スポンサーサイト

  • 2019.04.10 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    おさななじみ・ともだち・らいばる

    • 2018.12.30 Sunday
    • 00:01

     

    2018年も去ろうとしていますが、仕事の〆切が迫っているので全力疾走している三ヶ島です。先取り箱根駅伝気分。行かないで2018年。年明け早々に出版するはずのコミックスの原稿が描き上がっていません。なぜならば作家さんがこだわり抜いて、まさかの連載時から全編改編を試みたからです。最高の出来だと確信しています、しかしそれも出来たらの話。出来るのか・・・いや出来る・・・だってこんなに頑張っているんだもの・・・だからまだ待って2018年・・・

     

     

    今回のテーマは「私の占い歴」

     

    わたしが占いに親しんだのはずいぶんと小さい頃。というのも、母が占いが好きなのです。好きといっても「占い」というシステムに興味があるだけで、実際に占うことはなく。

     

    ただ例えば「西洋占星術において太陽は人生の目的や意志を現す」とか「タロットカードの女帝は豊かさや反映を現しこれは古代祭祀における母権の強さの名残である」などなどそういう話が好きという変わり種。寝物語代わりにそんな話を聞く夜もあるような幼少時代でした。

     

    そして幼い頃の私と言えば「うらなう」ためのものなのに占わないとは彼女はいったいなにがしたいのだと思うようなプラグマティックな子供。なので母から聞きかじった知識と、彼女の買った並べられることのないタロットカードを譲り受け、占うことを始めました。

     

    その頃の占いと言えば、前述のような話は聞いていたものの全体的な見取りなどなく、カードの意味などぶっ飛ばした、絵から受けた印象による自由占い方式。とにかくめちゃくちゃなものだったんですが、以外にも周囲からの評判がよかったので、気をよくした私はお友達の求めるままにうらない屋さんをしていました。

     

     

    しかし小学校高学年の時に、NHKで放送していた三国志のドラマの曹操に入れあげてから中国の歴史に夢中。

     

    その後いろいろあって東方朔という男と馮夢竜という男にぞっこんになり、中学生2年生の頃に「わたしは中国研究家になるアル!」と決意してから、タロットカードや西洋占星術からは自然と疎遠に。

     

    ただ占いという意味では、四書五経やら諸子百家やらを読むうちに易の知識の重要性を痛感しまして、易学や四柱推命などにも軽くではありますが触れていて。

    どれも実占するほどには至りませんが、世界観としての五行思想や易のシステムは印象深く私の中に根付いています。

     

     

    ですがここでまた運命の悪戯か、何気なく読んだ渡辺一夫のエッセイに出てきたエラスムスという男に惚れ込みます。そしてそのつながりで読んだツヴァイクのせいでジャン・カルヴァンに複雑な熱情を燃やし、時は西洋16世紀、宗教改革時代にのめり込んでいくのです。

     

     

    そこで出会った運命の男、それがカール五世!!!なんですが、これは占いとは関係ないので閑話休題。

     

     

    つまり結局西洋文化に青春を注ぎ込んだ結果、タロットや占星術とも再びまみえることになったのです。

     

    それからはさすがにいくつか本なども参考にしようと、比較的実用書の言葉は読みやすいので英語の勉強も兼ねてと洋書を中心に散発的にちらほらと読んで学習。

     

    また占星術については、16歳の頃に人生に迷ったときに偶然、新幹線で隣り合った占星術師の方に、二時間ほどの間でしたが、みっちり鑑定していただくことになったことがとても大きい体験です。

    短い時間に迷える子羊ちゃんだった私に大きな自信をくれたひと、くれた技術。星を読み解くことへの興味と関心が急激に上昇したのをいまでもよく覚えています。

     

     

    とはいえ占星術は複雑で、どちらかというと思想史的な興味が先行する傾向にあり、実際に占いツールと使用していたのは卜術の方でした。

     

    以前のブログにもちらほらと書いたと思うのですが、バックパッカーだった私はよく余興も兼ねてタロット占いをしておりました。ちょっとしたご飯をおごってもらったり、いらない洋服を譲ってもらったり、なかには航空券を受け取ったことも!

     

    人に対価をいただいて占うというのはチョコレート一個であれ未だに緊張することですが、だからこそ真剣に限られた時間の中で、78枚のカード中から選び抜かれたカードたち、舞台に上がった登場人物全員に配慮しながら、どのような物語を紡いでいくのかということに取り組めたことはとてつもなく私の人生を豊かにしてくれました。

     

    どんなに矛盾しているように思えようが解釈できないように思えようが、スプレッドに現れたどのカードも捨て置かず統一感ある読み解きをしていこうとする訓練。

     

    この訓練が、いま打ち込んでいる物語をつくることや、漫画家さんの創作した物語をよりよいものへと一緒に練り上げていくこと、またそれを届けたい相手にどう伝えていくかということを含めて、いちばんの修行になっているように思います。

     

    さて、そんなこんな生活をしていると、インターネットが発達した恩恵ですね、連絡先を交換した人から「また占って」と言われたり、占いが出来ると知った知り合いがバーの余興に呼んでくれたり、占い関係の書籍の翻訳手伝いを頼まれたりと、徐々に占いを求められる機会が増えました。

     

    これはちゃんと勉強しないとまずい!!と思ったのが二年ほど前。仕事の関係でほとんど占いに触れない時期もありましたが、断続的にタロットと西洋占星術を中心に、ルーン文字やカバラをつまみつつ学習、この四月より水曜トナカイ講座に参加して現在に至る・・・というのが三ヶ島ルルの占い遍歴でございます。

     

     

    講座に参加してからは、それはもう目から鱗、なるほどこうしよう、あぁしてみようと試行錯誤の日々ですが、まずはなにより数をこなそう!!!というわけでわりとなんでも占う癖がついてきました。

     

    ちなみにもちろん、冒頭に書いた描き下ろし大作戦についても、成就するのかをタロットにて占っております。結果はこちら。

     

     

    この周囲を現すカードがソードの6、そしてペンタクルのクイーンのリバース。もうえいやとやるしかないのはわかるけど、ほんとに原稿上がるのかしら・・・わたしまーつわ、いつまででも(待てないけど)まーつわ・・・不安・・・な感じ。まさにわたし・・・

     

    問題を現すソードの10と漫画家先生を現すワンドの9を見てください。満身創痍です。当たり前です、一ヶ月弱で200ページほど描き直すのです。普通は無理なんです・・・でもどうしてもやるっていうから!!!!!それに訂正ネームがすっごくよかったから!!!!!!

     

    次のブログ更新のときに、何も言わないようなら察してください。でもこれまでキーカードが示すように、作家さんはこつこつと必死に、それこそ大聖堂を作るかのように地道に一個一個石を積み上げてきているのです。サグラダファミリアですらできあがったならきっと漫画もできあがる!!!!最終結果のソードのキングもひっくり返っていることでしょう!!

     

    みなさんよいお年を!世界に愛と祝福を!!わたしに完成原稿を!!!

     

    スポンサーサイト

    • 2019.04.10 Wednesday
    • 00:01
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM