アセンダントと周囲から期待されること(兆)

  • 2017.03.19 Sunday
  • 00:00

 

地球の外皮ともいえる地平線と太陽の通り道である黄道の交点。

肉体に生命エネルギーが流れ込み、母体から飛び出してきた点を「アセンダント」という。

その人がまとっている雰囲気や物事の始め方、(1ハウスとうこともあり)自覚し難い自然体の個性を表す。

 

私のアセンダントは、天秤座の12度。オーブ4度で天王星16度がコンジャンクションである。

天秤座は対人関係のサインとも言われ公平平等を重んじる。天王星は客観的で独特な価値観や行動パターンを持つ。

これだけ見るとどうだろう。

 

このアセンダントが醸し出す本人が無自覚な雰囲気により、クラスや職場のエキセントリックな方々と組んだり、お世話係を任されたりすることが多かった。それは、4歳で入園した保育園の時から枚挙にいとまがない。しかし、嫌だと思ったことはほとんどない。ちょっと弱ったなあと思いながら、なんとなく付き合ってしまう。

*自分はエキセントリックではないという、天秤座のちょい上から目線。すみません<(_ _)>

 

起き上がりこぶしとダイズ(兆)
起き上がり小法師とアストロ・ダイズ

 

大学生の時にアルバイトで、小中学生向けの塾で先生をしていた。

勉強が遅れている子どもたちの担任を任されたことがある。

高校入試3か月前だというのに、15÷5=3が分っても、21÷7には答えられない。九九をマスターしていないのだ。

これには青ざめ、笑った。

学校の担任から見捨てられ、親からも見限られ、塾長の先生も困っていた。子どもたちは半ば自暴自棄になり、非行という社会的なドロップアウトの際に立っていた。

塾長は担任制にして専用のクラスを作ることで、落ち着いて勉強させようと思ったらしい。

「あなたにぴったりだと思う」と言われた時、内心は、またか、と思ったけど・・・。

 

話してみるとしっかりと意見を持つ、個性的な子が多かった。

つまずいているポイントも把握できた。そこから毎日、小学校3年生からの地道な復習がはじまった。

休憩中の雑談の中で、「なぜ高校に行かなければならないのか?」、「なぜ得意な科目だけではダメなのか?」など、つっこんだ議論をしたものだ。

彼らは頭が悪いのではない。

やる気がないわけでもない。

納得できないものを無理にやらされることに抵抗しているだけのように見えた。

腑に落ちさせるこの時間は(今思えば)とても大事だった。かろうじて全員が高校に入学できた時は安堵したものだ。

 

☆彡☆彡☆彡

 

天秤座の12度は、知的な探求を通して、まだ世の中で認められていないもの、名前がついていないものなどを扱う度数だ。中には異端なもの、異常なものも含まれる。天秤座のルーラー金星は9ハウスに飛ぶ。9ハウスは思想を扱う。

そして、アセンダント近くの天王星16度は、対岸の牡羊座が入り込むことで強い自己主張により、平等で公平な天秤座の判断にぐらつきが生じる度数だ。

 

こうしてみると、もうお手上げだというお方でも、この人ならば理解してコミュニケーションが取れるのでは?と期待させる雰囲気があるのかもしれない。

 

悩みがあるとか、迷っている場合(その人の通常の思考から外れている状態)に、相談してくれる方が多いのは、面倒な相談に付き合い、目途が付くまでコミュニケーションを絶たないような雰囲気からなのかもしれない。

 

アセンダントから周囲が期待することに対して、自分自身が何を返すのか(ディセンダント)。

そうやって、アセンダントとディセンダントの地平線軸に取り組むことでも、個性は磨かれていく。

 

北形 兆 (kitakata chou)

 

☆彡☆彡☆彡

 

ぼちぼち復活します(-ω-)/ ホロプラ!

 

コメント
コメントする