敬愛するあの人

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 00:00

 

こんにちは。古峰みさとです。
今回のテーマは、私の「雪の日の思い出」。

 

忘れもしない、2014年2月。
東京は、記録的な大雪に見舞われました。

 

その日私は、母とともに東京・中野で開かれたライブコンサートに足を運んでおりました。
公演は大きな拍手とともに幕を下ろし、感動の余韻に浸りながら帰路につこうとしたところ、電車のダイヤは大乱れ。1駅進んでは、止まる。徐行運転しては、止まる。の繰り返し。はてさて、あと3駅でやぁっと自宅最寄駅だわ〜と思っていた、その時。

 

「本路線は、運転見合わせとなりました。」

 

な、な、なんですってーーー???

 

しかたなくその駅で降りてみると、地上は同じように立ち往生している人でごったがえし。どことなくみんな、ハイになっていたり、いつもは整然としているその場所が、なんだか異様な雰囲気に。ひとまず落ち着こうと思ったところで、ファミレスも、居酒屋も、カラオケも、満席満室。タクシーは最後尾の見えない長ーーーーーー蛇の列。さて、どうしたもんか。

 

「「とりあえず、歩いてみよっか」」

 

てくてく。
ではなく。
ざっく、ざっく。

 

雪の道を歩くとなると、一歩進むのに必要なエネルギーが、段違い。
でも、雪が降り積もった場所への月明かりって、明るい。いや、暗くならない、というのか。
なんやかんやで、家についたのは、3時もまわっていたでしょうか。ほっと一息つきましたとさ。

 

めでたしめでたし。

 


・・・と、終わるとおもいきや、数日後。
ポストに一通のカードが届いていました。

 

それは、コンサートを開いていたミュージシャンたちから、感謝とお見舞いの便り。
そこには、悪天候で来れなかった方、来たものの途中退場を余儀なくされた方、帰路で大変な思いをした方・・・すべての人へ向けた、メッセージが綴られていたのでした。

 

なんて、細やかなお心遣い!

ほんとうに、音楽も、心根も、なんて素敵な方々なのだろう。

と、しみじみと感じ入ったものです。

 

 

雪といえば、楽しく、こころあたたまり、尊敬のきもちでいっぱいになる、この思い出が思い起こされるのでした。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM