スポンサーサイト

  • 2017.10.15 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    深堀りしよう!感受点

    • 2017.07.16 Sunday
    • 00:00

     

     

     

    人生の勝負所なのにようつべ三昧

     

    ホロスコープ的には、私は個性を社会的に結晶化させる大事な時期。

    人生の頑張り所なのだが、折しもの海王星アタックに当てられて、毎日、ゲーム画像を見ている。

     

    なんだコレ?」

     

    「大丈夫なのか?わたし?」

     

    と思いながらも、やめられずにズルズルと毎日観てしまっている。

    海王星だけに結構長引きそうで、この影響をプラスに変えねば、「夢中」は「夢中」でも人生が五里霧中になってしまう。時間を削り取られ、ジリジリと追い込まれる感じ。焦燥感。

     

     

    夢中な訳

     

    では、何故こんなにもハマっているのだろうか?

    自己分析してみた。

     

    1.美しい画像

     

    これまでのわたしの人生にゲームは殆ど登場しなかった。なので、実況動画で見るゲームは未知の世界。最初に惹きつけられたのが画像の美しさだった。特に要所で作動するムービーは、細部まで描き込まれており、本当に美しい。動くアート。画面の中に再現されたアストラル世界と言っても過言ではあるまい。

    全く脱帽だ。

     

    2.専門性の高さ

     

    傍で観ているだけだが、専門性が非常に高くリアルなのにも驚いた。

    アクションゲームの剣術の間合いやスキル、ガンアクションの武器の知識、扱い方。勝つための兵法、戦術性の高さ。格闘ゲームなら、格闘技に詳しくなるし、音楽ゲームなら音楽に詳しくなる。実際、人やモノによっては上手くなるのではないだろうか?

    基本応用問わず、かなり多くの知識が詰まっている。ゲームを覗いただけで、全く知らない世界を随分と深く窺い知れてしまう。

     

    3.現実世界への応用力

     

    ゲームをやっている人の方がやっていない人よりも社会への適応能力が磨かれていると仄聞した。どうやったら勝てるかを知っていて、人生に勝利するコツを心得ていると言う。


    確かにそうかも知れない。

    実況動画を通して、ゲームを見ていると、根底のゲーム理論をまず理解するのが攻略の鍵。現実世界なら、経済社会の中で生きているのであるから、資本主義と言うルール=ゲーム理論に則って生きている。このルールを知らずに活動しては、活動の方向性が定まらず失敗する確率が高い。ゲーマーはそれをゲームで学んでいると言えるだろう。

     

    4.ビジネスとしてのゲーム実況

     

    ユーチューブの出現により、ゲームを仕事とする為の幅が広がった。以前の様にゲーム内の希少アイテムを換金するだけでなく、今や、その方法はアイデアの数だけあると言えよう。

     

    私が観ているゲーム実況動画に関しては、視聴者を引きつける肝心のコンテンツを、ゲーム会社が作ってくれるので、自分達は、それを楽しくプレイすればいい。

     

    著作権的に大丈夫なのか?

    広告になるからいいのか?

     

    この辺りはよく分からないが、コンテンツは既存のモノを使うのでコストがかからない。それを如何に楽しい動画として演出するかが仕事の肝となる。

     

    だが、ゲームとは、沢山の賢人が膨大な労力と時間を惜しげもなく注ぎ込んで、そもそも面白く作ったモノ。そりゃあ、プレイしたら楽しいに決まっているのである。

     

    とくれば、配信画像の綺麗さとか、音声の聞き取り易さとか、自分達のキャラの立て方とか。そんな小手先のテクニックだけで、十分にワンチャン狙えてしまう。

     

    また、ゲームが好きな人なら、本当に好きな事をしてお金が稼げる訳で、ユーチューバ―って仕事は、本当に革命的だ。

     

    「世の中変わったなぁ」

     

    と隔世の感しきりであるw

     

     

     

    5.独居老人予備軍の強い味方

     

    スキルに興味のある人は大会用のハウツーモノをみるのかも知れないが、私は、どちらかと言うと、ワイワイガヤガヤと和んだ歓談の雰囲気を楽しみたくて観ている。

     

    仲の良い友達同士で盛り上がってゲームをやっているのを、酒を飲みながら、モニター越しに黙って鑑賞。これがなかなかに楽しい。本当に友達が要らない。独居老人予備軍、孤独死予備軍のトーゴには強い味方と言う訳である。孤独死を免れる訳ではないが、寂しくはない。

     

     

     

    海王星から天王星へ繋げる

     

    こう考えると、ネット上で好きなゲームを友人達とワイワイガヤガヤやっているだけで、大量の独居老人予備軍のニーズにマーケットイン出来る背景に気付く。ビジネスとして成り立つ土壌があるのである。演出次第では、安定収入も夢ではない。

     

     

    「世の中」

     

    「変わったんだなぁ。。。」

     

    溜め息混じりにもう一度。

    新しい時代の息吹を今更ながらに感じる。これが海王星の持つ天宇受賣命の側面であろうか?

    トーゴが今持っているモノと掛け合わせて、これを天王星で結実させてみたいなぁ、なぁんて思っちゃったり何かしてw

     

    こんな風に感じるって事は、

    つまりはこの動画三昧の日々。

    海王星のエネルギーで、ネイタルの感受点を深めたくなっているって事なのだろう。

    そうと分かればジャンジャンに変革したろうジャンかw

     

    感受点のパワーアップじゃー!

     

    と、長い停滞生活を能動的かつ肯定的に捉えられるのは、占星術を勉強したお陰。少しは星を理解したのではなかろうか?

     

     

    「トーゴも」

     

    「変わったんだなぁ。」

     

    時が移ったと悟り、

    独り

    呟いた。

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2017.10.15 Sunday
    • 00:00
    • 0
      • -
      • -
      • -