生まれた日の空

  • 2018.12.08 Saturday
  • 00:00

 

こんにちは。宮坂友理です。

今回は「お天気の話」がテーマ。

 

いよいよ12月、夜は空が澄んできました。

月のない夜は、特に星が強く輝く。

 

私は、晴れた冬の夜空が好きです。

 

これからの季節は、

・おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のベテルギウスを結んでできる冬の大三角形

・おうし座の昴(プレアデス星団)

・北斗七星

など、さほど星図に詳しくないとしても、目で追って形を作りながら、星空観察を楽しむことができます。

 

占星術でおなじみの惑星も太陽の光を受けて、輝いていますよ。今は明けの明星(金星)がきれいなんだそうです。(2018年12月現在)子どもの頃から星空観察が好きだったので、早起きしてみたことがありました。

 

5時ごろは真っ暗で、金星が輝いていました。春の星座も顔を出し、おとめ座のスピカの青い光もステキ。

 

だんだん日がのぼる時刻が近づくにつれ、東の地平線が白んで、星は一つ一つ姿を消していく。

 

金星だけは最後まで粘り強く残りますが、いつしか太陽の光の力に負けて姿を消し、本当の朝がやってくるのです。

 

原体験といってはおおげさですが、この空の様子と時間の経過の感覚が、体にしみこんでいます。

 

チャートを見る力はまだ途上ですが「この方が生まれた瞬間、どんな星空だったのか。もしくは昼間だったら、青空雨雲曇天の向こうにどんな星が出ていたのか。足元にはどんな星がめぐっていたのか」といつも思います。

 

(ですので、鑑定には関係ないですが出生地、出生時刻に加えて「どんなお天気の日にお生まれになったのか」が非常に気になっております)

 

私の場合は、生まれる前の地平線に、土星と水星が輝き、そこへ太陽ひょっこり登場で二つの天体をなかったもののように消した。。というような絵図だったのかな。雲一つない青空の日だったそうです。

 

晴れても、雨でも、曇りでもチャートは同じなのですけど、自然の営みとみれば、興味がわきます。最近は過去の天気もネット検索で追えるようですので、その日のお天気も調べてみようと思います。

 

*観測好きの私はアストロゴールドでトランジットを出して、惑星探しをしておりました。実際の天体との整合性は未検証ですが、夏に火星の位置のあたりをつける際には、だいたいの方角はつかめ役立っていました。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM