プロフェッショナルへの憧れ

  • 2018.10.12 Friday
  • 08:08

 

みなさま、こんにちは。

松宮有希です。

 

今回のテーマは「ふたりの先生について」です。

水曜トナカイの先生方は二人体制で、西洋占星術を向真希先生に、タロットを桜田ケイ先生に教わっています。

 

ふわっとした日常を送っていた私に、先生方はピリッとスパイシーな魔法のスパイスを振りかけて、占い師修行の道を歩ませてくださっています。勉強する時は、シャキッと身の引き締まる思いです。

とにかく「勉強したい」という私の意志を尊重してくださって、年齢や勉強年数に制限をかけずに受け入れてくださいました。これは、大変ありがたい事です。

 

先生方をスパイスで表現して良いものか戸惑いながらも、、、

向先生はブラックペッパー。食卓には欠かせないスパイスですよね。今ではたくさんの種類のスパイスが手に入りますが、ブラックペッパーは塩と同様になくてはならないものです。抗酸化作用がある事でも有名なスパイスです。先生の「きちんとチャートを読んでいく」というキリッとした基本を重視した御指導は、占星術師を目指す私の指針になっています。

 

桜田先生はターメリック。みなさまもお好きなカレーに欠かせないスパイスです。食用としてばかりではなく、着色料、染料、薬品にも使われるマジックのような存在です。先生もまさにマジシャンのようにカードを読み解いていかれます。

 

このブラックペッパーとターメリックは、セットで摂取するとターメリックの吸収率が上がり癌細胞も抑制してくれるのです。セットで摂取しないと意味がありません。

 

我が家ではこのブラックペッパーとターメリックは毎日の食事に取り入れています。

同じように占星術とタロットの課題にも毎日取り組んでおり、私の生活にはなくてはならない存在となっています。

 

占い師修行の道は長く厳しく続きます。

勉強が一生続くことは、受講してすぐに気が付きました。

私の最終目標とするイメージはお二人の先生方です。

 

プロフェッショナルな技術をきちんと教えてくださる正統派の先生方であり、

プロフェッショナルへの憧れを私に抱かせてくださった先生方でもあります。

 

 

 

小さな楽しみ

  • 2018.10.04 Thursday
  • 07:00

 

みなさま、こんにちは。松宮有希です。

 

講座が始まってもうそろそろ半年という節目が近づいてきています。こんなにバタバタと慌ただしく日常が過ぎゆくとは想像の範囲を超えていました。

 

今回のテーマは、「半年が過ぎました。もう一度自己紹介をします。」

ということで、私の日常をちょっとお話していきます。

 

受講前は、家族が最優先の生活をしていました。それでも好きなお稽古事は続けているので、自分の楽しみもちゃんとやっていました。私の金星はしっかり働いていたというわけですね。

お稽古事は食に関することが多く、お菓子や、お料理や、パンを習っています。

 

家事が好きなので、主婦は天職のように思っていましたが、何かの拍子で私に「占いを勉強したい」スイッチが入ってしまいました。今思えば、きっと火星の仕業かな?と思ったりします。

以前は、家にいる時は一日の大半をキッチンの立ち仕事で過ごしていました。今はダイニングテーブルに向かってPCとにらめっこしながら課題をこなす日常へと居場所も内容も様変わりしました。

課題に煮詰まると、キッチンで何かを作り始め気分転換をしたり、季節の食材や面白そうな食材を探しに街に出かけます。

小さな楽しみを見つけて過ごすことが喜びなので、旬の食材でよさそうなものに出会ったり見たこともない食材を見つけたりするとワクワクします。何を作ろうかな?どう調理しようかな?とあれこれ考えを巡らせることが好きです。

 

暑かった夏がようやく終わり、そろそろシュトレンの仕込みが始まります。

シュトレンは、ドライフルーツのラム酒漬けが入った日持ちのする菓子パンで、クリスマスの時期に作られます。今では街のパン屋さんやお菓子屋さんで気軽に手に入るようになりました。仕込みといってもドライフルーツの漬け込みなので簡単ですが、時間が経つ程いい感じに仕上がります。

シュトレンは焼きあがった後、澄ましバターに浸しリッチな仕上がりになります。日にちと共に熟成も進み味に変化が出てくるので、スライスして少しずつ頂きます。時間が経つにつれて味の変化も楽しめるものはなかなかないので、シュトレンの出回るクリスマスシーズンはとても楽しみです。

こういった小さな楽しみを見つけて毎日を過ごすようにしています。

アセンダントは蠍座

  • 2018.09.27 Thursday
  • 07:15

 

みなさま、こんにちは。松宮有希です。

今回のテーマは、「私のアセンダント」です。

 

私のアセンダントは蠍座です。

アセンダントは無意識にどんな風に存在しているか、なので普段は自覚していないんですよね。

 

アセンダント蠍座だと、髪も目も黒々していて相手の印象に強く残るインパクトを持つ人のような想像をするのですが、みなさまの周りのアセンダント蠍座の方々は、どんな雰囲気をお持ちでしょうか?

 

蠍座をちょっと考えてみますね。

言わずと知れた水サインの不動宮。ぐっと深い水の底まで沈んでいって、探しに探してやっと見つけた宝物をずっと大事に愛でるようなサイン。不動宮ですから、その気持ちがずっと続きます。光が届かない深い水の底を考えると、色で言うと漆黒のイメージでしょうか。

 

あんまり甘く可愛らしい雰囲気でもないと思います。

イメージされる色も、甘く柔らかいピンク色という感じではないでしょうね。

 

どちらかというとその反対で甘さをそぎ落としたような雰囲気を持つ感じ。シャープな感じ。人に頼らず自分でなんでもこなしてしまうような、人に甘えたりするの苦手で自分でやります、というような感じでしょうか。

 

「私はアセンダント蠍座だけど、違いますよ〜。」という方いらっしゃるかもしれませんね。

アセンダント蠍座の方がどんな雰囲気をお持ちなのか知りたいです。

 

私は、憧れのアセンダント天秤座生まれだったらどんなに良かったか、と思います。

エレガントで優雅で上品な雰囲気を身にまとっているのではないでしょうか?

「素敵だわ。」と思いつつ、また今日も無意識にアセンダント蠍座の雰囲気を身にまとって

過ごしていくのでしょうね。

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM