きびしさはやさしさ

  • 2018.10.11 Thursday
  • 01:16

 

今回のテーマは「ふたりの先生」についてです。

水曜トナカイ講座は、命術=西洋占星術、向真希先生、卜術=タロット、桜田ケイ先生がコンビで教えてくださっています。

木星期の私にとって、近年身のまわりにいる先生は、病院の先生、子の学校の先生、編集職の頃は作家さんや絵描きさん、監修の先生などなど。
何かを教えてくださる方というのは、久々の登場であります。
私たちは門下生ですから、おそらく鑑定の場で出会うお客様とは違うお顔を見ているかもしれません。そこで、差し支えない程度に、私がお二人から何を学ぼうとしているかを、「誓い」のように書いてみようと思います。

 

※※※ 私の個人的な感想です! ※※※


◇向真希先生

 

【出会い】10年近く前、当時の中野トナカイで「私の妊娠」を予言され、的中。そのお力に夢中になり、西洋占星術師なのに、無理やり子どもの名づけ相談にまで押しかける始末。。以後、私自身も占星術に関心を持ち、育児の合間に講座に顔を出させていただいていました。

 

【学びたいこと】若々しく、変わらぬ美しさ。情報の感度。爽やかで重さを帯びない。威厳と楽観性のギャップが魅力。底には深い思いやりをお持ち。フラットであること。人生はいつでもスタートできるのだ。技術は常にバージョンアップ。「すべての人が自営業の時代」の発想→ここから自分ブランディングを考えています。人を信じ、期待する気持ち。


◇桜田ケイ先生

 

【出会い】お目にかかったのは、今年の春分お茶会が初でしたが、「ウラナイトナカイお店日記」のスイーツの話題、ご自身の「えいよう」サイトで、ものすごくピンポイントな週末占いをされていて、愉快な(と言っていいのか?)印象を勝手に持っていました。先生なのでいつか鑑定していただきたく、一度夜時間に出かけてみたいなーと思っています。

 

【学びたいこと】親しみやすく爽やかな雰囲気でありながら、近すぎず遠すぎず、の絶妙な距離感。難しそうなことを易しく教授。階段の昇り降りが早い機敏さ。「すぐやる」精神。クールな勘、高い技術。娯楽的要素も大事にされている。多分哲学をお持ち。現場主義。「虫の目」「鳥の目」「魚の目」のような多角的視点。ふんわりお優しい。


私は占術を習うことを「あやしいのでは……」と警戒する性分ですが、先生お二人とも「常識的」であり、「裏打ちされた技術」をお持ちで、「占いでみえることと一般的なことをわけて話してくださる」ために、安心して学んでいます。

 

それから教わるうえでは、(大人なので怒鳴ったりはしませんが笑)厳しいなと感じることもあります。
でも厳しいから安心なんです。人に厳しく、って今の時代、本当に難しい。
私自身にとっても非常に難しいテーマの一つなのですが、このお二人はサラッと厳しくできる。

誠実なお人柄の先生に学べたことが、この年にして非常にありがたいと思っています。 宮坂友理
 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM