お天気予報のように

  • 2018.12.09 Sunday
  • 08:08

 

みなさま、こんにちは。

松宮有希です。

 

どんな時もどんな人とも共通の話題に出来るのが、今回のテーマの「お天気の話」。

どこの国に行ってもそれは変わりません。

誰もが口に出しやすい日常の気になる話題なのです。

「今日は寒いですね。」「今日は暖かいですね。」こんな一言が会話の糸口になったりします。

 

晴れたり曇ったり、いろんな日がありますね。人生も似ているな、と思いながら今日も空を眺めています。

雨上がりの虹をみて、いいことありそうって思ったり、カラッと晴れた日は気分も爽快になったり、雨が降っていてかえって落ち着く日もあります。

 

毎日のように眺めているホロスコープもその瞬間の空の様子なんですよね。

チャートから読み取れるたくさんの情報は、不思議としかいいようがありません。

 

さて、私が毎朝欠かさないのがお天気をチェックすることです。

快晴の予報が出ればお布団を干し、雨が降りそうな日には家族に「傘持って行ってね。」と一言添えます。気温をチェックして寒くなりそうな日には「厚手のコートを着て行った方がよさそうよ。」と。その日のお天気がわかれば、対策がとれますよね。

 

トランシットの天体の動きは、この空模様みたいなもの。

あらかじめチェックしておくと、ちょっと使えるお天気予報となりそうです。

そんな時に欠かせないのが、私の場合は天文歴です。

注目したい天体の動きの所にはマーカーを引いてあります。

 

先日のお菓子教室での事です。

宅配業者さんが荷物を間違えて配達してきて、数時間後に気が付いて荷物を取りに戻ってくるという事がありました。また同じ日に、今迄一度も遅刻したことのない生徒さんが時間になっても来なくて、ご家族経由でようやく連絡が取れたら忘れていたという事で、あわててお教室に駆け込んできたという事がありました。

これは、水星逆行中の出来事。勉強中の私にわかりやすく水星逆行中というのはこういう事なんだよ、と教えてくれたようでした。

 

天文歴を片手に、お天気予報のようにみなさまのホロスコープの未来予測が出来る日が来ますように。

目標に向かって

  • 2018.11.22 Thursday
  • 08:08

 

みなさま、こんにちは。

松宮有希です。

 

最近周りで筋トレしている人の話題をよく聞くようになりました。可愛い女の子が筋トレして引き締まった肉体を作っている。素敵ですよね。

 

今回のテーマは「火星の使い方アドバイス」です。

私に出来る簡単なアドバイスを少しだけ。

私は、火星の事を考えていると鍛えた筋肉を持つアスリートが連想されてきます。

火星は、やる気、情熱、勢い等を表します。夜空の火星をご覧になったことありますか?真っ赤なのですぐにわかります。見るからに燃えるような色をしていて、いいエネルギーになってくれそうです。これは活用しないともったいない。

なんだか、物凄い勢いで駆け抜けていくアスリートみたい、と思うのです。

 

目標に向けて火星を使うと、いい働きをしてくれそうです。

みなさま、何に目標を定めますか?

 

色々な場面で使えそうです。「ここは頑張りたい!!」という時に働いてもらいましょう。

 

活躍しているアスリート達。

例えばフィギュアスケート。見ていて美しいスポーツですが、選手達の日々の練習の過酷さは容易に想像できます。メダルに目標を定め、火星にエンジンかけてもらって頑張っているように見えます。つい先日のグランプリシリーズ、ロシア大会での羽生選手の演技をご覧になった方も多いと思います。

羽生選手のホロスコープの中で、火星は獅子座にあります(羽生選手の生年月日はWikipediaより)

火の不動宮のサインなので、フィギュアスケートは彼にぴったりのスポーツと言えるでしょう。直前練習で右足首を痛めたのにもかかわらず、試合に出場し見事に優勝した姿は、まさにメダル獲得の為に頑張った結果。彼の火星は蠍座の冥王星とアスペクトをとっているので火星の頑張りに底力が加わっての事といえるのかもしれません。ケガの具合はとても心配です。早く良くなりますように。

 

頑張って活躍している選手たちのように、それぞれの目標に向かって火星のエネルギーを燃やして頑張る、と言ったらわかりやすいでしょうか。

 

みなさまも、それぞれの目標に向かって火星を意識して頑張ってください!

 

なぜ?を考えてみました。

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 08:08

 

みなさま、こんにちは。

松宮有希です。

 

今回のテーマは「私の1ハウスと7ハウス」です。

私の1ハウスは蠍座で始まっています。

1ハウスカスプが蠍座という事は、私が生まれた瞬間の東の地平線にあったサインが蠍座だったという事です。自分が生まれた瞬間のエネルギーを無意識に纏っている、なんてロマンチックなんでしょう。

 

そして、5度前ルールを適用すると、海王星がひとつだけ1ハウスにあります。  

海王星は夢やファンタジーを象徴すると言われている天体ですが、まさにそのファンタジー?に先日かかりましたので、そのエピソードをちょっとだけお話しますね。

先日、吉祥寺方面に外出の予定があった時の事です。新宿から電車に乗ったのに、気が付いたら新宿駅に着いていたのです。これには本当にびっくり。「何が起こったの?」単純に寝てしまってそのまま新宿に戻ってきたという事なのでしょうが、楽しかったのです。ワープする感覚はあれではないか、と。所要時間30分未満のワープ体験、テーマパークよりも面白かったです。

 

さて、話を元に戻しますね。

そんな私の1ハウスは、蠍座で始まりますが、すぐ射手座に移行しています。見た感じは蠍座っぽくて実は射手座っぽいのが自分なのかもしれません。

 

例えば食器。自分のお気に入りの物を普段使いで使う事が好きです。

それなのになぜあんなにたくさんお皿を割ってしまうのか?

手書きの絵皿をいったい何枚割ってきたことでしょう。数の単位は一桁では済みませんね、きっと。

そもそもこのなぜ?を解き明かしたかったのです。

蠍座の人ならば、自分の好きなものは絶対に大切に扱うと思うのです。私の場合はちょっとズレてる?と思い始めました。大好きな食器なのに扱い方がちょっと大雑把というか、手が滑るというか。。。そうなると、ちょっとおおらかで大雑把なところのある射手座らしさに近い気がします。

自分の好きなものを探し続けて、やっと見つけているのです。ちゃんと神経を使っているはずなのに、なぜかお皿は割れてしまう。。。

また、わりと道を聞かれることが多く、なぜあんなに道を聞かれるのか?      

私のアセンダントには海王星がちょこんと乗っています。その海王星が私と道を聞いてくる人との境界線をぼかしてくれて、道を聞きやすい人に思われるのかな?と今までは思っていました。

もしかするとそれだけではなく、私の中の隠れた射手座の雰囲気がフランクで話しかけやすかったりするのかな?と、思ったりもしています。

 

そして7ハウスは牡牛座で始まって、すぐに双子座に移行しています。友人達とは長くお付き合いを続ける方です。牡牛座ですから、自分から大切な人たちを手放したりしません。

ですが、実はフットワークが軽く、情報を集めるのが得意な双子座っぽいところもあるのかな?と、ちょっと検証してみますね。

お引越しの多い生活なので、新生活に伴って、まず調べるのはお医者さんはどこが良いのか?子供のお稽古はどの先生が良いのか?などの情報を人に聞いて集めることから始まります。このあたりは、少し双子座っぽいのかな?と思います。

お引越しによって、今までの友人達とも物理的にはなかなか会えなくなってしまいます。

基本的にじっくり長いお付き合いをするけれども、フレキシブルにその土地土地でお付き合いが展開されていく感じです。

 

また近々お引越しとなりそうです。今度はそれ程遠い場所ではないので、緩やかに今までどおりのお付き合いを続けていけそうです。

   

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM