  • 00:00


こんにちは、マグです。
今回は、チャートとブログにみる次の人ということで、御劔十語さんの紹介になります。

 

ブログの印象では、前回のにも書いてありましたが印象が変わっています。
分かりやすく親しみやすい文章になってますね。何か心境の変化があった様子ですね?
以前の多量な勉強量と知識量に裏打ちされた文章から、一般の人にも分かるように降りてきてくれた感じです。
一般人の私としては、分かりやすくていいと思いますが、以前のスタイルの方が良かったと思うファンの方もいらっしゃるかもしれないですね。

以前のスタイルのブログだけを読んだ人は、一体どんな人なんだろう?と思ったひとも多いのでは?と感じます。


チャートからみる御劔十語さん、略してトーゴさんをひと言で言うと、
「優しさで人とつながりながら、理想を求め精神性を大切にし、哲学的な事を追求する社会的な役割を持つ人」
です。
パッと見は優しくてはかなげな部分も持ちながら、中身はキレッキレの技術力を持った美意識の鋭いアーティスト。
自分でも海王星が効いているって言われてる通り、なかなか制御出来ないであろう莫大なエネルギーが一本通っている。
実際にお仕事は何?って伺ったところ、音楽関係の専門職ということで、そう言えば昔の名刺には「サウンドディレクター」ってあったとのこと。

 

おしゃべりが好きって前回のブログには書いてあったけれど、素の自分をさらけ出すのはちょっと苦手な時があるかもしれない。
素顔では自己表現が好きで音楽での表現をして、人前でウケるのが楽しいっていう感じみたい。自信もありそう。
でも、生来の二面性を活かしてキャラクターを作ってきたのかもしれないです。

 

魚座のアセンダントなので、見かけが優しそうなのは頷けるけど、Skypeの自主勉強会を開催してくれていたりしたので見かけだけじゃないと思います。
お世話して頂いてました。ありがとうございます。

 

人生のテーマとしては、好きな哲学とか精神世界の事を言語化して発信することなのかなと思えるし、多分やりたい事なのだと思います。
世の中からの支援も受けられそうなので、これから先にどんな事を発信していかれるのか、楽しみにしたいと思います。

 

 

水トナ講座で勉強しているところは、武士のような雰囲気も感じるトーゴさんの紹介でした。

 

それから昨日のとわこさんのご紹介記事、人に紹介されるのってこそばゆいですね。ありがとうございましたm(__)m

自分を客観的になかなか見れないので、この機会は貴重ですね。

私はどんな人なんだろう

  • 2017.04.09 Sunday
  • 00:00


こんにちは、マグです。

 

私は、2年ほど前に向先生の鑑定を初めて受けました。
気になっていたことは、その当時家庭内議題に上っていた、「家を建てること」について。
何度もその話は持ち上がったりもしたけれど、形になることはなく、込み入った問題もあり第三者の意見を聞きたくなったのです。

 

今まで、私は占いを人に見てもらったことが1回あったかなというほど。それも、見てくれるみたいだから、行ってみたら?という、随分受け身な動機で。
高校生の頃は、マイバースディ好きということもあり、占いというのは自分で本を読んだりして知るものという定義だったということもありますね。

 

でも、一番興味のあるはずのホロスコープチャートは自分でちゃんと読めない。
自分のものでさえ、よくわからない。一度プロの人にみて頂こうと思って、1年以上も読み込んだブログから知った向先生の鑑定に田舎からわざわざ新幹線に乗って、向かったのだった。

家の事ももちろん聞いてみたけれど、その時私の口から出た言葉は
「どうやって生きていったらいいのか分からない。」
という、もう不惑の年から10年も経とうという人間の口から出るものとしては未熟すぎるほどの言葉でした。

 

鑑定を受けて、問題だと思っていたTスクエアの別の見方を言われて驚いたり、とても出来ないと思っていることでも、出来ますよと言って頂いたり。
収穫がたくさんあった。
でも、この本質的な私の心の中に持っている思いへの答えは得られずに、くすぶったままだった。

 

その後、1年ちょっと経ってこの水トナ講座を、無謀にも受講してみようと思った。
この講座の課題で、年齢域に関する課題が出た時、本当は月なら月、金星なら金星の年齢域を簡単に書けば良かったみたいだけれど、受講しているみんなのレベルがとても高くて、その時の天体配置も記入されていたものだから自分もいろいろ調べてみた。
トランジットの図を簡単に見ただけなので、見落としはたくさんあるとは思うのだけれど、腑に落ちることがたくさん、そうたくさんすぎるくらいあった。

 

自分では経験したくないようなマイナスな出来事も、本来人のせいでも、自分のせいでもなく、その後にくる予定されていた、しなければいけない事をするために破壊される出来事があったりとか。
もしかしたら、原因は過去にあるのではなくて、未来にあるんじゃないかとも思えた。

変わっていく人間関係も、こんなことを書くと運命論者みたいだけれど、ある程度は決められているんだと思えた。
でなければ、説明できないほどのチャートとの符合。

 

何か、全然自己紹介と違うかもしれないけれど、最近なんで占いを勉強しているんだろうという問いが、頭に浮かぶこともあって、今に至る流れを辿ってみました。

タロットもインスピレーションを使うのは水星魚座としては得意なはず!なので、もっと触れてみようと思っています。

 

こんな感じの6か月目ですが、今月も課題にうなりそうな安藤マグでした。