兆さんの「獅子座の太陽」が照らすもの

  • 2017.04.20 Thursday
  • 00:00

JUGEMテーマ:占い

綾野こころ:テーマ「チャートとブログからみる次の人」

 

 

兆さんのブログはいつもユーモアも織りまぜつつ、占星術の観点から書かれていて安定している。

骨格が立体的で迫力があり、一貫していてブレがないのだ。

 

あふれる知的好奇心がそれのみで終わってしまわないのは、それを実にすることを求める意識が働いているから。

 

そして幼少期から豊かな理想や理念を持って常に学ばれて来たのだろう。

その事は揺るぎない。

その善良な人柄と、自らの楽しみや好奇心で学んだこと、それを中身の詰まった情報として社会に発信されている。

 

それはった一言の「才能」という言葉では片付けられない。

「好き」を形にすべく努力して来られたのだ、ずっと。徹底して。

 

人とスマートにかかわり、温かく傍にいて人の気持ちを察する兆さん。

感情を受け止めてもらいたい人が集まり、湿度が低く積極的な兆さんにとって苦しいこともあるだろう。

でもそれは自分のMCや仕事に向き合われている証拠であり、もう既に強い向上心を持って正面から取り組まれているご様子が伺える。

 

社会でご自分が目指されることと、学を求めることは自然につながっている。

きっとこれからも誠実に学び続け、それを持って周囲の人のためになるように活動していかれることだろう。

 

健全な精神と自分を律する力をお持ちで、社会の枠組みを超えたところで創造することに情熱を燃やされるお方。

世の中が彼女を放っては置かない

 

 

『自信とは自分を信じること。』

 

彼女の言葉には曇りなくまっすぐに届く強さがある。

 

太陽系で唯一動かぬ位置から煌々と星々を照らし、生きとし生けるものに恩恵をもたらす「太陽」が迷いを断ち切ってくれる。

 

「あなたがありたい自分の姿を忘れてはいませんか?」と。

 

それはまるで梅雨の時期に久しぶりに晴れて、お布団を天日干しして殺菌するような気持ちよさ。

 

本来の場所にある獅子座の太陽は、一番寒い時期に生まれた水瓶座の太陽にとって、ポカポカと暖めてくれる正午のお日様だ。

 

ブログとチャートから離れて、兆さんご本人も公明正大、折り目正しくも言葉の端々にユーモアがあふれる温かいお人柄。

そのスタンスはずっと始めから変わらない。

チャートのままだ。

 

そういえば講座の席も兆さんだけはいつも同じ席。みんなを見渡せる位置にお座りなのだ。

まさしく動かぬ位置から周囲を照らす「獅子座の太陽」。

いまさらながら気づく・・・。

 

以前、兆さんから頂いた言葉はいまも大切に胸にしまってある。

でもそれはヒミツ。

 

 

 

綾野こころ

 

https://twitter.com/7_mikotama

 

 

 

JUGEMテーマ:占い

 

コメント
コメントする