サクサク土星を使いたい。

  • 2018.08.20 Monday
  • 13:21

 

 

みなさま、こんにちは。松宮有希です。

だいぶ朝晩涼しく感じられるようになってきましたね。

今回のテーマは土星を実感する時です。

 

土星は肉眼で見えるので古代から観測されていた惑星です。望遠鏡が発明されて、天王星が見つかるまでは土星が太陽系では一番遠い惑星として考えられていました。

古典的には、土星は火星と共にマレフィック(凶星)として考えられていました。

マレフィックという言葉から映画のマレフィセントが連想されてしまうので、やはりイメージはあまりよくありません。

 

占星術を知っている人達がざわつくサターンリターンの頃は、その言葉すら知らずに過ごしていたので実感することもなく終わりました。

 

土星は、意識して使った方が絶対にいいと思う天体です。

人生の最終着地点、ルール、責任、秩序等と言い表される土星ですが、簡単に言うと方向性を絞ってくれる上に、形にしてくれます。

それなのになぜか土星の苦手意識が抜けません。

普段から土星を使っているはずなのに、苦手だから困ります。

 

土星をうまく使いこなせる人になる。

これが私の課題ですね。

 

近い将来、実家近くに引っ越すことになるので、そこで人生の最終着地点の基盤も固めていくつもりです。跡取り娘として育てられたので、どうしても責任感が体に染みついてしまっています。

私の出生図で土星が4ハウスにある事を知った時「やっぱり。」と、土星を実感しました。

 

サクサクこの土星を使いこなしていきたいものです。

 

 

 

 

星空を眺めるひと時

  • 2018.08.13 Monday
  • 00:25

 

 

みなさま、こんにちは。松宮有希です。

 

夏本番ですね。今回のテーマは夏休みです。

夏はいつも特にどこに行くわけでもなく過ごしています。

 

でも、今年の夏は久しぶりにちょっと田舎の家に帰るので、ゆっくり夜空を見上げる時間を取りたいと思います。毎日のようにホロスコープばかり見ていますが、実際の星空はなかなかゆっくり見る余裕がありません。夜空を眺めればいいのにって思うのですが、東京の夜は明るくてなかなか星を見られないので残念です。

 

東京の夜空でも火星と金星は肉眼で見ることができます。今年は特に火星の大接近でその赤く光る存在感に圧倒されます。

今年の8月は金星、木星、土星、火星が集合して一度に見られるそうです。田舎は高い建物がないのできれいに見られそうです。土星と木星も見つけられると良いのですが。

 

星座も自分一人ではなかなかはっきり見分けられそうもありませんが、星座早見表を片手にやってみようと思います。

 

星座のストーリーも楽しみたいです。

星座のストーリーはギリシャ神話が絡んできます。

ギリシャ神話も一から本を読み直したい気分です。

 

やりたいことがたくさんあります。

読みたい本もたくさんあります。

 

ですが、この夏のひと時ばかりは、いつもの日常から少し離れてゆっくり星空を眺めてみたいです。

田舎で過ごしている短い間は是非お天気が良く、きれいな三日月と星がたくさん見られますように。

 

 

 

 

人生の流れとその時々

  • 2018.08.05 Sunday
  • 16:10

 

 

みなさま、こんにちは。松宮有希です。

毎日暑い日が続きますね。

今日のテーマは「命術と卜術について」です。

 

ついこの間までこのテーマの言葉さえ知らなかったのですから、人生何が起こるのかわからないものです。

 

人生の流れを命術で読み取って、細かい具体的な事はその時々に卜術が答えを出してくれる感じでしょうか。

 

ホロスコープを読み解いていく西洋占星術は、命術の一つです。

人が生まれた瞬間の空の様子を切り取ったホロスコープから、その人の人生が読み取れるなんて、本当にロマンチックだと思います。

 

今は簡単に生年月日を入力すればホロスコープチャートが出せる時代です。アプリで簡単に出ます。

手書きチャートでホロスコープを作っていた人の話を聞くと、「凄い!」と思います。

今は時代的に恵まれていますよね。

 

タロットは卜術の一つです。「絵」のカードなのでとっつきやすいところがあります。

今は基本のウエイト版で勉強中ですが、いずれ違うカードを使ってみたいですね。

古典的なものからモダンなものまで沢山のカードが出回っていて、「どれがいいかな?」と眺めている時間も楽しいものです。

 

「あの彼と付き合える?」「あの人からライン来る?」とかの質問は卜術が良いようです。

 

西洋占星術の中にはホラリー占星術という卜術もあります。

「なくなっちゃった指輪はどこにある?」の質問に「何日後にあっちの方角のこのあたりに出てきます。」という答えがチャートから導き出されます。

一つ一つ細かく見ていく作業は、やはり大変ですが面白いです。

 

いろいろな占いがある中で、今は西洋占星術とタロットにどっぷりつかっています。

まるで蠍座の深い深い水の中にいるようです。

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM