スポンサーサイト

  • 2019.04.10 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    今日はお茶会当日!受講生の声最新(と、空いたジャムの瓶の『第2の人生』)

    • 2019.03.27 Wednesday
    • 00:50

    こんにちは。宮坂友理です。

     

    今日は水曜トナカイ講座第3期生修了記念「鑑定付きお茶会」が開かれます。16時から19時まで(時間内でしたらいつでもどうぞ)、南阿佐ヶ谷のウラナイトナカイで。受講生たちは今日の日に向けて、一人ひとり腕を磨いてきました。

     

    前日に各メンバーに意気込みや近況を聞きました。以下、返事が届いた順(敬称略)で紹介いたします。

     

    ○松岡修造か松宮有希か?という位、熱く勉強を続けチャートを読んでまいりました。丁寧に鑑定いたします。(松宮有希)

     

    ○まだまだ未熟者ですが、知識と経験をフルに使って真摯に向き合って参ります。ぜひお楽しみください!(坂ナズナ)

     

    ○自分がお客さんの時に感じた「楽しい!」を皆さまにも感じてもらえるお茶会を目指します! 1年かけて学んだことを全力で発揮して、鑑定取り組みます。(秋月みのり)

     

    ○残念ながら島森は鑑定お茶会に参加いたしませんが、水トナ受講生として共に学んだ仲間の一年間の成果を、是非とも体験しにいらしてください!(島森あおい)

     

    ○水トナ3期生が星とタロットからのメッセージをあなたにお届けいたします。私も配達人の一人として、真摯にお伝えしてまいります。(星村佳穂)

     

    ○1年間プロへの道を歩み励んできた第3期修了生の皆さんが、心を込めてあなたのホロスコープと向き合い、タロットカードを読み解いてくれます。今日の15分はあなたの人生の大きな第一歩になるかもしれません。どうぞ安心していらしてください。20代から50代の優しい占い師たちが温かくお迎えします^^

    美味しいお茶とお菓子を囲んで、占いの世界を楽しみにいらしてください! (アリエスさくら)

     

    ○水トナ3期生一同で、楽しい占いと美味しいお茶を用意して、精一杯おもてなしいたします♪ お気軽に足を運んでくださいね。お待ちしてます! (古峰みさと)

     

    ○あなたのかけがえのない日々に彩りを。そんな会になればと願っています。春の訪れをよろこびましょう。(宮坂友理)

     

    今回は春の慌ただしさなどで、残念ながら全員の出演は叶いませんでした。出演者はもちろん、席を並べないメンバーも遠くからお茶会にいらっしゃるお客様がステキな時間を過ごされますよう願っています。南阿佐ヶ谷が便利な方も少し足をのばされるかたもぜひお気軽にお越しくださいね。

     

    というわけで、改めまして最終告知です!

     

    ★★★★

    水曜トナカイ講座修了記念「鑑定付きお茶会」

     

    【日時】3月27日(水)←今日です!(投稿日) 16時から19時

    ※19時から20時はお茶会。オープン鑑定があるかも

     

    ○16時から19時 2階で鑑定会

    ○19時から20時 水曜トナカイ3期生と話せるお茶会 (ご希望がありましたら、オープン鑑定もいたします)

     

    【場所】ウラナイトナカイ(最寄り駅は丸ノ内線南阿佐ヶ谷)

    http://tonakai.her.jp 

    ※ご注意※

    27日(水)当日は18時まで、ウラナイトナカイ店舗の裏でガス工事があります。お店の前の道が車両通行止めになります。ただし、青梅街道側からも徒歩で入れます。警備員がいても通行可能です。なお鑑定中に、工事に伴う若干の音や揺れがある可能性がございます。

     

    【料金】1000円 (15分鑑定+お茶会参加費)

    ※延長鑑定は10分500円、追加でほかの占い師をご希望の場合は15分500円

     

    ☆お茶とお菓子はこちらでご用意いたします。(差し入れも歓迎いたします)

     

    ☆老若男女問わず、歓迎いたします! 迷う気持ちは行きたい気持ち‼ とにかくいらしてみてください。よろしくお願いいたします。

     

    ★★★★

     

    さて、今日が宮坂のブログ当番最終日になります。

     

    去年の今頃、今回のイベントと同じ場所で開かれたお茶会に参加して、思い切って「占い師」の世界に飛び込んでみようと勉強を始めました。

     

    ところが、全く私事ですが、夏の初め頃から「育児と両親の遠距離介護のRPG」が始まりました。子を遅く産んで、かつ両親の介護は少し早く始まったパターンです。こちらのブログ更新はいろんなところでやったなあ。新幹線、都内在来線、東海道線、田舎のコミュニティバス、誰もいない第3セクター鉄道の駅、山の上の病院の待合室、実家の穴蔵(←今ここ)。RPGの重要場面に、この「水曜トナカイ講座」もあったわけですが、「チャンスには前髪しかない」という言葉をひしひしと感じながら今日を迎えました。

     

    先日家族で朝ごはんのパンを食べながら、「母ちゃんのこの一年はなんだったのか……」とつぶやいてしまいました。すると小学生の息子(月射手・水星獅子ノーアスペクトの人)が「今回は運が悪かった! 空いたジャムの瓶に『第2の人生』があるように、母ちゃんにもそれなりのときがくると思うよ」とバッサリ。部屋のホワイトボードに「空いたジャムの瓶」と書いてみました。息子の成長にもウルウルきてしまいましたが、翌日「あれはね、Eテレ『0655』のおはようソングのこと!」(『第2の人生』という曲らしい、検索しても聴けなかったけど)と聞き、なんだオリジナルじゃなかったのかと思いましたが、『空いたジャム瓶』は今の私らしいなあ。

     

    実家の庭には、今年も同じ花が咲いています。



    かつて高校を卒業したとき、あえて浪人の道を選び、それを許された春(今回はあえて選んだ訳ではないですが)にも、この花を見ました。

     

    春は岐路であり、今思うような道を選べなかったとしても、それなりの道は続き、アップダウンを繰り返しながら、あるべきところを心に描きながら、歩み続けようと思います。

     

    最後の機会は占いとは離れた話題になりました。時を経て、技術と経験を統合できる自分がいると信じていきます。読んでいただいた方、ありがとうございました。学び途上の私の姿は、こちらのツイッターでお伝えしていきます。よろしければ、フォローください。

     

    twitter 「宮坂友理」で検索

    @yuliimiyasaca

    https://mobile.twitter.com/yuliimiyasaca

     

    いつかお客様をお迎えできる占い師を目指し続けます。

     

    それぞれの春に恵みがありますように。

    「明日なんていい、今日が良ければ」とか言ってみたい

    • 2019.03.20 Wednesday
    • 00:00

     

    こんにちは。宮坂友理です。

    もうあと2週あまりで、こちらの講座は終わりです。

     

    各メンバーからもご案内しております、私たちの修了記念のお茶会

    『水曜トナカイ講座修了記念「鑑定付きお茶会」』

    (3月27日(水)16時から20時、南阿佐ヶ谷・ウラナイトナカイで)

    まで、あと1週間ほどとなりました。

     

    「中の人」(といっていいのか……)目線での、おすすめポイントは……

     

    1)気持ち新たな、初々しい占い師が勢ぞろい!

     

    誰しも「初めて」だったあの頃の記憶……、をお持ちではないでしょうか。メンバーは緊張しつつも、真剣な面持ちでお客様を迎えるはずです。そして必ず謙虚・親切な接遇をいたします。春らしく、フレッシュな気分を味わっていただけたら。当日は太陽期から木星期まで幅広い年齢層の新人たちが揃う予定です。いろいろなご相談やニーズに応えることができると思います。

     

    2)良心的な料金体系(!)で複数の視点をご提供

    ●料金=1000円(15分鑑定&お茶会参加料) 
    ※延長鑑定は10分500円
    ※追加で他の占い師もご希望の場合15分500円

     

    「いろんなことを相談したい(春なので)」「おんなじことだけど、どうしても気になる! 何回も占ってほしい」、私自身かつて思ったことです。でもやはり時間に限りがあるので、あとで「あー、あれも聞いておけばよかった!」と帰りに必ず気づくのです。人を替えて何回占ってもおんなじ結果……、ということは結構ありそうですが、違う人の口から聞いて腑に落ちる場合もあります。占い師は、基本の技術は同じではあるのですが、それぞれの見かけの雰囲気や、価値観、経験、感受性などのフィルターを通して、言葉に変換していきます。一人はあなた好みで、もう一人は違う雰囲気だった、ということもあるかもしれません。このブログの過去エントリーをご覧いただいて、お目当てさんをめがけていくのもよし、お目当てさんに行ったけど、もうちょっと別の視点で聞きたい場合は、ほかの占い師もいます。ご相談はシビアなものもおありだろうことを承知しつつも、シネコン感覚で、占いを楽しんでいただくのもいいかなと思っています。(私が占ってもらいたいな)

     

    詳しくは下に記載しております。

     

    ********

     

    さて、今回のテーマは「春になったらしたいこと」。

     


    私にとっては、個人的な事情から「ゴールデンウィーク明けまでは冬」なのです。かつて江戸時代の僧侶、良寛さんは、「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候 死ぬ時節には死ぬがよく候 これはこれ災難をのがるる妙法にて候」とおっしゃったそうです。災難というほどのことかはわかりませんが、いろいろなことがあった一年でした。ゴールデンウイークが明けたら春。5月生まれの私は、お誕生日ということになります、笑。ソーラーリターン!

     

    まずは、もっと占いの勉強をしたい(ええっ!?)。向先生の毎月の講座に行って、タロットも桜田先生の勉強会などに行って、学び続けたいと思います。勉強に行かれる方、お会いできたらうれしいです!

     

    とにかく本当に2018年度は慌ただしいシーズンで、いつも「明日はどうなる!? ケース1、ケース2……」と想定しながら暮らしていました。ひと段落しますので、小説を読みたい(もう実用書は読みたくない)、映画を見たい、ボーっとしたい。この一年、実家との往復生活を続けるうちに、意外と子どもの手が離れました(また手がかかったりするかもしれないけど!)。私にとりましては、年明けに土星が8ハウスから9ハウスに移動したことが大きく、「役に立つことなんていい、明日なんてもういい。もっと壮大に夢を描きたいんだ」「今日を楽しみ尽くしたい」「今日さえよければ」という思想に憧れています。その日の実現のための今、と言えます。占いはよりよく生きる、未来予想の働きが期待されるものですけど、刹那を味わいたい。そんな健全な自分を作るための材料にもしていきたいなーと考えています。

     

    (スピッツの『春の歌』が好きです……。なつかしい)

     

     

    ★★★★告知です★★★★

     

    水曜トナカイ講座修了記念「鑑定付きお茶会」

     

    占い師はすべてこの講座を修了したばかりの受講生たちです。(講師の向先生と桜田先生は鑑定されません)

     

    【日時、場所】

    3月27日(水) 

    ウラナイトナカイ

    http://tonakai.her.jp/ 

     

    〇16時〜19時 受講生による15分鑑定付きお茶会(ウラナイトナカイ1階と2階) 

     

    〇19時〜20時 「12か月講座の受講生と話せるお茶会」希望者にはオープン鑑定も!(ウラナイトナカイ1階) 

     

    【料金】1000円(鑑定料&お茶会参加料込み) 

    ※延長鑑定は10分500円・追加で他の占い師をご希望の場合15分500円

     

    ☆時間内でしたらいつでもご予約なしで直接おこしください。 

     

    →まずは受講生1名による15分鑑定。2階へご案内します(ご案内係も受講生がつとめます)


    →ご希望の占い師がいる場合は受付のときおっしゃってください(ただしご希望に添えない場合もございます)


    →鑑定後は1階でお茶をどうぞ♪

     

    →19時からはのんびりお茶会です。ご希望の方はオープン鑑定を受けられます。 

     

    ☆お茶とお菓子は少しですが、こちらでご用意します(さしいれもうれしいです) 。

     

    ★★★★★★★★

     

     

     

    占い好きを隠すあなたもひっそりいらしてね♡

    • 2019.03.13 Wednesday
    • 00:00

     

    こんにちは。宮坂友理です。

    車窓から見える景色がだんだん色とりどりに、春がきましたね!

     

     

    去年の4月から続けてきた我々水曜トナカイ3期生ももうすぐ講座を卒業。学びのお披露目のお茶会を開くことになりました。メンバーそれぞれに準備をすすめています。お客様とともに新しい春の訪れを祝うべく、足を運んで頂けたら幸いです!

     

    ★★★★

    水曜トナカイ講座終了記念「鑑定付きお茶会」


    占い師はすべてこの講座を修了したばかりの受講生たちです。(講師の向先生と桜田先生は鑑定されません)


    【日時、場所】

    3月27日(水) 

    ウラナイトナカイ

    http://tonakai.her.jp/ 


    〇16時〜19時 受講生による15分鑑定付きお茶会(ウラナイトナカイ1階と2階) 


    〇19時〜20時 「12か月講座の受講生と話せるお茶会」希望者にはオープン鑑定も!(ウラナイトナカイ1階) 


    【料金】1000円(鑑定料&お茶会参加料込み) 

    ※延長鑑定は10分500円・追加で他の占い師をご希望の場合15分500円


    ☆時間内でしたらいつでもご予約なしで直接おこしください。 


    →まずは受講生1名による15分鑑定。2階へご案内します(ご案内係も受講生がつとめます)


    →ご希望の占い師がいる場合は受付のときおっしゃってください(ただしご希望に添えない場合もございます)


    →鑑定後は1階でお茶をどうぞ♪


    →19時からはのんびりお茶会です。ご希望の方はオープン鑑定を受けられます。 


    ☆お茶とお菓子は少しですが、こちらでご用意します(さしいれもうれしいです) 。


    ★★★★


    さて、今回のテーマは「私の実占経験」。正直に申しますと、お金を頂く実占経験はまだありません。現時点で私が占術の勉強をしていると話しているのは、夫と子どもと地元の友人ひとりだけです。「自分の家庭のことを占い師さんのもとに行かずとも占えるようになりたい」希望から水曜トナカイでの勉強を始めました。(ところがこの一年私事で転がるようにいろいろな出来事があり、講座の中で漂うように存在してきました、反省の弁はおもしろくありませんから次、次!)

     

    占い、というと素直に関心を示す人がいる一方、苦手意識を持つ人もいますね。私も見かけ上はその1人です。この間ママ会で「私、獅子座なの♡」「射手座!」と話す友達がせっかくいたのに、なんとなくスルーしてしまった。。打ち明ければいいのに! 

     

    読者さんで「占いが好きなんて人に言えない!」「隠れキリシタンのように暮らしている!」そんな方、いらっしゃいますか…、誰もいないかも…。当たり前のようにオープンに受け入れている方には謎な心理かも。

     

    水曜トナカイの先生がた、同期のお仲間と学んでいる中、とても心苦しいのですが、正直なところ、占いにふれているときは苦手と恥の意識との葛藤が常に伴います。

     

    私はまずはアセン太陽牡牛で具体的なことが好きそうだし実際それが落ち着く、さらに月乙女に12ハウス水星土星合牡牛がトラインで、エビデンスがある、といわれることを受け入れやすい一方、すっきりくっきりしないことを心に抱えづらかったり、さらに精神世界からうすらうすら見えるものが怖かったりで、無関心なふりをしていたいです。でも怖いもの見たさ(金星火星双子合)でなぜか講座に来ました。土星は苦手意識はあれど乗り越えるべき最終着地点。やがてくる土星期に向けて、この苦手や恥の意識を逆手に取って昇華して、実や形として、世にフィードバックしていくことが太陽牡牛プラスMC水瓶らしく生きる道なのだとは思います。

     

    学んだことのアウトプットは大切、だから実占経験こそ重要なはずですが。

     

    この一年の実占経験は「子の学校のこと」「両親の介護にまつわるいろんな決定」「夫の仕事相談」「自分の日々のこと」(せめてものアウトプットを自分の記録用にツイート中、ホントに地味です。https://mobile.twitter.com/yuliimiyasaca )、唯一他者では「姪甥ときょうだい(お母さん)の関わり方の悩み相談」、以上。重要なところで役立ててはいるのです。占いで扱うことは恋愛や結婚だけでなく、老若男女、テーマも問わず、幅広いものです。

     

    「顔を出して実占」「まずはお客様をお呼びする」、これは個人的に超える山なんじゃないかと思います。本当にわずかばかりですが、自分が抱えた知識や技術を還元して、皆様のお役に立つ機会を持つことが、ステップアップした牡牛座の道かも。


    なお、出演者は後日決定します。

    私の地味なツイッターでもお知らせいたしますね!


    宮坂友理 

     https://mobile.twitter.com/yuliimiyasaca

    冥王星が私を壊滅的に変えたとき

    • 2019.03.06 Wednesday
    • 00:00

     

    3月はいろいろと佳境で、King Gnu (キングヌー)をリピート、リピートで聴かないと日々耐えられない宮坂友理です。先週ラジオでであって以来、作業中に移動中に聴きまくってます。

     

     

    このKing Gnuというバンド、美声ボーカルながらキャラが立つ井口くんが話題ですが、作詞作曲は牡牛要素満載のバンドリーダーでボーカルも担当する常田くんが担当。「老若男女を巻き込みたい」と語っているそうなので、私も応援していくよ。

     

    今回のテーマは「えいようのあるおはなし」。King Gnuぬきでは心が続かない今、彼らは私の重要な「えいよう」、活力源ですが、残ったものが私のえいようになった冥王星の話を書いてみます。

     

     

    就職して5年目の頃、私はある本の編集部にいました。「仕事で寝てない、忙しすぎてもはや食べることにも興味がない。ウィダーインゼリーでOK!」。追われる暮らしを数年続ける自分にふと疑問を持ちました。なんだかこれではいけない、どうしたら自分の心に活気が出るのか。「そうだ、あの人(Kさんとします)に会ってお顔だけ見たら元気になるんじゃないか!」と思いつき、即連絡を取りました。相当遠い縁で、私から見たら雲上人のKさんになぜ電話をかけたのか、むこうみずもはなはだしい。勢い以外何もないのに、断られることなんてひとつも考えなかった。自分の若さに涙ぐんでしまう。こちらが迷いなくストレートにお願いしたためか、Kさんはこたえてくださり、ヘロヘロな状態で手土産もなし、自分が担当した本を持っていきました。

     

    本だけを見てもらってすぐ帰るつもりが、思いがけず食事をすることになり、仕事のことだけでなく、互いの日頃の暮らしのとりとめのないことを話しました。私は緊張のあまり声が出ず、インタビューのように聴いてもらって、ようやく話せるような雰囲気でした。そして「明日も話そう」と言われ、舞い上がるような気持ちでスキップで帰ったかもしれません。

     

    次の日のKさんもずっと優しかったのですが、別れ際の話は凄みがありました。「きみはもっと本を読んだ方がいい。知らないことが多すぎる。職場の仕事以外のことをどれだけやるのか。他の人がやらなくてもね。きみは今こんな感じなんだけど(ずっと緊張していたこと)、慎重ながら頭の回転が早い。人当たりもいいよね。本なんか読まなくてもある程度のことは回せちゃうかもしれない。でも本を読んだらいい。見た目何も変わらないとしてもね」。「それから、すぐ人に聞かない。あれかな、これかなって自分でやるの。どうなるかなって試すんだよ」。それから本を大量に紙袋いっぱいに買って、翌日から徹夜で目が真っ赤でも、通勤電車で本を読み続けました。その日以来、Kさんにはお会いしていませんが、あれは私の転機であり、今も私のえいようになっています。

     

    このKさんによる私分析は、ホロスコープリーディングそのままで、観察眼の鋭さを今改めて思います。私は未だこんな眼を持っていない。この数年間用事に取り紛れて暮らしてきたけれど、本を読み返したい。それから観察眼を補うべく、占術も学びたいよ。

     

    少しチャートにふれますと、Kさんの冥王星は私の太陽水星金星火星土星にタイトにアスペクトを取っています。普通のアドバイスだったのですが、心理的に壊滅的な影響が出たように思います。さらに私の月に金星が合で優しく、私のICに太陽が乗っていたため、私が勝手に拠り所にしたのかもしれません。でも外見には何も現れず、私に変化があったことなど誰も気づいていないはずです。

     

     

    内面の話を書くのは照れ臭いものですが、あの日の「肝心なときに笑っちゃだめ。自分が本当に思ったことは言葉にしないと伝わらないよ」の勧めを思い出し、今回は笑ってごまかすのはやめにします。

     

    水曜トナカイ3期もあと少しで終わりです。

     

    廃盤になった金星の象徴しかし

    • 2019.02.27 Wednesday
    • 00:00

     

    もう2月が終わります。水曜トナカイ講座3期は3月でおしまい。泣いても笑っても。木星期の今書けること、若い頃や来年以降では書けないだろうことを残していきたいと思います。

     

    今、私の実家は絶賛お片づけ中。春休みに転居予定です。タンスをガラガラ開けていたら、母が懐かしいものを見つけました。

     

     

    私が金星期、母が木星期か土星期だった頃にはやった香水、ニナリッチの「レ ベル ドゥ リッチ1」。プロヴァンスのトマトの香り、とうたったものです。もはや私が今、木星期です。

     

    その頃私は既に家を出て上京していたのですが、「雑誌(クロワッサンか何か)に載ってたから買って欲しい。東急本店?というところに売ってるらしいから」と頼まれ、郵送された切り抜きを頼りに購入、帰省みやげにしました。母はもともと仕事外では香水が好きな人でしたが、私はあまり縁がありませんでした。でもこれは甘酸っぱいかわいい香りで、私も使えるなあと思って好きになりました。すぐ自分用もほしくなって、地元のソニプラ(東急に行かなくてもあった)で見つけ、自分も東京に買って帰りました。

     

    私は太陽期、サターンリターンの時期に結婚しましたが、結婚する日までは毎日これを少しだけつけて出かけていたと思います。通勤のときも、好きな人と会うときも、遊びに行くときも。香り過ぎは絶対に恥ずかしいから、慎重に吹くようにしていました。でも結婚した途端、この香水のことはすっかり忘れ、つけることもなくなりました。タイムトンネルを潜って出てきたようで、「うわー」と私はなんだか恥ずかしくなりました。

     

    母とその頃の話で盛り上がっているうちに、「昔はお給料で洋服やアクセサリーを買ってたのに。年金生活になっちゃって」「でもこの間手術してくれた○○先生は優しくてカッコよかった。主治医でよかった」。えっ、そこ⁉「○○先生は私より絶対若いよ」とつい言ってしまい。せいぜい火星期くらいだよ。。でもよかったなら、よかった。

     

    「今も売ってるのかしらね。。」。サイトを検索したら、ショック‼ 数年前に廃盤になったそう。私の金星期の象徴はもう廃盤なんだ。そりゃ20年も前だし。でも真剣に、泣くかと思いました。

     

    ひとしきりして、私たち母子は○○先生のところに診察へ。

     

    病院は混み合っていて、待合のソファはつめつめ。腰の手術をして間もない母にはきつい状況だったのですが……。「あんたも腰悪いの? オレも同じだよ」。母と同年齢くらいのおじさんが声をかけてきました。病名について、手術内容について、おしゃべりがとても楽しそう。。天王星期世代のナンパ⁈ 母は若い頃からキレイで実年齢より若く見え、子どもの私がわかるほど、よくモテる人でした。(身内をほめてしまって!)モテてる感じが懐かしくて、そうだったそうだったと、私もうれしくなる幸せな空気。その上、この後カッコいい○○先生の診察だったので、すっかり気分が上がっている様子。生きてるっていいなー。香水効果があったのかな、と少し思いました。

     

    帰宅後、母に「ニナリッチ、東京に持っていったら?」と勧められました。ちょっと迷ったけど、過ぎた季節の香りのような気がして今回はやめにしました。でも引っ越し荷物のひとつとして、春には私が引き取るんだろうな。

     

    今回のテーマは「ホロッとする話」。ホロッとするかな。。母(太陽天秤月双子金星射手)と私(太陽牡牛月乙女金星双子木星天秤)のコンビでお届けしました。太陽の支配星は金星同士です。木星天秤の雰囲気に乗って、結婚してお母さんの私もおしゃれしようかなあ。母を見習って。

     

    *これを書いている最中、ずっと宇多田ヒカルさんの『Flavor Of Life』が頭から離れませんでした……。私と世代ズレてるけど、とても好きで。リンク先は歌詞、「うたまっぷ」さんです。

     

    宮坂友理

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM