スポンサーサイト

  • 2019.04.10 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    火星・まきをくべる・もやす

    • 2018.11.28 Wednesday
    • 00:12

     

    こんにちは、三ヶ島ルルです。

    今回のテーマは「火星の使い方アドバイス」

     

    火星はそもそもどんな働きをすると考えられているかというと、「自己という存在を社会や外に向かって打ち出す積極性」つまり「攻めの姿勢」「勇気」「怒り」「行動力」「攻撃性」「男性性」などと捉えられています。

     

    何度かブログでも触れている惑星の年齢域は、太陽の次、36歳頃から45歳くらいまで。

     

    「太陽」の年齢域で獲得した目的意識を、社会や対外的に主張していく役割を果たすのがこの火星で、ちょうど脂ののった働き盛りの年齢を担当していると考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。

     

    さて、わざわざ「アドバイス」というテーマが設定されていることからもおわかりのことと思うのですが、この「火星」わたしたちの行動や対外的な主張を後押しする推進力のようなもの、つまりエネルギーの塊なので取り扱いが難しい場合もあるのです。

     

    「火星」、火の星・・・ということで「火」を想像していただくとわかりやすいと思うのですが、暗がりを照らし体を温めてくれることもあれば、やけどをすることも町を焼き尽くすこともあります。

     

    大きすぎれば制御しにくく、小さすぎれば役に立たない・・・というわけで取り扱いが難しい、ゆえに時には失敗しながら火星を燃やして、そのエネルギーを有効に転用していく術を学習していくことが求められるのです。

     

    ということでその情熱、エネルギーをどのようなシチュエーションで発揮すると燃やしやすいのか、12ハウス別に簡単に書いてみました。

     

     

    1ハウス:

    無謀ともいえるような挑戦、「生きてる!!」ということを強く意識できるようなギリギリの状況、自分の強さを鍛えている状況

     

    取り入れてみたら良さそうな習慣

    ちょっとスリルのある一人でやるタイプのスポーツ、スカイダイビングとかバンジージャンプ、また自分にわざと負荷をかけて強くしていくようなタイプの筋トレなど

     

    2ハウス:

    自分の能力や持っている資質を使ってお金を稼ぐ、また稼ぐ必要があるような状況

     

    取り入れてみたら良さそうな習慣

    宵越しの銭は持たない生活、いつもニコニコ一括払い、彫金など

     

    3ハウス:

    言葉や情報を駆使して周囲や社会にスピーディに対応する必要のある状況、周囲の状況の移り変わりが激しく慌ただしいようなとき

     

    取り入れたら良さそうな習慣

    宣伝などなんらかの目的を持ったSNS活動(ブランドアンバサダーとか)、ディベートサークルに参加する、スピードを出せる乗り物を操縦するなど

     

    4ハウス:

    身近で愛着のある人たちを守ったりしようと戦っている状況

     

    取り入れたら良さそうな習慣

    ガーデニングや家庭菜園(害虫や天候から植物を守る)、地域の見回り活動や自警団などへの参加するなど

     

    5ハウス:

    派手に自分が輝いている状況、周囲の注目を一身に集めるような状況

     

    取り入れたら良さそうな習慣

    演劇ワークショップ、華やかでスリルのある一人でするタイプのスポーツ、プレゼンテーション技術を磨くなど

     

    6ハウス:

    社会の不正義などを是正したり改善したりしようとしている状況、有意義だと思える仕事をやり遂げ用としている状況

     

    取り入れたら良さそうな習慣

    労働問題や雇用問題などに積極的に取り組む、マッサージの技術などを磨く、ストレッチ、料理など

     

    7ハウス:

    ライバルと競い合いながらも協力している状況

     

    取り入れたら良さそうな習慣

    ペアスポーツ(テニスのダブルスとか競技ダンスとか)、パートナーの仕事を手伝ってみるなど

     

    8ハウス:

    感情的に相手や仕事と深くつながっている状況、のっぴきならない人間関係に巻き込まれている状況

     

    取り入れた良さそうな習慣

    オカルト的な知識の探求、心理学の勉強、不動産運用など

     

    9ハウス:

    自らの信念のために戦っている状況

     

    取り入れたら良さそうな習慣

    大学などが主催の社会人向け講座、政治活動、哲学・宗教的探求、旅行など

     

    10ハウス:

    自らの実力を社会に問うている状況、出世などの社会的な重要性を増やすこと目指した努力している状況

     

    取り入れたら良さそうな習慣

    自己の専門性を高めるような学習、趣味でもなんでも課題などを提出しそれが「評価」されるような形での習い事、資格試験

     

    11ハウス:

    志を同じくする友人たちと切磋琢磨しているとき、不平等さや理不尽さと戦っている状況

     

    取り入れたら良さそうな習慣

    チームスポーツ、賛同できるNPOやNGOの活動、中長期的に続くようなワークショップや講座など

     

    12ハウス:

    社会的に抑圧されたり無視されているような人々のために行動している状況

     

    取り入れたら良さそうな習慣

    ダンス、絵を描いたり楽器を弾く、小児病棟や心療内科などでのボランティアなど

     

     

    ちなみにわたしの火星は2ハウスにあります。貯金があるとやる気がなくなってしまう気はだいぶ若い頃からあるので(ーするためにいくら貯める、など使うことを前提にした貯蓄ならできるんですが・・・)

    いかに使うのか、なにに使いたいのかということを常に考えることがモチベーション維持に大事だったり。

     

    もちろん、火星のサイン、ハウスのサイン、アスペクトなどによっても変わってきますので参考程度、おつまみ程度に楽しんでいただけたら幸いです!

     

    スポンサーサイト

    • 2019.04.10 Wednesday
    • 00:12
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM