てんき・きしょう・おんど

  • 2018.12.06 Thursday
  • 21:55

 

 

こんばんは、現在お仕事をかねてミラノにおります。

 

体調がこのところ思わしくなかったので、キャンセルも考えたのですがとにもかくにも飛行機に乗り。

 

どうなることかと思いきや、なんとかたどり着きました。はじめはバルセロナに行っていたんですがそこでもほぼ寝込むという、これはこれでかなり贅沢な過ごし方なのでは!?と思えるような滞在です。

それでもいくつかは再訪。10年ほど前に頻繁に訪れていた時とはいろいろなものが変わっていて、なによりカタロニア語を目や耳にする機会が格段に増えて昨今の政治事情を少し考えさせられました。

 

 

今朝移動してきたミラノではアパートを借りることが出来たのでとりあえずゆっくしていたらがっつり眠り。。ブログの更新がすっかりおそくなってしまいました。ごめんなさい。もう少し綺麗な写真を次のブログでは貼れるといなーと思っております。

 

さて前置きが長くなりましたが、今日は「お天気の話」

 

占い的に言えば、マクロコスモスの運行その最たるものの一つがお天気、それとミクロコスモスたる自らが連関し照応している・・・なぁんてお話をするのもいいかもしれないな、とおもいつつ、睡眠を取り過ぎてほぼ頭の働いていないいまの自分ではなんともポヤポヤするばかり。

 

そこでとりあえず得意な話を、ということで「お天気」という言葉に関する豆知識をば。

 

英語の”Wheather”の語源、ご存じでしょうか?

語源というものには何段階もあるうえに実はもっとも古いものは正確にわかっているわけではないのですが、「嵐・暴風」という意味から来ているようです。動詞で使う場合は「切り抜ける」という意味もあるのですが、それはこのあたりの語源が強く影響しているようです。

 

さてもともと、たとえ日本語の「お天気」と「気候」のような差を表す言葉がwheatherとclimate。後者はギリシア語系の語源でクライマックスなどと同じ「かたむき」というところから来ています。

 

ウェザーが風で来ては去る変わりやすいものであるならば、クライメイトはもともともっている「かたむき」、つまり場面設定のようなもの。天気予報をウェザーリポートとはいってもクライメイトリポートとはいわない所以もこのあたりの意味合いが生きている、という側面もありそうです。

 

英語は面白い言葉で、ギリシア・ラテン語系の語源を持つ言葉は高級語(学術的だったり形式的だったり。)日常的に使用する語は古英語やゲルマン語系の言葉を利用する傾向にあります。

 

これは支配層がどのような言葉を話していたか、統治される側がどのような言葉をしゃべっていたか、「国語」というものを作り上げていくときにどういう理念や理想を抱きそれを反映させていったかなど様々な理由があるので調べてみると面白い、のですが・・・

 

単純に使う言葉として「クライメイト」など比較的1子音1母音対応のローマ字で書きやすい・読みやすい単語はラテン語系の由来、「ウェザー」などのローマ字では書きにくい・読みにくい単語はゲルマン語系の由来であることが多いなんてことも英語を学習していく上で役に立つ日が来るかも知れないしこないかも・・・しれません!

 

さてもうひとつお天気にかんする英単語”temperature”(温度)について。さてこれはゲルマン系かラテン語系が、どちらが語源でしょう(あ、もちろんそのほかの語源の言葉もありますし直接的にはフランス語から輸入したものもかなりあるのですがとりあえず)

 

テンペラチューレ、とまぁなんとなく読みやすいのではないでしょうか、正解はラテン語由来。そしてみなさん、ちょっと「あれ?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうです、実は節制、temperanceと同じ語源の言葉だったり。

 

 

 

元々の意味はラテン語の「混ぜ合わせる」「平衡化する」から。

 

熱平衡といいますか熱力学の法則なんかを思い出させる語源ですがこの意味で使われたのは17世紀後半からだそう。19世紀のマクスウェルの熱力学の整備以前から使われていたみたいで、経緯がちょっと気になりました。

 

節制の絵柄を見ていても、ほんとに二つの杯で水を混ぜ合わせているから語源、さすが侮れないなぁと。混ぜ合わせるがなぜ「節制」になったかというと、キケロがtemperantiaをギリシア語のsophrosyne(マイルド)を訳すときに当てたからだそう。混ぜ合わせることが例えば、強いアルコールに水を足して混ぜ合わせることが酒を「柔らかく」することだからこの訳語をあてたのではないかと。

 

そしてそこから、特に「マイルドにすること」が「マイルドにアルコールを摂取する」→「アルコールを控えること」の意味に特化して「節制する」につながり、現在アルコールに限らずの意味合いになったそうな。

 

お天気から節制にたどり着くとは、行き当たりばったりで書き始めた数分前には思いもしない三ヶ島でした。滞在中も節制カードが出ることしばしば・・・。

節制しながら仕事がんばりまーす!

 

 

火星・まきをくべる・もやす

  • 2018.11.28 Wednesday
  • 00:12

 

こんにちは、三ヶ島ルルです。

今回のテーマは「火星の使い方アドバイス」

 

火星はそもそもどんな働きをすると考えられているかというと、「自己という存在を社会や外に向かって打ち出す積極性」つまり「攻めの姿勢」「勇気」「怒り」「行動力」「攻撃性」「男性性」などと捉えられています。

 

何度かブログでも触れている惑星の年齢域は、太陽の次、36歳頃から45歳くらいまで。

 

「太陽」の年齢域で獲得した目的意識を、社会や対外的に主張していく役割を果たすのがこの火星で、ちょうど脂ののった働き盛りの年齢を担当していると考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。

 

さて、わざわざ「アドバイス」というテーマが設定されていることからもおわかりのことと思うのですが、この「火星」わたしたちの行動や対外的な主張を後押しする推進力のようなもの、つまりエネルギーの塊なので取り扱いが難しい場合もあるのです。

 

「火星」、火の星・・・ということで「火」を想像していただくとわかりやすいと思うのですが、暗がりを照らし体を温めてくれることもあれば、やけどをすることも町を焼き尽くすこともあります。

 

大きすぎれば制御しにくく、小さすぎれば役に立たない・・・というわけで取り扱いが難しい、ゆえに時には失敗しながら火星を燃やして、そのエネルギーを有効に転用していく術を学習していくことが求められるのです。

 

ということでその情熱、エネルギーをどのようなシチュエーションで発揮すると燃やしやすいのか、12ハウス別に簡単に書いてみました。

 

 

1ハウス:

無謀ともいえるような挑戦、「生きてる!!」ということを強く意識できるようなギリギリの状況、自分の強さを鍛えている状況

 

取り入れてみたら良さそうな習慣

ちょっとスリルのある一人でやるタイプのスポーツ、スカイダイビングとかバンジージャンプ、また自分にわざと負荷をかけて強くしていくようなタイプの筋トレなど

 

2ハウス:

自分の能力や持っている資質を使ってお金を稼ぐ、また稼ぐ必要があるような状況

 

取り入れてみたら良さそうな習慣

宵越しの銭は持たない生活、いつもニコニコ一括払い、彫金など

 

3ハウス:

言葉や情報を駆使して周囲や社会にスピーディに対応する必要のある状況、周囲の状況の移り変わりが激しく慌ただしいようなとき

 

取り入れたら良さそうな習慣

宣伝などなんらかの目的を持ったSNS活動(ブランドアンバサダーとか)、ディベートサークルに参加する、スピードを出せる乗り物を操縦するなど

 

4ハウス:

身近で愛着のある人たちを守ったりしようと戦っている状況

 

取り入れたら良さそうな習慣

ガーデニングや家庭菜園(害虫や天候から植物を守る)、地域の見回り活動や自警団などへの参加するなど

 

5ハウス:

派手に自分が輝いている状況、周囲の注目を一身に集めるような状況

 

取り入れたら良さそうな習慣

演劇ワークショップ、華やかでスリルのある一人でするタイプのスポーツ、プレゼンテーション技術を磨くなど

 

6ハウス:

社会の不正義などを是正したり改善したりしようとしている状況、有意義だと思える仕事をやり遂げ用としている状況

 

取り入れたら良さそうな習慣

労働問題や雇用問題などに積極的に取り組む、マッサージの技術などを磨く、ストレッチ、料理など

 

7ハウス:

ライバルと競い合いながらも協力している状況

 

取り入れたら良さそうな習慣

ペアスポーツ(テニスのダブルスとか競技ダンスとか)、パートナーの仕事を手伝ってみるなど

 

8ハウス:

感情的に相手や仕事と深くつながっている状況、のっぴきならない人間関係に巻き込まれている状況

 

取り入れた良さそうな習慣

オカルト的な知識の探求、心理学の勉強、不動産運用など

 

9ハウス:

自らの信念のために戦っている状況

 

取り入れたら良さそうな習慣

大学などが主催の社会人向け講座、政治活動、哲学・宗教的探求、旅行など

 

10ハウス:

自らの実力を社会に問うている状況、出世などの社会的な重要性を増やすこと目指した努力している状況

 

取り入れたら良さそうな習慣

自己の専門性を高めるような学習、趣味でもなんでも課題などを提出しそれが「評価」されるような形での習い事、資格試験

 

11ハウス:

志を同じくする友人たちと切磋琢磨しているとき、不平等さや理不尽さと戦っている状況

 

取り入れたら良さそうな習慣

チームスポーツ、賛同できるNPOやNGOの活動、中長期的に続くようなワークショップや講座など

 

12ハウス:

社会的に抑圧されたり無視されているような人々のために行動している状況

 

取り入れたら良さそうな習慣

ダンス、絵を描いたり楽器を弾く、小児病棟や心療内科などでのボランティアなど

 

 

ちなみにわたしの火星は2ハウスにあります。貯金があるとやる気がなくなってしまう気はだいぶ若い頃からあるので(ーするためにいくら貯める、など使うことを前提にした貯蓄ならできるんですが・・・)

いかに使うのか、なにに使いたいのかということを常に考えることがモチベーション維持に大事だったり。

 

もちろん、火星のサイン、ハウスのサイン、アスペクトなどによっても変わってきますので参考程度、おつまみ程度に楽しんでいただけたら幸いです!

 

わたし・あなた・わたし

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 00:23

 

今回のテーマは「わたしの1ハウスと7ハウス」

 

さてアセンダントからはじまる1ハウス、このハウスは「わたし」というもののはじまり。

そして地平線からはじまるこのわたしのはじまりは、2ハウス、3ハウスと続いて、内面的・個人的な成長をしていきます。そして7ハウスに至ってついに「他者」を発見いたします!

 

というと、なんだか哲学的で抽象的なお話に聞こえるやもしれませんが、1ー6ハウスで作り上げた自己を認識するために他者というまなざしが必要になる、客観的に自分を観ることを試みる・・・・それを助けてくれるのがこの7ハウス。

 

7ハウスはパートナーシップであるとか結婚を現すということも盛んに言われますがそれはごくごく一部で、このハウスの根本的な意味合いは「わたし」を認識するための「他者」、「わたし」と「あなた」という1対1の関係を表しています。

 

それは時にライバルでもあり、友でもあり、結婚相手でもあるかもしれない。仇かもしれないし恩人かもしれ無いのです!

 

7ハウス以降の舞台は、常に自分だけではなく様々な形の他者との関係性、社会、つながりと切り離せません。そんな戦場のような、お祭りのような場所に躍り出ていくための「他者の中での自分」をつくりあげていくフェーズ。

 

自己を規定し磨き上げてくれる鏡になり得る相手がどんな性質をもっているのか・・・それを教えてくれるのもこのハウスです。

 

と、こんなことを踏まえて改めてわたしのチャートを見てみると、1ハウスは射手座から始まり同サイン天王星と山羊座の海王星が入室。支配星の木星は3ハウスに。

7ハウスは双子座始まりで空っぽ。支配星の水星は9室にいて、上述の木星と180度。

 

射手座サインの色彩を帯びた「わたし」は山羊座や牡羊座を通って人格を整え、双子座から始まる7ハウスで「あなた」に出会う・・・!

 

7ハウスのカスプの支配星は水星。そしてその星は遠い文化や探求、抽象化された思考などを現す9ハウスに在室。

 

これは外国人など自分と文化的背景が遠い人とのご縁が多かったり、またその出会いが自らの精神的な成長に寄与しやすいという意味合いが。

 

翻ってたしかにわたしが遭遇したり一緒に過ごす「あなた」は外国人が多い。そして年齢が離れた人も多い。パーソナリティ的には好奇心旺盛で多芸多才、精神にしろ肉体にしろ忙しく常に動き回っている人ばかりでまさに双子座的。

 

物語を作る人、ジャーナリズムに関わる人、好奇心旺盛な人、ポリグロット、グーグルカレンダーが分単位で半年先までみっちりな人、どこにいてもジャグリングを始めちゃう人、おそらくこの世が終わるまで永遠に話していられる人、ムカデのごとくわらじを履いている人、とうに成人しているのに壮大な悪戯を仕掛ける人・・・

 

彼や彼女から受けた刺激(喜ばしいものも、その逆も!)はいつだって「わたし」の枠を崩して再編して押し広げてくれています。

 

いろんなものを、自分とは違う人やものを知りたい!世界を広げたい!!というような無意識的な「わたし」は、天王星のエキセントリックさと海王星のファンタジーも相まって、どこか自分とかけ離れている人、知らない世界の情報をたくさん持っている人に惹かれるような・・・?

 

 

と自分の経験や気づいていなかった好みなんかをホロスコープに照らし合わせて思い返すのはなんとも楽しいもの。あの人やあの人のホロスコープを知ることはもうできないけど、双子座要素がきっと強かったのだろうか、火星双子かしらそれとも・・・なぁんて想像するだけで矢のごとく時間は流れてしまいます。

 

じゃぁ、そんな出会いが浮き上がらせた「わたし」ってどんなものなんだろう。

 

1ハウスと7ハウスという話題だけに、こんなことにも思い至る訳で。しかして先に挙げた人々を思い返すと

 

「そういや他人からこんな風に言われたことあるなぁ」

 

なんてものもちらほら。あれまぁ、なんということかしら!正反対のはずなのになんか似てるぞ!?

 

この謎を解くべく三ヶ島はアマゾンの奥地へ飛ばずに改めて占星術の御本を開きました。

 

1ハウスのはじまりであるアセンダントは日の出を、7ハウスのはじまりであるディセンダント日の入りをそれぞれにあらわし、二つを結ぶと180度、水平線を描いている・・

西洋占星術において180度という角度は惑星同士のアスペクトの種類においても「メジャーアスペクト」に分類され、非常に重要な角度・・・

 

オポジションは、相補的、緊張や拡大を意味し、このアスペクトがありますと「外に表現すること」が容易になる、どころかせずにはいられなくなる傾向もあるそうな。

 

ふむふむ。180度という角度が「表現」「外に向かって出す」ということをなぜ意味するのか、なんとなく正反対の方向に綱引きするから外側に向かって飛び出しやすい、くらいに思っていたけど、つまり向かい合うサインというのは、同じ地面に立っているけど「わたしは東へ、あなたは西へ」と歩いて行くようなものなのかも!

 

そしてホロスコープが本来的に球を円に写し取った地図であるからには、東へ進んだあなたと、西へ進んだわたしは結局どこかでまた行き逢うさだめ。

 

似ているからこそ「あなた」と「わたし」の差がわかり、比較も出来る。自分を知れる。

地面を共有しているからこそ、素直なあり方の部分で「わかるところ」と「わからないところ」が鮮明になるし「表現して理解してもらえる安心感があるがゆえに外に表明しやすい」「自分というものと比較できる共通性を持つ対象を得ることで、自らを規定することが出来る。であるからこそ、外に表現するべきものを見いだすことが出来る」のでは・・・!?浪漫が高まってきましたぞ・・・!!!!

 

 

なぁんて日常から遊離した青写真を描き、さらにどんどんと膨らんでいってしまうあたり、射手座サインの面目躍如、「拡大」を大きな象意として持つ木星を支配星にするだけあるなというところでしょうか。1ハウスルーラーと7ハウスルーラーが3ハウスと9ハウスで180度・・・こんなあたりもよく出ている、気がいたします。

 

 

・・・あぁ双子座から始まるホロスコープを持っている人と話し合いたい・・・!!あなたはここからどんなお話を聞かせてくれるのだろう!?次に双子座サインを感じる人に出会ったら、話してみよう、いやむしろこれから電話しよう・・・!!!

 

 

今はスカイプやらラインやらあるので思い立ったらすぐ飛び出せるのが、とてもうれしい三ヶ島ルルでした。いってきます・・・!!!

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM