アセンダントとセルフイメージの差

  • 2017.03.20 Monday
  • 00:00

 

匙八おりごです。

今回のテーマは「私のアセンダント」。

 

私のアセンダントは乙女座です。

(アスペクトは月・海王星と土のグランドトライン、冥王星とセクスタイル、火星とスクエア、金星とオポジションとなかなか賑やかな装いです。)

 

アセンダントは周囲に対して無意識に放つ印象などを指しますが、

それと「自覚している私」との間にギャップが生まれる事があります。

 

 

アセン乙女で言われがちな印象は「きっちりしてる」「仕事できそう」「細かい作業が得意そう」などですが、実際のおりごはこんな感じ↓

 

*一人暮らしなのをいい事に干した洗濯物は畳まずにそのまま収穫して装備。

 

*普段の料理(仕事は除く)はもちろん、クッキーやパウンドケーキも目分量で作成。仕上がりはまちまち。

 

*小学生の頃に先生から「忘れ物の女王さま」と呼ばれる。

 

*↑「忘れ物がダメなら全教科持ち運べばいいじゃない☆」とぎゅうぎゅうになってダンベルと化したランドセルを、毎日背負って登下校。

 

…など挙げたらキリがないくらい、大雑把さにおいてはかなり攻めの姿勢です。

 

 

本人的には乙女座っぽさゼロだと思っているのですが、働き始めたばかりような職場では

 

「あなたならできるわよね」

 

と説明がほとんどないまま、専門外の仕事もポンっと渡されたりする事が結構多いと感じます。

 

アセンの乙女の影響か、私の力量をほとんど知らないはずの人もなぜか最初から「できる人認定」をしてくる。

 

月牡牛の私は慣れない事があると内心プルプル怯えているのですが、残念ながら周囲にそうは見えていないようです。

解せぬ。

 

「几帳面なのかと思ってたけど結構適当だよね!」と言われても正直、私からは「知らんがな」という感想しか出ないのです。

 

 

そんな私のアセンダントのエネルギーは水星水瓶、6ハウスに流れています。

 

6ハウスと言えば実務的な現場のお部屋ですが、健康に関しても管轄内です。

 

衛生面やアレルギーに配慮し、栄養価を考えながら調理現場で作業する今の仕事は、アセンのエネルギーを自然に活用しやすいのかもしれません。(無自覚なので他人ごと)

 

 

MC双子座のルーラーも同じく水星なので、私にとって水星は特に重要です。

 

このMCは「アセンのエネルギーを発揮できる場で吸収した知識、健康に関する情報を分かりやすく発信する」という事を社会から求められたり、そう振る舞おうとすると読めます。

 

実際にそんな仕事もしているので(お子様対象の食育やらその他)、占星術を勉強し始めアングルについて知った時に色々納得。

このMCのテーマに沿って他に出来る事がないか、この先もっと掘り下げていきたいなぁと思っています。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

MCについての話もちょっと混じってしまいましたが、おりごの「私のアセンダント」は以上です。

 

出生時間が分からないと判明しないアセンダントの話は、貴重なので明日以降の記事も個人的に楽しみです(*´-`)

 

 

 

 

Twitter:@origosajiya

ブログ:理屈でものを考える栄養士が占いをするブログ

 

 

コメント
コメントする