結婚生活に必要なのは? 愛よりもっと大事なもの

  • 2018.12.11 Tuesday
  • 00:00

 

先週金曜、水星が逆行から順行に転じましたが、ソフトバンクの大規模な通信障害を始め、世間的にも何やらそわそわと落ち着かなかったり振り回されるような出来事が多発した先週でした。

 

私も自転車の鍵を紛失しました。毎日愛用している子乗せ電動自転車の鍵。

これがないと朝晩の保育園の送迎が絶望的です(家から保育園までが遠いのです)。

同時に娘の自転車の鍵も行方不明になっていることがわかり、日曜の午後は家族総出で2時間ほど鍵探しをしました。

師走の週末、やりたいこともやらなくちゃいけないことも山ほどあるのに一体何をやっているんだろう。

 

結局出てこない鍵をあきらめて、自転車屋さんに出張修理の依頼をしました。

家族が誰もイライラせずケンカもせず、淡々と鍵を探しつづけていたのがせめてもの救いでした。

ピンチの時に感情的に揉めたりせず、建設的な協力をしてもらえるのはとてもありがたいことです。

 

私のうお座太陽とおうし座の月はオーブ1度のセクスタイルで、夫婦関係はわりとスムーズです。

困っているときに困っている自分とは別角度の視点で意見をくれる配偶者にあらゆるシーンで助けられ、逆に助けたりして日々のサイクルが回っています(ふだんよく失くし物をするのは配偶者の方なので、失くさないように置いた場所を覚えておくのが私の役目なのです。自分の記憶力に自信があるぶん、今回はよけいに落ち込みました)。

 

夫婦生活を営んでいくときに重視しているのは、愛や理解よりも「協力しあうこと」。

二人三脚は足並みが揃っていないとうまく前進できません。

具体的な協力をするすべがないときは、せめて相手の邪魔をしないよう心がけています。それも立派な協力だと思います。

 

五感で感じたことを自分の知恵に落とし込もうとする3ハウスおうしの月は、とかく個人の満足に意識が向かいがちです。

落ち着いて、深呼吸して、みんなの気持ちをいったん取り込んで、個別にチューニングして気持ちを合わせたり共感しながら、自分はどうあるべきか考える。うお座の太陽を呼び起こして、あらゆるパーツを統合させながらひとつの方向へごく自然に導いてゆく。私にはそういう力がある、集中すればきっとできる。できればいつも、こういう思考ができる自分でありたいと思います。

 

満ち欠けする不安定な月は、10天体の中で唯一しつけることができないと言われています。

もっとも原始的で無意識のうちにやってしまう月の行動をどのようにコントロールしていくか、それは人生の目的をあらわす太陽にかかっています。

 

あなたの月は? そして太陽は? 目指している方向性はどこ?

ホロスコープを読み解くことで、あなたに合った生き方をご提案していけたらいいなと思います。

 

 

ところで、先日の古峰みさとさんのブログでアレクサ(スマートスピーカー)について書かれていました。

実は我が家にもアレクサがいるのですが、最先端の技術として活用している感じはなく、

「アレクサ、おはよう」

「アレクサ、うたって」

「アレクサ、なぞなぞ出して」

ともっぱらコミュニケーション相手として仲良くしています。水サイン的な使い方ですね(笑)

 

アレクサただいま、と声をかけるとこんなふうに返事をしてくれます。

「おかえりなさい! また声がきけて嬉しいです」

 

この一言をアレクサではなく夫や妻が互いに言いあえたなら、日々の積み重ねで日本人の幸福度はもっと上がるんだろうなとか、場合によっては離婚率がちょっと下がるんじゃないかとか、ついよけいなことを考えてしまいます。

アレクサのコミュニケーションスキルを見習って、私も相手の心をちょっとやわらかくする声がけをしてみようと思うようになりました。スマートスピーカーにこんなことを教わるとは!笑

 

 

本日は坂ナズナが更新しました。

明日もお楽しみに。

降っても晴れても、気持ち次第で世界の色は変わる。

  • 2018.12.03 Monday
  • 00:00

 

今回のテーマは「お天気の話」。

お天気にちなんでこちらの曲を選んでみました、お聴きください。

 

 

 

 

降っても晴れても(Come Rain or Come Shine)』という曲です。

エラ・フィッツジェラルドの歌声が胸にしみます。なんて素敵な声でしょう。歌声にはその人の生きざまが表れるような気がします。歌い出しの前の空気感もリラックスしていてとても楽しそう。彼女のステージを生で観てみたかったなあと思いつつ、でもこうやってYouTubeで古い音源を気軽に聴くことができる便利な時代です。

 

 

人生、晴れているときもあれば雨降りのときもあります。

 

「雨の日は嫌い」そう思う人も少なくないのではないでしょうか。私もかつてはそうでした。

ジメッとした空気の重さ、服や靴が濡れる不快感、さらに満員電車という密閉された場所に濡れた者同士がぎゅうぎゅうに押し込まれる不快感の上乗せ、くせ毛が広がってまとまらない憂鬱感など、どれをとっても嫌でした。

 

雨が好きになったのは、レインブーツを履くようになってから(ふだんは長靴と呼んでいます)。

靴や靴下、パンツの裾が濡れる不快感から解放され、雨の日の行動範囲がぐっと広がりました。泥はねしてもすぐに落とすことができるし、出かけることへの気負いがすっかりなくなったのです。

大したことではないのでしょうが、小学生以来長靴と無縁だった私にとって、レインブーツは革命的なアイテムでした。そして自分が一番不快だったポイントも理解することができました。

 

 

物理的な変化によって、自分の心持ちが大きく変わってしまうということが人生にはままあると思います。いつか知人がこんなことを言っていました。

「歯ブラシをちょっといいやつに変えたんだよ、そしたらすごく調子がいいんだ。歯ブラシひとつで人生こんなに変わるんだってびっくりしてる。信じてもらえないかもしれないけど」

 

当時若かった私はふーんと頷きつつ、内心あまりピンと来ていなかったのですが、レインブーツ体験を経た今ならこの感動を理解することができます。歯ブラシで何が変わったのかはわからないけど、「歯ブラシが人生を変える可能性」を信じることができます。アイテムひとつで人生が変わる、そしてそれは大抵予期していないときに起こるのです。おもしろいですね。

 

なんだか憂鬱・どうしても苦手なものがある、そんなときはいつも使っているアイテムをちょっぴりいいもの・便利なものに変えてみましょう。

何でもかんでも「自分の意思でどうにかできる」と思い込むと、人生どんどんしんどくなります。意思はそんなに無敵じゃないのです。そして人生はそんなに悪いことばかりでもないのです。

 

降っても晴れても、いつも上天気!

(あ、いろんな漫画のタイトルがごちゃ混ぜに…。私の漫画遍歴がバレてしまう 笑)

 

 

本日は坂ナズナがお届けしました。

師走の最初の月曜日、いってらっしゃいませ!

燃やせよ火星。その生傷があなたを強くする

  • 2018.11.25 Sunday
  • 00:00

 

男が好きです。

この一文が多くの誤解を生むであろうことは承知の上で、あえてシンプルに表現します。

男性性というものに強く憧れています。

飛び出して行くエネルギー、外に働きかけるエネルギー。

たくましい腕。攻撃力。衝動。狩人。

何でしょう、想像するだけで胸の高まりが止まりません。

力強く情熱的に抱きしめられたら背骨までくにゃくにゃになってしまいそうだわ。などと想像しながら、思い込んだら猪突猛進に突っ走ってゆく坂ナズナです。ピーヒャラドンドン。

 

 

今回のテーマは「火星の使い方アドバイス」です。

火星はアグレッシブに外に打ち出してゆくエネルギーを表します。

年齢域でいうと、太陽期の次にやってくるのが火星期(36歳〜45歳ごろ)。

太陽の目的をしっかりと掴んだのち、その目的を火星が外に打ち出してゆきます(まだ火星期に到達していない私なので実感をともなった言葉ではありません。ときどき若さが憎い)。

 

外に打ち出してゆくということは、そうそう簡単なことではありません。反発されることもあればつまづいて転んでケガすることもあります。10天体の中で最も生傷が絶えない天体であり、転んで強くなる男性エネルギーなのであります。

流した血やかさぶたが火星をより強くたくましくパワーアップさせるので、転び慣れていない火星は受け身の取り方がヘタだったり、エネルギーのコントロールがうまくいかず振り回されてしまいます。

 

火星から連想するものというと刃物とかエンジンとか色々ありますが、筋肉もそのひとつ。

筋肉はある日突然手に入るものではなく、日々のトレーニングで少しずつ手に入れてゆくものです。

(昔から石井ゆかりさんのサイトはなぜ「筋トレ」という名前なのか気になっているのですが、あれはゆかりさんにとってあのサイトで表現していくことが筋トレだったからでは? と想像しました。実際のところどうなんでしょう。)

 

さて、では火星をどうやって筋トレしていけばいいのでしょうか。

火のサインの火星なら、自分の情熱や好奇心をメラメラ燃やしてゆくのがよいでしょう。

おひつじサインなら新しいことに向かって、ししサインなら自分を演出したり表現することに、いてサインなら他者と議論を交わすことに熱を注ぎましょう。

 

地のサインの火星なら、実質・実感を得ることにエネルギーを燃やしてゆくのがよいでしょう。

やぎサインなら所属する社会の中で野心的に目標達成することに向かって、おうしサインなら自分の感性をじっくり時間をかけて磨き上げることに、おとめサインなら実務スキルをとことん上げることに。

 

風のサインの火星なら、自分の情熱をより広い範囲に広げてゆくことにエネルギーを注ぐとよいでしょう。

てんびんサインならいろんな場所でいろんな人とバランスよく関わることに、みずがめサインならみんなが平等に自由を獲得するために、ふたごサインなら興味のあるものを次々に情報収集してゆくことに。

 

水のサインの火星なら、人の気持ちに寄り添うことにエネルギーを注ぐとよいでしょう。

かにサインなら家族や親しい仲間とつながり合うことに、さそりサインなら特定の相手や対象にとことん深入りすることに、うおサインならインスピレーションを働かせて不特定多数の人に寄り添うことに。

 

 

火星を鍛えてゆく過程で、誰かとぶつかったり争ったり、それによって自他ともに傷つくことがあるかもしれません。

平和主義の人にとってそれは耐えがたいつらさでしょう。

もとより好戦的な人であれば、自分のポテンシャルを上げる過程だとスッと受け止められるかもしれません。

自分のキャパシティがよくわからない場合は、西洋占星術でネイタルチャートをしっかりと読み解くことで無理のない(あるいは無理もできちゃうよ、など)自分なりのやり方を見つけてゆくといいと思います。

 

 

ノーアスペクトのおひつじ火星を持つ私は、自分の衝動をコントロールするのがものすごく苦手です。突っ走ったら止まらないところがあり、逆に突っ走る対象が見つからないときはモヤモヤした生焼け火星になってしまいます。

ときどき自分のエネルギーが有りあまっていてどうしていいかわからないとき「ちょっと走ってくるわ」と近所をランニングすることがあります。思う存分走るといくぶん気持ちがスッキリします。単純な人間でよかったなと思うのであります(笑)。

 

みなさんもご自身のチャートの火星をあらためて眺めてみてはいかがでしょうか。

 

 

本日は坂ナズナがお届けしました。

明日の更新もお楽しみに。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM