その時どきの甘味

  • 2017.08.17 Thursday
  • 00:00


あなたと甘味

どんな時に甘味を求めるのだろう。
疲れた時、頭を使ったとき脳が求めるって言う人もいる。
確かに今私も、甘味を求めているのかもしれない。
季節によって左右される甘味。

今の季節は、ゼリーとか水まんじゅうがおいしい。
秋から冬になると、クリスマス商戦が始まり、様々なケーキを目にすることが増える。
ケーキを食べたい欲求マックスは11月から12月にかけて。
家族の誕生日は12月の終わりから3月にかけて続いているので、そのころにケーキを食すこと多し。

よく買うのはキルフェボンのタルト。
季節のフルーツが乗っていておいしいんだけど、冬に買うことが多いので
他の季節のフルーツのものをあまり食べたことはない。
フルーツの乗ってるものでなくても、カボチャのタルトとか地味だけれどおいしい。
地味なほうがおいしい。
ああ、メニュー見ていたら食べたくなってきた。笑。

寂しいときに甘味を求めることもある。
プリンアラモードが好きで、ケーキ屋さんで買って食べてた時があった。
学校帰りに、毎日のように通っていたら、そらもう。。


なんにせよ、甘味を食べてしあわせ。
私のもとに来てくれてありがとう。

安藤マグ

偏り

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 00:14


改めて、自分のチャートをみてみる。

私にとって、火星は大切な天体である。牡羊座のルーラーだからか、運勢を見るときも、火星の状態が自分の状態に直結しているように感じる。
その火星が、私のチャートの中でちょっと問題があることに気が付いた。

牡羊座の火星なんだから、とってもエネルギッシュ。常に何かに燃えていないと生きている感じがしない。
資質とか才能とか収入を表すお部屋に住んでいる。燃えてるマーズちゃん。
でもそのお部屋にずーっといて、それでも常に燃えていたいものだから、お部屋の中がどんどん熱くなって膨れ上がって、はぜそうになってる。

問題は、そうなってることに、マーズちゃんが気付いていないこと。

なんか、熱くて体調悪いわ〜。夏バテかしら?笑
とかって、言ってる模様。

ギャー!!私の事よ。。

チャートを見て、自覚できたら改善することも出来るらしい。

多分、周りの人はみんな気付いているんだろうなぁ。私のチャートは本当に偏っている。


安藤マグでした〜。

数字の魅力 17番のカード

  • 2017.07.23 Sunday
  • 00:00


今日から、新しいテーマになります。
「改めて、好きなタロットカード」です。

前回、講座が始まったばかりの頃好きだったカードは、力とか死神だったと記憶しています。
好きなものは変わりますね。
今は、力は全然魅力を感じなくなりました。笑。


少し前までは、このテーマの事を考えて女教皇にしよう!と思っていたのですが、最近ちょっと心変わりをしました。

そのきっかけは松村潔さん著の本「ディグリー占星術」です。

サビアンシンボルの本を探していたのですが、これも良さそうということで購入しました。
サビアンについても、軽く触れられているのですが、それよりもその数字の度数の意味というものの解説が詳しくされています。

私には17度の天体が3つあるのですが、その解説を読んでなるほどなーと腑に落ちてしまったのです。

少し引用させて下さい。


17度 [瓦礫の山で新たな希望を見出す]


〜星は非常に遠いものや古いもの、未来的なものを表し、壁がある限りは見えてこなかったものが見えてきます。その代わり、壁として自分を守っていたものを失います。
星のカードでは、裸の女性が描かれ、守りとしての塔を意味する衣服を着ていません。自分を防衛する緩衝材がなくなることで、不安定な危険にさらされる状態となりますが、反面視野の広がりを獲得します。
〜引用終わり

そう、星のカードです。このカードを見た時に何で裸なの?なんでお気楽そうなの?変なのとかって思ったんですが、自分の中に有るものなので反発していたのかもですね。
塔のカードで壊れて、仕方ないから空を見上げたようなカードです。でも新たな希望を見出すんですね。

ちなみに、17歳の頃にそんな体験をした人も多いでしょうとのことです。私もそうだったかな?遠い目。。

安藤マグでした。