太陽と月とともに

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 00:00

 

12月に入っても暖かい日が続いていましたが

ようやく冬らしい寒さになってきましたね。

島森あおいです。

今回のテーマは「私の太陽と月」です。

 

 

ご自身の「太陽サイン」「月サイン」をご存知でしょうか。

雑誌などの12星座うらないで「あなたの星座は〇〇座です」と言われているのが

太陽サインです。

太陽は、その人の人生のテーマであり、目指していく姿。

月はその人の私生活であり、素顔の自分自身です。

 

 

 

 

私は蠍座の太陽、射手座の月。

 

私の射手座月の空想癖は、止まりません。

ひとりでいると私は無防備に、月を全開にしていることがあるようです。

道を歩いていても心ここにあらず、意識はかなたの空想(妄想)の世界へ。

そうやってぼんやりと空(宙)を見上げながらフワフワと歩くのが、

私にとって一番リラックスできる時間です。

 

そんな風に歩いていると「時間に余裕のある人」に見えるのでしょうか。

都心ではたびたび、見知らぬ人から声をかけられます。

(都会の人は皆足早に歩き、どこかへと急いでいますからね…)

たいていは何かのセールスやアンケート依頼などですが

時には道をたずねられることもあって、あわてます。

ハッと我にかえり、全開になっていた「射手座の月」をしまいこみます。

そして必死になって脳内を妄想から現実へきりかえ、

冷静でしっかりと観察力のある「蠍座の太陽」の顔になって、道案内をします。

 

 

蠍座は、相手に深く共感し関係を深めていきます。

一度心を決めたら、あきらめない粘り強さと継続力を持って探求していきます。

占星術を学んでいると、あらためて蠍座にとって他者の存在は

とても重要なのだと感じます。

他者がいてこそ、自分自身が変われる。

自分ひとりでは、まったくちがう新しい自分にはなれません。

人と深く関わることで、自分にはないものを相手からもらい、こちらからも差し出す。

仕事、家族、友情、恋愛や結婚…

それは相手と、おたがいの命を交換するようなことなのかもしれません。

 

 

おおらかな射手座の月も、他者と深く関わる蠍座の太陽もどちらも私。

太陽と月とともに、この人生を生きぬきたいと思います。

 

島森あおい

 

 

 

雨に唄えば

  • 2018.12.04 Tuesday
  • 00:00

 

師走になりました。2018年最後の月ですね。

島森あおいです。

今回のテーマは「お天気の話」です。

 

アリエスさくらさんの「ホロスコープとタロットで人生の天気図を読み解きます」

とてもわかりやすく書かれていて、うなずきながら読みました。

人が生まれた瞬間のホロスコープチャートは、「その人だけの天気図」であり

向先生がいつもおっしゃる「世界にたった一つのあなただけのホロスコープ」なのですね。

 

 

 

 

西洋占星術には「火・地・風・水」という四元素があります。

「火」は雷や炎など

「地」は山や大地など

「風」は季節の風など

「水」は湖や雨など

(*参考図書 「改訂版 しあわせ占星術」まついなつき著

毎日のお天気のようです。

 

ホロスコープの中の10の天体(太陽・月・水星など)が

四元素のうちのどこにあるかは、人それぞれです。

「火」を多く持っている人もいれば

ひとつも持っていない元素があったり。

四元素バランスよく持っている人もいます。

(四元素全てを持っていても、そのなかでの偏りもあります)

晴れの日もよし。曇りの日も、雨や雪の日もまたよし。

どちらの方がいい、悪いというものではないのですよね。

 

 

私は生まれもったホロスコープにある天体のうち

個人天体に「水」と「火」の元素が多めなので

ゆらゆらと燃えさかる炎と、ポツポツと雫が落ちていたかと思えば

激流が押し寄せたり・・・という天気図が

なじみある心の日常風景です。

(地と風も持っていますがそれはここぞというときに発揮)

日常的に「私」として実感することが多いのは「火」と「水」です。

そのせいか、「地」のどっしりとしたゆるぎなさや

「風」の軽やかさ、視野の広さにあこがれます。

南国の人が北国にあこがれるようなものでしょうか。

 

 

ご自身の生まれ持った天気図(ホロスコープチャート)を知ると

ご自分の優れたところも、例えばここは気をつけたほうがいいかもしれない

という性質もわかります。

そして、天気予報(トランシットチャート)を見ることで

ご自身にこれからやってくる空模様を確認できます。

 

雨が降るなら傘を持って、

日差しが強くなりそうなら帽子をかぶって出かけましょうか。

嵐の前には備えもわすれずに。

もし雨にぬれても、着替えたり乾かしたりすれば大丈夫。

ひと休みするもよし、雨のなかをふたたび歩き出すこともよし。

あなたらしく、歩き出せますように。

 

 

島森あおい

 

 

火星にスイッチが入るとき

  • 2018.11.26 Monday
  • 00:00

 

島森あおいです。

今年は三の酉まであると桜田ケイ先生からうかがって

酉の市へ見学に出かけました。

私は買わなかったのですが、お客さんが熊手を買うと

お店の人が威勢のいいかけ声をかけてくれます。

師走気分が盛り上がりました。

 

今回のテーマは、「火星の使い方アドバイス」です。

 

 

 

 

火星は闘争心やものごとを押し出す力です。

人にとっての「やる気スイッチ」でもあります。

どんなきっかけでスイッチが入るのでしょうか。

 

私の火星は牡牛座にあります。

私のやる気スイッチは「五感を満たすこと、自分が心地よいと思うこと」。

こんなときにスイッチを稼働させます。

 

・「美味しいものを食べたいなあ」→食事を作るのをがんばる

  (外食するなら、美味しいお店をさがすことに注力!)

・「心地よい布団に眠りたいなあ」

      →洗いたてのシーツで眠れるよう、寝具を洗濯し布団を干す

・「できるだけ清潔な部屋で過ごしたいな」→簡単にできる掃除だけでもがんばる

・「好きなものを買ったり、美味しいものを食べたりしたい」

  →仕事で収入を得る(仕事へのモチベーション!)

 

ときには疲れていてスイッチが入らない日もありますが

心地よい生活や五感を満たしたい思いは、私のやる気を駆りたてます。

 

みなさんはどんな状況のときにスイッチが入るのでしょう。

12サインごとの「火星スイッチ」をひとことにしてみました。

(火星サインのところを読んでください)

 

牡羊座 新しくスタートすること

牡牛座 自分の五感を満たすこと

双子座 知的好奇心を触発すること

蟹座  仲間や親しい人と感情をともにすること

獅子座 自分の楽しさを表現すること

乙女座 相手の要望に確実に応えていくこと

天秤座 様々な人と交流すること

蠍座  人やものごとと深くつきあうこと

射手座 知識を得たり哲学的な議論をすること

山羊座 社会で認められる成果を出すこと

水瓶座 誰もが平等で自由であること

魚座  人の心の奥深い世界にふれること

 

「やる気が出ないな」というときに、よろしかったら試してみてください。

ぜひご自分の火星サインを確認して、火星を活用してくださいね。

 

島森あおい

 

*参考図書

「改訂版 しあわせ占星術」まついなつき 著 松村潔 監修

(KADOKAWA・メディアファクトリー)

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM