その時どきの甘味

  • 2017.08.17 Thursday
  • 00:00


あなたと甘味

どんな時に甘味を求めるのだろう。
疲れた時、頭を使ったとき脳が求めるって言う人もいる。
確かに今私も、甘味を求めているのかもしれない。
季節によって左右される甘味。

今の季節は、ゼリーとか水まんじゅうがおいしい。
秋から冬になると、クリスマス商戦が始まり、様々なケーキを目にすることが増える。
ケーキを食べたい欲求マックスは11月から12月にかけて。
家族の誕生日は12月の終わりから3月にかけて続いているので、そのころにケーキを食すこと多し。

よく買うのはキルフェボンのタルト。
季節のフルーツが乗っていておいしいんだけど、冬に買うことが多いので
他の季節のフルーツのものをあまり食べたことはない。
フルーツの乗ってるものでなくても、カボチャのタルトとか地味だけれどおいしい。
地味なほうがおいしい。
ああ、メニュー見ていたら食べたくなってきた。笑。

寂しいときに甘味を求めることもある。
プリンアラモードが好きで、ケーキ屋さんで買って食べてた時があった。
学校帰りに、毎日のように通っていたら、そらもう。。


なんにせよ、甘味を食べてしあわせ。
私のもとに来てくれてありがとう。

安藤マグ

甘味と塩梅、それって親の愛?:いまとわこ 

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 00:00

 

 

乙女座水星逆行にやってきたテーマ「私と甘味」

 

振り返ればそれは母と食べたパフェの思い出

 
甘すぎて嫌いだった生クリーム

 
冷たいアイスとカリカリのコンフレーク

 
求める甘さと、与えられる甘味の不一致

 

与えられるのは、ストレートで刺激的な砂糖の甘さ
  

でも、求めるのは複雑で繊細・集中を要する甘さ

 

それさえも、時が過ぎればどうでもよくなる
 

不一致が生じていただけで、愛はあったのだと想い至る

  

 

 

 

 

 
甘味とは、常に在り続ける、偉大な味覚だと感じている

 

噛みしめる、野菜の中に、米の中に、魚の中に、肉の中に

 
それらを引き出し、感じるために、最小限の出汁と塩を!!

 

 

解りやすい甘味は人を惑わすけれど、

 
やはりそれぞれがチャートに持つ、

 

月と金星がもたらす甘味に

 

人は忠実に反応するのではないでしょうか

  

  

 

なんで月と金星かって?

  

月はその人の基本欲求・好きであり、

  

金星は喜びそして愛情だから

 

 

甘味は初めて口にする味

  
母乳やミルクはその90%近くが水分

 

7%は乳糖
 

この乳糖を甘味と感じる

 

味覚の中で、出生時からそなわっているのが甘味

 
甘いから好んで飲む

 

「甘味」は生命を維持していくために備わった

 

大切な感覚器のひとつ

  

月と金星で求める甘味

  

  

 

子を産み、甘味を与える立場と受け取る立場を経験した

 

愛情はありがたいが、それは干渉なのか過保護なのか

 

依存だったのかと振り返ったりもしたけれど、どーでも良くなる

 
大人になるということは、受容や寛容が身についていくのだな

 

他者の供する塩加減にも「いい塩梅」を見つけ出せるようになる

 
四十を越えても、子はいつまでも子で、親はいつまでも親だった

 
そんな事を実感する日々
 

いつまでも親であり続けるのは、スゴい事だ

 

  
母との思い出が集約されている「チョコレートパフェ」

 

今、好みとして食べたくはないけれど、

 

子が食べるのを愛でるのはいいかもしれない

   

親の愛は偉大であった。そして現在も続いている

  

 

はて、私の親としての愛はどうなのだろう?

 

「いい塩梅」になれる日は来るのだろうか

 

そして、水星逆行の流れを使って母娘の再構築

  

 

 

 

 

一度、既存の母娘の概念を手放し

 

自分だけの母娘のあり方・イメージを、

 

愉快なセカンドシーズンに向けて作り上げよう

 

 

 

そんな事を考える日々

  
考えすぎると甘いモノが食べたくなる。時屋の白玉あんみつが食べたい

   

 

 

 


いまとわこ

 

 

追記:

時屋(新宿西口小田急ハルク裏です)は、ドラえもんのどら焼きのモデルになったお店です
今も特大どら焼きがメニューにあります。

 

 

 

 

 

甘味があれば宿題もすすむ♪  (里松栞帆)

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 00:00

ご先祖様も帰り支度を始める日となりましたが、皆様お盆はいかが過ごされましたか。

今年の帰りの牛車は背もたれ付きにしてみた。

 

私は世の中がお休みのときは家でひっそり過ごす派です。

このお盆休みも、お墓参りと近所のスーパーに出向いた以外は引きこもり生活。

いえ、子供たちの部活もお休みになるお盆に家に引きこもるのには、重要な意味がありましてね。

 

それは・・・宿題の昇華!あいえ、消化!

これにつきやす。

 

今日も朝から怒号が飛びます。

私 「英語の本10冊読んで感想書く宿題、どうなってるの??!」

長男「今2冊目読み始めた〜〜(のんびり)」

私 「あと2週間で学校始まるよね?間に合うの?!!」

長男「間に合いたいものだ〜〜」

 

私「20日提出の宿題、進んでるの??!」

次男「あと自由研究と、税についての作文と、数学と英語のワークとそれから」

私「・・・・。」

 

これ14日午前中に起きた本当にあった怖い話です。

 

そういう私もすいとな課題が・・ほほ・・かれらのあの様子は血ですね・・・。

 

集中すると糖分が欲しくなりますね。ギブミー甘味。

 

てなわけで、甘味を褒美に宿題をやらせます。

あれが焼きあがるまで、とにかく集中して進めよう!

ぐだぐたな子供たちに一瞬でやる気を出させる、魅惑の存在、それが甘味。

 

今日の甘味は生クリーム付きホットケーキと、白玉団子。

焼きあがったホットケーキを3人で食べやすいように切ってね、と次男にお願いしたら、ざっくり3等分。

なんかもっとこう、食べやすい大きさにしt・・・

彩りよいフルーツとお洒落な見た目など我が家に存在しません。

インスタ映えとオポジション。

 

ともあれ甘味を食べて、宿題と課題がちっとは進みましたとさ。

 

ところで甘味といえば少々カロリーが気になるもの。

1室に木星が入ると太るなんて話がありますが今絶賛体感中です、この1年で4kgくらい太ったアルヨ。

背油が乗りに乗っている里松栞帆を見てみたい方はよろしければ9月末のすいとなお茶会にお越しください、いかに太っていったかをお話できます。