魚金ちゃんの恋愛ボイコット

  • 2017.01.06 Friday
  • 00:00

JUGEMテーマ:星占い・星読み・占星術

 

 

匙八おりごです。

今回のテーマは「金星ちゃん」。

このテーマのトップバッターを務めさせていただきます(^_^)

 

 

おりごスコープの金星ちゃんは7ハウスの魚座。

魚金ちゃんです。海鮮居酒屋みたいです。

 

この組み合わせは「誰かとパートナーシップを結ぶ場面で受容し奉仕する事が私の喜び」という恋愛体質の暴力みたいな文章が組み立てられます。

自分では誰これ感。

「金星=恋愛」だけではありませんが、これは真っ先に恋愛に関する事が思い浮かんでしまう組み合わせ…。

だからこのテーマ、個人的にちょー書きづらいです 笑

 

 

えーと、そんな私の金星期に触れます…。

私のネイタルの金星は、金星にとってサインもハウスも恵まれた組み合わせです。

なのでさぞ、おりごの金星期はキラキラしていた事だろうと思われるかもしれませんがとんでもござーません。

 

 

金星期といえば高校時代。

思春期真っ只中、キャッキャウフフの甘酸っぱい青春が……あった訳でもなく(女子校でした)、当時は部活の空手に夢中でした。

放課後や休日など、週のほとんどを部活に費やし稽古場で型や組手の練習、屋上のコンクリートの上で拳立て伏せをしてコブシを鍛える日々。(本人的には充実していました)

 

鍛えた結果の当時の品がこちら↓

 

とてもアセン乙女座の7ハウス魚金女子の所業とは思えません。

 

 

当時の私は折角金星期を迎えたというのに金星を使わずに金星とスクエアの火星射手座をガシガシ使っていたのです。(火星→格闘技、射手座→スポーツ)

その頃のトランジットの冥王星は射手座にいたので、より私の火星成分が強調されやすかったのかもしれません。

 

魚金ちゃんはまるで酔い潰れて眠っているかのようでした。

なんてこった。

 

 

火星と金星のスクエアは恋が多発しやすい、一目惚れしやすいという解釈を本などでよく見かけますが、もしかして逆パターンもあるのではないか、と思わさせられる私の金星期でした。

火星期に入ったら変わるのかな…?

 

 

私の金星ちゃんについては以上です。

7ハウス魚金ちゃんについてのここでのアウトプットはなかなか勇気がいりますね。

 

 

明日以降の他の方の金星ちゃん話が楽しみです(*^_^*)

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

Twitter:@origosajiya(※賑やかな時があります)

ブログ:理屈でものを考える栄養士が占いをするブログ