すべてのありふれた甘味

  • 2019.02.16 Saturday
  • 00:00

 

人の味覚ほどあてにならないものはない。

同じものを食べても、その日の体調や気持ち次第で味が全然違ったりするのだから。

あるときは美味しいと感じるものが、別の日にはイマイチだったり、味が強すぎるとか、逆に味がぼんやり遠くの方に感じられるとか。そんな誤差はアタリマエに起こる。強いストレスを抱えているときに何を食べても味なんかよくわからない。たしかなようでいてとてつもなく不完全な機能だ、味覚って。

 

西洋占星術では味覚を含む五感と結びつきが強いのがおうしサイン。

五感が発達しやすいとか、五感のすべてを使って〜、など、天体によって表現は異なるけど、うっかりこのような言い回しをしてしまう。しかし、果たしてそれは本当にそうなのか。

 

おうしサインに月と金星を持つ私は、自分の五感がすぐれているとはまったく思っていない。

むしろイマイチ信用できないからこそ、毎度毎度信じられないほど真剣に、自分の身体でたしかめようとしてしまう。以前の私が感じたことは真実ではないかもしれない、今日いまの私が「感じたい」「味わいたい」。

身体をもてあそぶことはとても楽しい。生きてる、と強く感じる。

味覚もそのひとつ。とても重要なひとつ。

 

 

昨日、本業でとてつもない数のスイーツを食べた。年に一度やってくる「ひたすら試食の日」である。チーズケーキ(ふわふわ/どっしり/変わり種)、アイス、生チョコ、プリン、マフィン、ゼリー。

一見楽しそうに見えて、なかなかの体力作業。不確かな自分の味覚と他者の味覚を互いに信頼しながら、感想を言語化していく集中力のいる作業。

ちょっと味見してあとは残せばいいのに、もったいないので極力完食してしまう律儀な自分。

そして、もう甘いものは当分結構です、と思った次の日に普通にカップケーキにかぶりついていたりするのだから恐ろしい。

 

スイーツだけが甘いものとは限らない。

心にうっとり甘い心地よさを与えるもの、それこそが甘味。

辛い食べ物にしびれたり、悲劇の物語に浸ったり、皮肉と愛に満ちた曲に酔いしれたり。

そういった甘いひととき、あなたにもありますか。

甘味よりも甘美、それが今の私です(ただの食べすぎ)。

 

本日は坂ナズナが更新しました。

次回もお楽しみに。

 

良い天体/悪い天体はない!(キッパリ)

  • 2019.02.09 Saturday
  • 00:00

 

こんばんは、坂ナズナです。

今回のブログテーマは「あらためて自分のチャートを見てみる」。

 

自分の出生チャートを初めて見たときのことを、ときどき思い出します。

丸い円のなかに見たことのない記号がたくさん並んで、

なんじゃこりゃー⁈ と頭の中は?マークでいっぱいでした。

 

自分を形づくっているのは単一の「太陽うお座」ではなく、10個の天体が様々な場所でさまざまな関係を持ちながら複合的に出来上がっているのだと知り、これはおもしろい! と思いました。

 

私は金太郎飴みたいにいつも同じではない。

接する相手やシーンによって、さまざまな「私」を使い分けている。

それも、ごく当たり前のように。

それが立証されたような気がして、ぜひこのチャートを読んでもっと自分を深く理解したいと強く思いました。

 

あれから何百回と自分のチャートを眺めては、こうかしら? こういうこと? とさまざまな読み方をしたりして悩み考え続けています。

もっと理解を深めたい、全部知りたい!と思う一方で、そんな簡単にすべてが分かってしまったらおもしろくないよなーとも思います。

一生をかけて、私が生まれた瞬間のチャートをスルメのように味わっていきたいな、と。

 

 

10天体にはそれぞれ個性がありますが、どれが良い/悪いはありません。

良いところもあれば悪いところもある。表裏一体です。

 

たとえば、私の月サインはおうし座です。

頑固で融通がきかず、急な状況の変化に無意識のうちに拒否反応を示してしまったりして、内面の素顔を持てあますことがたびたびあります。

ですが、自分の安心が確保されている状態であれば、衣食住/家事育児をどっしり安定してまわしていくことができる良い面もあります。

 

うお座の水星も、規則だった思考の整理が苦手だけれども、言語以外の情報(他者の言葉にこめられた気持ちなど)を読み取るのは得意です。

おひつじ座の火星も、すぐカッとなって攻撃的な性分ではあるけれど、裏を返せば情熱的でパワフルで誰かに遠慮したりしない勇敢さがあります。

 

↑上記は自分の中で苦手意識が強かった天体についてピックアップしました。

 

西洋占星術を通じて、自分という存在の理解を深め、それと同時に他者の多面性についても同じように理解と尊重をしていけたら、人生はもっと実り多きものになる。私はそう信じています。

 

 

坂ナズナ

タロットカードをもっと楽しく。

  • 2019.02.02 Saturday
  • 00:00

 

 

いやいやいや、真面目か!

 

 

思わず自分でツッコんでしまいました(笑)

 

こんばんは、坂ナズナです。

今回のテーマは「改めて、好きなタロットカード」。

 

自らの腕を磨くべくコツコツ修行に取り組むペンタクルの8、すごく好きです。

邪念も雑念もなくひたすら真剣に取り組んでいる様子がいいですね。

なかなかこう、この絵のように集中力が高まった状態を保ち続けるのは難しいのですが。

 

真面目という言葉は、ポジティブよりネガティブな印象の方が強いかもしれません。

(向先生もこちらのブログで書かれています)

でも、要領悪いところがまた愛しかったりするのです。悪いことばかりではありません。

 

 

昨年6月に書いた「好きなタロットカード」のブログでは、大アルカナの魔術師を選出しました。

もちろん、今でも魔術師は大好きです。

何かを創造する人生でありたいと思っています。

(↑こういう小ネタを考えているときが楽しいです)

 

この水トナ講座が始まってから、毎日タロットカードの1枚引きをしています。

おかげで、たくさんのカードに出会いながら日々を過ごしてきました。

 

小アルカナはスート全体でひとつの物語のようになっているので、現実の自分を重ね合わせて、ああ今自分はこの過程にいるのかな、じゃあ次はここへ向かうのかな。などと考えたりしています。

細部を楽しむことでストーリーの味わいが増すのです。

大きな意味を持つ大アルカナとはまた違った楽しみ方ができるのがいいですね。

 

 

話は変わりますが、先日、青い鳥のタロットを購入しました。

デザインがとても綺麗で、どうしても実物をこの目で見てみたくて。

ブログ掲載について川口忠彦さんにご快諾いただきましたので、写真を載せます!

 

 

デザインが本当に美しくて、見とれてしまいます。

そして、伝統的なモチーフがきちんと描かれているところがすごくいいなぁと思いました。

 

何よりいいなと思ったのが、裏面が可愛いんです。

 

 

シャッフルしている間、青い鳥がずーっとパタパタはばたいているんです。

なんだか幸せがやってきそう。明るい気持ちで占えるタロットっていいなと思いました。

 

タロット占いをするとき、裏面を眺めている時間ってけっこう長いです。

裏面のデザインが気に入らないとどうもテンションが上がらないので、自分好みのデザインを選ぶことはモチベーションを保つ上で重要だと思います。

 

青い鳥のタロットは大アルカナ22枚のみなので、ここぞという時に使いたいなーとワクワクしております!

 

私の一番のお気に入りカードは、星です。

 

 

裸のカードに親近感を覚えるのは、私がいつも包み隠さず裸の気持ちでタロットに向き合っているからかもしれません。

美しい女性はもちろん、背景のピンク色がすごく好きです。

 

みなさんもおすすめのタロットカードがあったらぜひ教えてください!

 

それでは明日の更新もお楽しみに。

 

坂ナズナ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM