タロット・まわるまわるよ運命の輪 

  • 2018.06.15 Friday
  • 23:29

 

こんばんは、古峰です。今回のテーマは、好きなタロットカード。
すぐに思い浮かぶものはなかったので、22枚のカードを1枚ずつ眺めてみました。

 

すると他のカードとは違い、明らかに異彩を放っているように思える、理屈ではなく何故だか心惹かれる、いつまでも魅入ってしまう、そんな1枚と出会いました。
どうやら、私の好きなカードは「運命の輪」のようです。

 

一体、何が私をこんなにも引きつけるのか。
……数日かけて考えたところ、おそらくは名前や絵柄が、私の「内面の象徴」になっているからだろう、と思います。未だ形を成していない、心の底にある靄(もや)が、目の前に色彩を持って立ち現れてきてくれた。この事実が私を強く引きつけるのだろう、と。

 

今宵はそんな結論に至るまでの、とりとめもない思索の足跡を、綴っていこうと思います。

 

 

 

* * *

 

「私の人生は、私が主役の1冊の本。
 この世を去ったあとに、ポンっと手渡されて、
 空の上で、の〜んびりとそれを読み返すんだ。
 こんなことあったなあ、なんて。懐かしく、愛おしく思いながら」

 

思えば中学生のころ、そんなことを妄想していた。
カードに描かれている雲の上で書物を読む四隅のモチーフは、その情景そのものに見える。

 

* * *

 

高校時代、倫理の用語辞典で知ったニーチェの「運命愛」という言葉に衝撃を受けた。
この身に起こる全てをあるがままに受け入れ、「これが運命か、さらばもう一度!」と叫べるほどに、人生を肯定する姿勢のことを指すという。
なんて力強い思想なんだろう、と感銘を受けるとともに、とても好ましいものに思ったものだ。

 

* * *

 

つい先日、現在を表す位置にこのカードが逆位置で登場した。
ああ、まさにその通り。度重なるトラブルに為す術もなく、弱い私は立ち上がることすらままならない。
そう、どんなに綺麗事を言ったって、運命に翻弄されるのは辛く、苦しい。
突如として扇風機に髪が絡みとられてしまうかのように、混乱のなか、叫ぶのみだ。
そんな渦中の人に「この今にも意味がある」なんて、どうして口にできようか。

 

それでも、声に出すと言うならば。
強く在るしかない。まわり続ける輪のなかで、生きていく、その果てに。

 

* * *

 

 

 

お付き合い頂き、ありがとうございました!
自分の中の「なんで私はこれが好きなんだろう?」を掘り下げていくと、思わぬ発見があったりするので、楽しいな〜と思います。

 

雨模様の日は、お部屋のなかでゆったり自分と対話するのも良いかもしれません。
どうぞ、良い休日をお過ごし下さい。

 

この向きで見るのが特に好きです。オレンジの子がバランスボールに寄りかかってるみたいで可愛い!(笑)
 

古峰みさとです。初めまして!

  • 2018.06.07 Thursday
  • 21:42

 

初めまして、古峰みさとです。
自己紹介として、占いに出会う前と後の、before/afterをお話します。

 

 

数年前まで、私の世界は灰色でした。

 

生きている意味がわからない。毎日が辛い。趣味だって、この苦しみから目を逸らすためのなぐさめに過ぎないし。職歴の行数が増えるばかりの履歴書。あーあ、私の人生、もう終わったな。残りの人生、80歳まで生きるとして、あと何日やり過ごせばいいんだろ。365日×55年=……

 

と電卓を弾いて、途方に暮れたことをよく覚えています。そんな考え方しかできない自分が大嫌いで、こんな状況に陥る羽目になった過去を心底憎んでいました。

 

 

そして占いと出会い、ときは流れ、どうなったかというと。

 

今までこんなふうに歩んできた私だからこそ、私にしか、できないことがきっとある。それが何か見つけたいし、そのために私は生きたい。楽しみたい。このいのちを燃やしたい。だれひとり同じ人はいない。私だけが持つこのユニークさには、意味がある。もちろん、あなたにも。

 

そんなふうに思うようになりました。

もちろん悩みは尽きません。苦しいこともたくさんで、つい一昨日もわんわん泣いたばかりです。でも、それら全部ひっくるめてMy Lifeだと思えるし、自分の人生の舵を自ら取っている! という心の高鳴りがあるのです。

 

占いは魔法ではありません。万人に効く特効薬でもない、かもしれません。
でも、私にとっては、占い、特に占星術の世界観のなかで生きることは救いになったし、今ではとても頼りになる道標です。

 

 

 

古峰という名前は、イタリア語で雷をあらわす”fulmine(フルミネ)”から取りました。私の太陽星座である牡羊座が持つ、火花がほとばしるようなエネルギー。それを発揮して、心の奥底で眠っているモノに「火をともす」ことができる占い師になれるよう、学びと実践を繰り返していきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

(……初回から、こんなギリギリの投稿になってしまいました。やっぱり家に帰るとダラダラしちゃうから、仕事帰りにカフェに行って作業や課題をやるのが吉! というのが今日の学び、でした〜)
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM