ふたりの先生がたをタロットと香りのイメージでご紹介します

  • 2018.10.14 Sunday
  • 15:57


こんにちは。アリエスさくらです。


今回のテーマは、「ふたりの先生」についてです。先生方をイメージする大アルカナ2枚と2つの香りでお二人の先生をご紹介させていただきます。


♡向真希先生 ♡

イメージするカード:『法王』+『力』 

イメージする香り:フランキンセンス&ローズマリー


初めてお会いしたのは今年の1月に鑑定していただいたときです。その時の印象は、「飴と鞭を上手に使い分けながら短い鑑定時間内に、自分では見えていなかった現実と向き合わせてくださる、とても現実感のあるちょっと厳しめな占い師の先生」です。ただ心地よさだけが残るような鑑定ではなく、眼が覚めるような思いでした。


3月のお茶会でお会いした時に、向先生ご自身が山羊座に天体を多く持っていらっしゃることと、「ケイ先生と私は土サインの力で必ず形にすることをお約束します」というお言葉で、「これから私に必要な先生はこの先生がただ!」と確信しました。2020年の終わりには、自分の牡羊座の天体たちに、トランジットの土星、冥王星が『そのやり方は社会に通用するの?』と厳しく刺激を与えてきます。その時のためにいま必要なのは、楽しくて大好きな占星術を使いながらも「私は占い師です」と世間に向かって自信をもって言える地に足の着いた姿勢とスキルであり、向先生の山羊座からいただくスクエアの学びは、2年後に備えて今の私にぴったりだと感じたのです。


こうしてご縁をいただき、レッスンを通して感じますのは、向先生の粘り強い深い指導力です。私たち一人ひとりに対しふさわしい褒め言葉と「大丈夫だからね」という温かい励ましのお言葉をとても丁寧に投げかけてくださりながら、根気よく引き上げてくださるのはもちろんのこと、社会で恥ずかしくない人間としての心構えまで指導してくだいます。実は、私が最も素敵だなと感じましたのは、読み練習のためにホロスコープを提供してくださる方への感謝の気持ちの表し方です。こんな風に、一人一人のホロスコープを大切に読ませていただく姿勢を持たれる占い師さんはいらっしゃるだろうか?と感動しました。(私もその素晴らしい姿勢を真似させていただいてます!)ブログの中の随所からも、ひとりの人間の存在(魂)を非常に丁寧に尊ぶお心が伺われますし、まさにホンモノの厳しさと優しさを兼ね備えていらっしゃる大人の女性です。


そのようなお姿から、’猛獣を優しく上手にコントロールする’『力』のカードの女性や、『法王』のカードを想像させられます。ふわふわとしたところのないとても地に足のついた現実的な先生ですが、そこはかとない愛を持って寄り添ってくださり、私たちはそこに深い安心感を抱いているのだと思います。


植物の精油から向先生のイメージの香りを選ぶなら、現実と魂の世界を結ぶ崇高な香りのフランキンセンスと、明るく力強い自己実現の香り、ローズマリーをミックスさせた香りが向先生にぴったりかと思います。


 



♤桜田ケイ先生♤

イメージするカード:『愚者』+『隠者』

イメージする香り:レモングラス&パイン


私はタロットにはずっと興味がありながらも、2014年の9月に意を決してウェイト版タロットを購入してから、独学で時々こっそり触ってみることはあっても一度も講習を受けたことはありませんでした。しかし、ついに「どうしてもタロットをスルーできない、ちゃんと学んで使えるようになってみたい!」と思うようになって間もなく、12ヶ月講座で占星術とタロットの両方を学べることを知り、今年の3月にお茶会に参加しました。


こうして、私の初めてのタロット師匠となってくださったのがケイ先生です。お茶会では自由で軽やかな存在感でありながらも、タロットカードをまるでご自身の一部のように大切に扱われるお姿が印象的でした。レッスンをとおしても、タロットカードとの向き合い方がとても真摯で、タロット占い師として一番大切な部分を最初に示してくださり、ここでも私は一人の人間としての先生のお姿に信頼と安心感を覚えました。


月星座が牡羊座と伺いましたが、なるほど、永遠のピーターパンのようなピュアな若々しさとフットワークの軽さを感じます。また、講義の中でも著書からも伺われますが、とても知的です。使われる言葉に実感が伴いとてもわかりやすく説明してくださったり、遊び心を取り入れられたりと、学ぶ側の立場もよく考えてくださいます。タロットを学ぶ際に必要な「本質」をシンプルに伝えてくださり、徹底的に無駄を削ぎ落としたご指導だからこそ、タロットの深い叡智を感じとることができるのです。それは後に、いかようにも応用を広げていくことを可能とする、最も実用的な計算され尽くされた指導方法であり、その緻密さに、必ず形にしてくださる土サインの確実さを感じます。


そのようなケイ先生からは、タロットをこよなく愛し心のままに生きていかれる『愚者』の顔をされた、占い師としても指導者としても思慮深く落ち着きのある叡智を携えた『隠者』というような、不思議な魅力を感じます。


イメージする香りは、気分を元気にリフトアップし思考を整理してくれるレモングラスと、現実的で強い生命力と真摯な潔さを感じるパインです。


 


向先生とケイ先生の土サインの力で必ず形にしていただけるとはいえ、自分自身の日々の努力なくしては成し得ることはありません。先生がたからのお力をお借りしながらも残りの5ヶ月を丁寧に駆け抜けていこうと思います。

『女帝』の後ろに潜むノリの良いオッサンたち

  • 2018.10.06 Saturday
  • 07:00

ブログテーマ:半年が過ぎました。もう一度自己紹介をします


はじめまして。9月から参加させていただいてます、アリエスさくらと申します。どうぞよろしくお願いします。

 

2014年までは専業主婦で、「男の子二人のママ」が自分の唯一の肩書とも言えるほど、子育てに没頭していました。2014年頃から、空の天体たちの影響を大きく受けながら、英語関係の仕事をしはじめたり、2015年に西洋占星術やアロマセラピーと出会うなど、新たな人生のフェーズに突入してます。

 

太陽をはじめ、水星、金星、土星など、多くの天体や感受点を牡羊座に持ち、桜が満開の日の明け方にこの世に生まれたので『アリエスさくら』としました。自分らしさをどんどん前に打ち出す牡羊座にたくさん天体があるのに、一見牡羊らしく見えない私について、出生ホロスコープとタロットでご紹介いたしますね。少し長くなりますが、お付き合いいただけたら嬉しいです。

 

アセンダントは魚座です。この世に生まれてきたその瞬間に、東の空に位置していた魚座サインのエネルギーを、まるで魚座の着ぐるみをふわっと身にまとうかのようにして生まれてきました。私は一生変わることなく魚座らしいエネルギーに包まれて生きていきます。魚座といえば、「ふんわりしっとり女性らしい優しそうな天然癒やし系」なんていうふうに見られるようで、タロットカードでいえば、自分でいうのは恥ずかしいのですが、『女帝』のような雰囲気のようです。しかし、これはただのおしとやかな『女帝』では済まされません。では、この『女帝』の裏にどんな顔が潜んでいるのでしょう。



アセンダント魚座のエネルギーはルーラーの海王星がある『9ハウス蠍座』で生かされています。芸術や精神性の高いものに夢を抱き、社会人になってもピアノを続け、高校生のときはクラシック音楽が大好きで、ドイツ語で男性が歌う、シューベルトの長くて地味な歌曲集『冬の旅』を部屋で毎日聞き続けるような蠍っぽい一面がありました。人間の「運命」や「宿命」の色の濃い宮本輝さんの小説も大好きで、大学で学んだ英米文学では、ラルフ・ウォルト・エーマソンの超越主義に心を奪われ、魂の世界やスピリチュアルな思想がその頃から大好物でした。今も占いというツールを学び(9H海王星)、人様と深くつながっていくこと(蠍座)に夢見て自然とそちらの方向へ向かっているのは納得です。

 

☆『女帝』+『ソードのナイト』

素の心情を表す月は8H天秤座です。人の中で無意識にバランスをとることが得意なので、牡羊過多とはいえ、人目を気にして客観性を持って動けるところは助かっています。天秤座にはアセンダントとアスペクトをとる天王星もあります。人間関係においてオリジナリティを持ちながらじっくり関わっていくことを私は無意識に求めています。知性の天秤は『ソードのナイト』のようなイメージでしょうか。『女帝』にスッキリとした風の要素を加えてます。

 

☆『女帝』+『ソードのナイト』+『隠者』+『ワンドのペイジ』

金星は元気でおてんばな牡羊座。月も金星も男性サイン、見た目は女っぽい?けれど、中身はだいぶ男なのです。(ですので、麗しいハンドルネームはちょっとむず痒い^^;)牡羊土星にずっと教育されてきた月と金星。とっても厳しい女子校の枠組みにしっかり守られた中で、時々おてんば娘は顔を出すことはあったものの、なかなかマジメにお堅く青春期を過ごしてきました。『隠者』に程よくコントロールされた元気のいい『ワンドのペイジ』が『女帝』の後ろに潜んでいます。


☆『女帝』+『ソードのナイト』+『隠者』+『ワンドのペイジ』+『ワンドのナイト』

牡羊座にあるコミュニケーションの水星と人生の目的の太陽は、射手座の火星のエネルギーを燃料にしてゴーゴーと燃えてます。会社努めをしていた太陽期は、白黒はっきりと主張する元気な太陽・水星がやんちゃぶりを発揮してました。子育て期はちょうど火星期にあたり、子供への毎日の絵本の読み聞かせ(射手座の世界)だけは母としてやり抜くと決め図書館通いの日々。アレルギーの長男のために食育や健康への関心も強くなり、ときには学校給食の不健康な食材のあり方を正すために学校へ直談判したりと、より高みを目指し正義感に燃える熱い火星期を『ワンドのナイト』のごとく過ごしてました。

 

☆『女帝』+『ソードのナイト』+『隠者』+『ワンドのペイジ』+『ワンドのナイト』

+『ペンタクルのキング』

現在木星期を生きる私は、今までノリノリの火のエネルギーで生きてきたところに、やっと土の要素を取り入れてます。乙女座の木星でコツコツ地道に現実感を持って生きることを学んでいます。冥王星も乙女座ですので、生まれてきた世代のテーマとしても、社会においても、人様のために自分の身を捧げてお仕事を丁寧にじっくりとやっていくことは自然な流れでしょう。そしていま、それを喜んでやりたいと願ってます。

 

☆『女帝』+『ソードのナイト』+『隠者』+『ワンドのペイジ』+『ワンドのナイト』

+『ペンタクルのキング』+『ワンドのキング』

このあと56歳からは土星期を生きます。私の土星、「人生の着地点」はなんとこれも牡羊座。しかしこの土星の牡羊は、以前の牡羊とは違い、安定感を伴いバージョンアップされているはずです。月天秤座の素の自分でいることが楽で、周りに合わせて生きることが心地よい自分でしたが、7年後とはいえそんなに遠い未来ではありません。今から牡羊らしくよりピュアに元気に自分らしさをしっかり出して生きていくことを見据えながら、残りの木星期を過ごして行こうと思ってます。

 



このように、西洋占星術における出生ホロスコープは、自分がどんな要素で構成されているのかを知るのに最適なツールであり、今まで見えなかった自分に向き合える最高の自分セラピーなのです。

私の場合、『女帝』の後ろにこれだけノリのいい楽しいオッサンたちが揃っているのに、実は牡羊らしさを出すのがちょっと苦手なのです。(うっかりそそっかしく牡羊らしさが出てしまうことはありますが、どうもそんな一面をみて喜んでくれる人たちもいるようです。)


そこでここに、アロマセラピーで学んだ香りを絡めてより自分の星を実感していくことを試みてます。(古くギリシャのヒポクラテスの時代から空の天体と地球上の植物は呼応してるとされ、医療に取り込まれていました。)

牡羊の性質に意識が向くような香りを調合し、目指す自分を意図しながら香りを身にまとって、目に見えない自分のホロスコープの星をなんとなくでもイメージし、実感できてくるのです。

 


こんなふうに、これからの人生、西洋占星術とタロットと香りのチカラで、みなさんが自分らしく生きるお手伝いをしていきたいと思ってます。


残り半年を切りましたが、どうぞよろしくお願いいたします!

 


アリエスさくら

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM