素顔の天秤、牡羊を目指せ!

  • 2018.12.10 Monday
  • 00:00

 

みなさま、こんにちは。

アリエスさくらです。 

 

今回のブログのテーマは『私の太陽と月』です。

 

ホロスコープには10の天体がありますが、特に太陽と月は、「ライツ」と呼ばれるとても重要な天体です。自らが燃えて輝く太陽と、その光を受けて輝く月。この2つの天体は、私たちの人生の根幹となっているのです。

 

太陽は一言で、「人生のテーマ、目標」と言われています。ホロスコープの太陽は、私たちが意志をもって進み、成し遂げていくべき「人生の目標」です。何もしなくても勝手に達成されるものではなく、太陽の示す方向に向かって私たちが能動的に生きることによって獲得できるものなのです。

 

太陽は「私の本質」とも表現されます。「自分の本質」が「人生の目標」ということは、人生の目標を見つけること=自分の本質を見出すこと、なのかもしれません。

あたかも自分の外側に輝く太陽の光を追い求めるように見えて、実はその炎は自分の中にも備わっている本質そのものであって、それに気がついたとき、自分自身が着火して本当に自分の人生を生きることになるのではないかと思います。

 

私たちは26歳頃からの太陽期と呼ばれる年齢域に達すると、この太陽のあるサインのテーマに意識が向き始めますが、ホロスコープに表される「太陽を生きる」ということは、人生を通してどの年代を生きていても、どんな立場にあったとしても、とても大切なことなのです。

 

 

一方、月は太陽の光を受けて、姿形を変えながらひっそりと輝いているものです。「ナチュラルな心情、素顔の自分」といわれ、リラックスしているときの無意識の感情、心情を表します。私たちの移ろいゆく感情は、まるで月の満ち欠けのようですね。

 

月は0歳から7歳までの間の、知性が発達する前の幼児期に影響を与えます。この時期、生きている毎日の環境をどんどん吸収していき、その体験、意識は成長していくにつれ無意識下の感情として自分の原型となるようです。無意識ですから、思考が働く前の、快、不快を瞬時に判断するとてもナチュラルな本能的な自分を表します。自分が最も安心を感じる状態が、月のサインが表す性質といえるでしょう。

 

自動操縦のように無意識に備わっている「感情」が月、自ら意志を持って人生を切り開いていくために向かっていく「目標」が太陽ということですね。どのサインにこの月と太陽があるかによって、自分の資質がよく理解できます。

 

 

私の月は天秤座の終盤の度数にあります。月が天秤座の人は誰とでも感じよくバランスを取りながら人に対応することをナチュラルにできるようです。

 

占星術の月という概念を知ったのはここ数年のことですが、初めて自分の月の性質を認識したのは会社時代でした。当時仲良し同期の間で、旅行のお土産など何かを選ぶときに、自分は必ず一番最後に選ぶようにしていました。「これがいい!」と嬉しそうに主張する同期の友人にその場を譲って、みんなが満足したのを見届けて最後に残ったものをいただくというスタンスが心地よかったのを覚えています。決していい人を演じていたわけではなく、無意識に自分の内面を表す月が全体のバランスと調和を求めていたのでしょう。

 

 

しかし、仕事など社会での公の場では、私たちは月の素顔をしまいこんで、太陽を輝かせることによって活躍できるのです。私の太陽は、牡羊座にあります。月とはちょうど反対側に位置するサインです。

 

牡羊座は、魂がぴょんとこの世に勢いよく生まれてきた状態で、右も左も気にすることなく自分という存在をどんどん前に打ち出していくようなサインです。天秤座の、周りと調和しようとする姿勢とは真逆ですね。

 

 

私の場合は、天秤座の月をベースに持ちながら、自分の中にある牡羊座という本質の炎に気づき、光り輝く牡羊太陽に向かって意志を持って生きていく、これが人生の根幹となっていきます。

 

占星術を学んでからは、「牡羊太陽に向かう」ということを頭では理解しています。しかしこの牡羊座のサインに、時間をかけて物事を獲得していくことを意味する天体、土星が一緒に存在しているからか、私は牡羊座にとても苦手意識を感じていました。自分を前に押し出して、牡羊座っぽく生きていくだなんて恥ずかしい。周りと調和している天秤座の月の自分でいるほうがどれだけ楽か、いっそ天秤座だったらいいのに、と思ってしまうこともあったくらいです。しかし、もうそんなこと言っていられません。牡羊座というサインが、自分が自分の人生を歩むうえで重要であることを知ったので、苦手意識を克服し、しっかり自分の中の牡羊の炎を燃やし、牡羊太陽に向かって意志をもって生きることについにコミットしました。

 

「アリエスさくら」の「アリエス」は「牡羊座」という意味です。自ら「牡羊座」と名乗ることにより、意識して牡羊座らしく生きることを心に留めているのです。

 

『私の太陽と月』はこのように対極にありながら、私のホロスコープの中で共存し支え合っています。

 

 

 今日もお読みくださりありがとうございました。

 

アリエスさくら

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM